サエルの成分,効果,口コミ,美白クリーム等解説

サエル

敏感肌で美白の効果があまり出ない、しみやくすみが目立ちやすい、肌に合う化粧品がなかなか見つからない敏感肌の方に、美容雑誌に取り上げられる事も多く、数々のベストコスメ賞を受賞している敏感肌の方のための美白化粧品サエルをご紹介します。

 

サエルで敏感肌の美白ケア

サエルはポーラ・オルビスグループの敏感肌用化粧品の専門のブランド、ディセンシアから販売されている美白ケア化粧品です。敏感肌の方から圧倒的に支持されていて、リピーターも多く、そのリピート率は94%にもなります。

 

化粧品からの刺激を受けやすい敏感肌の方でも安心して使えるようにと、アルコール不使用、香料不使用、紫外線吸収剤不使用で、さらには皮膚科医の立ち会いの元でモニターテストを行っていて、徹底的に品質と安全にこだわって作られています。

 

ディセンシアが特許を持つヴァイタサイクルヴェールが、乾燥や外部刺激によって乱れた角質の代わり働いて肌の潤いを保ち、皮膚の炎症や酸化を抑える働きのある天然成分が美白成分の入り込みやすい肌に整えてくれます。

 

しみやくすみの原因となる黒色メラニンはチロシンとチロシナーゼという物質が合体して作られますが、ポーラ研究所のオリジナル成分のエスクレシドが、チロシナーゼと合体することによりメラニンの生成を抑えます。

 

黒色メラニンが肌の表面に届くのを抑えるセイヨウノコギリソウエキスや、メラニンが黒色化するのを抑えるデイリリー花発酵液も配合されているので、効果的に美白ができます。

 

サエルシリーズの基礎化粧品には、肌なじみが良く透明感のある肌に整えてくれる化粧水のホワイトニング ローション クリアリスト、敏感肌特有のシミとくすみに着目した薬用美白エッセンスのホワイトニング エッセンス クリアリスト、夜のお手入れに使うだけで肌の内部に浸透して透明感を出してくれる薬用美白クリームのホワイトニング クリーム クリアリストがあります。

 

1本で7通りもの働きをして、透明感のある肌に見せてくれるCCクリームのサエル ホワイト CCクリーム クリアリスト、紫外線吸収剤フリーのデイミルク クリアリストとボディUV クリアリストもあります。

 

>>サエルの公式サイトはこちら

 

成分

サエルの美白化粧品に配合されている主要な成分をみてみましょう。

 

・コウキエキス

コウキの葉から抽出されたエキスで、肌のゆらぎや肌内部の炎症を抑える作用があります。

 

・ムラサキシキブ果実エキス(美白クリームに配合)

抗酸化作用、フリーラジカルの消去、活性酸素の働きを抑制する効果があって、高い抗炎症作用や、抗アレルギー作用を持っています。

 

・アルニカエキス(ローション、UVミルク、ボディUVに配合)

アルニカの頭花から抽出された植物由来の成分で、抗炎症作用や血行促進の効果があります。

 

サエルの化粧品はディセンシア独自のビタミンC誘導体と、抗酸化に優れたコウキエキス、アルニカエキス、ムラサキシキブ果実エキスを組み合わせた、ハイスピード・メラノリターン処方により、素早く透き通った肌に導いてくれます。

 

・セイヨウノコギリソウエキス

高い消炎作用があり、肌の抵抗力を維持してくれる働きがあります。メラニン細胞の手によってメラニンが肌の表面に渡されると、しみやしわになりますが、その手を縮める効果がセイヨウノコギリソウエキスにあることがポーラ研究所で発見されました。

 

・デイリリー花発酵液

ユリ科のデイリリーから抽出された天然成分で、メラニン色素の生成を抑える効果があります。

 

・白様雪

セラミドを作り出す酵素を活性化して、セラミドの配列を整えることで強化してくれます。

 

・グリチルリチン酸2K

サエルの全ての化粧品に配合さていて、高い抗炎症作用、抗アレルギー作用を持っています。

 

>>サエルの公式サイトはこちら

 

口コミと評判

サエルを使用されている方の口コミの一部をご紹介します。

 

・口コミ1

トライアルセットを試してからシリーズを購入しました。ホワイトニングローションは、つけた瞬間からすっと肌に入っていく感じがします。ひどい乾燥肌で特に荒れている部分は、どんな薬を塗っても、ケアをしても、皮がむけてしまい治りませんでしたが、サエルを1回使っただけで治ってしまいました。肌がワントーン明るくなり、きめも細かくなって、化粧のりも良くなりました。

 

・口コミ2

ホワイトニング ローションを使用しています。さらっとした化粧水で、べたつかず浸透が良くてすぐに潤います。乾燥肌なのに朝つけた化粧水が夜まで潤ってくれるなんて感激です。くすみが気にならなくなり、肌色も明るくなったので美白効果でも満足です。

 

