フレッシュライフスムージーの効果,口コミ,成分,スムージーダイエット等解説

フレッシュライフスムージー

モデルやカリスマブロガーの間で、食事制限やハードな運動をしなくてもセクシーな体形に痩せられる、しかもお店のフレッシュなスムージーみたいにおいしくて、美肌や美脚にも効果があると評判のフレッシュライフスムージーをご紹介します。

 

フレッシュライフスムージーで本気のダイエット

フレッシュライフスムージーは人気モデルの山本優希ちゃんと宮城舞ちゃんが、本気でダイエットしたい女の子のためにおいしさや、満足感、腹持ちの良さに最もこだわってプロデュースしたスムージーです。美容効果や味、成分、パッケージなどにもこだわり、試飲を重ねたり、食品の専門家や栄養士の意見も取り入れたりして、目標に合わせて選べる2つの味が完成しました。

 

美肌・全身美を叶えたい方には、宮城舞ちゃんプロデュースのマキベリープラセンタがおすすめです。アサイーをはるかに超える美容成分をもつマキベリーという果物が配合されていて、美肌やアンチエイジングに効果があります。

 

マキベリープラセンタはベリーバナナの味で、水で溶くと粉末とは思えないほどフレッシュなスムージーになり、牛乳や豆乳で溶くとミルクシェイクのようになるので、朝食代わりや、おやつ代わりに手軽に取り入れていることができます。

 

くびれや美脚を手に入れたい方には山本優希ちゃんプロデュースのグリーンファイバーがおすすめです。150種類もの野菜の酵素と生姜が入っているので、食物繊維が内臓からきれいにしてくれて、生姜が体を温めて代謝を高めることで、体内からすっきりと整えて、メリハリのある体にしてくれます。野菜の嫌な雑味のないすっきりとした飲みやすい味のスムージーです。

 

フレッシュライフスムージーは一袋200g入りで、一袋で10~14回分のスムージーが作れます。粉末タイプのスムージーは少し溶けにくいので、最初に水や牛乳などの水分を半量入れてから、付属のスプーン一杯分のフレッシュライフスムージーを入れて少し混ぜてから、残りの水分を入れて混ぜるとダマになりにくいです。シェイカーを使うとさらになめらかに混ざります。

 

効果

フレッシュライフスムージーを飲むことで、どんな効果があるのか詳しくみていきましょう。

 

グリーンファイバーはわずか58.3kcalと低カロリーながら、良質な野菜をたっぷりとることができるので、体に必要なビタミン群や、アミノ酸、食物繊維を補えます。食物繊維の整腸作用で体内をすっきりさせて、生姜が内蔵を温めて代謝をアップさせることでむくみが取れてメリハリのある体形にしてくれる効果があります。

 

マキベリープラセンタにはアサイーの7倍の抗酸化作用を持つマキベリーや、カルシウムや鉄分、植物繊維を豊富に含むアサイーを配合しているので、美肌に絶大な効果を発揮します。

 

2つの味に共通で、プラセンタ、食物繊維、5種類の乳酸菌、10種類のビタミン、リコピン、鉄分、亜鉛、大豆たんぱくが入っているので、美容やアンチエイジングに効果があり、便秘を改善して腸内環境を整え、免疫力を高めて、エネルギーの燃焼しやすい体にしてくれる働きがあります。

 

日頃のカロリーオーバーが気になる方は、1日の食事のどれかをフレッシュライフスムージーに置き換えることで、ダイエット効果が高くなります。特にグリーンファイバーのくびれや美脚の効果は、食事に置きかえて飲むことでよりいっそう発揮されます。

 

間食が習慣になっている方はおやつの代わりにフレッシュライフスムージーを飲んでみてください。おいしくて、低カロリーで、満腹感がある上に栄養価も高いので、おやつにぴったりです。

 

一日の生活に無理のない形でフレッシュライフスムージーを取り入れて継続することで、太りにくく痩せやすいモデル体質になり、美容にも体もメンテナンスにも効果があります。

 

利用者の口コミや評判

フレッシュライフスムージーをご愛飲されている方の、口コミの一部をみていきましょう。

 

・口コミ1

ダイエット目的ではありませんがメンテナンス効果を期待して、グリーンファイバーを飲んでいます。冷えるのが嫌なのでお湯で溶かして飲んでいますが、おいしくて飲みやすいです。ミキサーでりんごと混ぜて飲むと、ジュースみたいでさらにおいしくなります。

 

・口コミ2

グリーンファイバーを飲んでいます。