・口コミ3

敏感肌で、紫外線アレルギーもあり、これまで肌の調子の悪い時期には、ピリピリした痛みがありましたが、サエルを使いはじめてからなくなりました。特に美白クリームが気に入りました。もっちりと弾力があるテクスチャーなのに、肌に伸ばすとさらっとして浸透してくれます。肌はもっちり水分を含んだ感じになりました。使い続けるとくすみが取れてきた気がします。

 

・口コミ4

化粧品でも炎症を起こすほどの敏感肌なので、トライアルセットを試してから美白クリームを使いはじめました。保湿しながらすべての成分を肌に浸透させてくれるので、夜のケアに使うだけで、寝ている間に肌の奥から潤って1日中潤いが続きます。肌のくすみがなくなって、しみが薄くなりました。

 

>>サエルの公式サイトはこちら

 

効果

サエルの化粧品には、どのような効果があるのか見てみましょう。

 

サエルを使用された82%の方が、透明感を実感しています。またリピート率94%にもなります。乾燥肌や敏感肌のお悩みのあった方がサエルを使いはじめたことで、「肌のくすみが消えて、トーンが明るくなった」、「肌に透明感が出て、しみも薄くなった」、「乾燥肌が改善されて、きめが整ってきた」という効果を感じています。

 

一般的に敏感肌の方は、美白の効果が出にくいと言われています。敏感肌はバリア機能が低いため外部刺激を受けやすく、肌の内側の水分が蒸発して乾燥が進みます。外部刺激にさらされることで肌は微弱炎症をくり返します。

 

微弱炎症が、しみやくすみの原因となるメラニン細胞を刺激してしまいます。刺激によって過剰にメラニンが作られることで、敏感肌はしみやくすみができやすい肌になってしまいます。

 

サエルの美白ケアは、肌に潤いを与えながら、メラニンのできにくい肌にしてくれるので、美白の効果を高めてくれます。そのメカニズムを見てみましょう。

 

ディセンシアが特許を持つヴァイタサイクルヴェールが肌の表面を覆って角質の代わりになることで、外部刺激から肌を守り、肌の水分の蒸発も防いでくれます。一般的なセラミドの4倍もの浸透力をもつセラミドナノスフィアが配合されているので、しっかり保湿してターンオーバーのサイクルを整え、乱れたセラミドを整える働きをする白様雪が透き通った肌に導いてくれます。

 

外部刺激を受けたメラニン細胞の中ではチロシンという物質がチロシナーゼと合体して、しみやくすみの原因となる黒色メラニンができます。ポーラ研究所のオリジナル成分のエスクレシドがチロシナーゼと合体してしまうことで、チロシナーゼと合体できなくして黒色メラニンを作らせません。

 

メラニン細胞で作られた黒色メラニンが肌の表面に届くことで、しみやくすみとして定着しますが、肌に届くのを防ぐ働きのあるセイヨウノコギリソウエキスが、しみやくすみを肌に伝わるのを妨げます。

 

メラニン細胞にはしみやくすみの原因となる黒色メラニンと、白い肌を作る肌色メラニンとがあり、メラニンが黒色化するのを抑える働きのあるデイリリー花発酵液が肌色化を促進してくれます。

 

>>サエルの公式サイトはこちら

 

サエルの美白クリーム

サエル ホワイトニング クリーム クリアリストは、最新の肌研究で世界的に有名なポーラ研究所が、最先端の技術を投入して作った敏感肌の方のための薬用美白クリームです。

 

独自のウォータリーキャッチ処方により、クリームに含まれる水分量が大幅に増えたので、さらっとしたクリームを肌に伸ばすと水があふれるように広がって肌の内側まで浸透して、寝ている間にしっかり保湿と美白をしてくれるクリームです。

 

ヴァイタサイクルヴェールが肌のバリア機能を強化して、白様雪がセラミドの配列を整えることで肌の透明感を引き出して、高い抗炎症作用や抗酸化作用を持つ天然成分が美白成分の入り込みやすい肌に整えてくれます。

 

サエルの美白クリームに配合されているムラサキシキブエキスには高い抗酸化作用があり、寝ている間に黒色メラニンの酸化を抑えて、できてしまった黒色メラニンにはビタミンC誘導体が元のチロシンとチロシナーゼに還元することでしみやくすみを薄くしてくれます。

 

ディセンシアオリジナルの技術のハイスピードメラノリターン処方により、美白有効成分のビタミンC誘導体や、敏感肌特有のゆらぎを抑えるコウキエキス、酸化作用の強いムラサキシキブエキスを一緒に配合することにより、透明感のある肌に素早く導いてくれます。

 

サエルの購入者を対象に行ったアンケートでは、クリームの使用から10日目で87%の方が透明感を感じていて、93%の方が保湿力を感じているという高い評価を受けています。またリピート率は94%にもなります。

 

>>サエルの公式サイトはこちら

 

Pocket
LINEで送る

このページの先頭へ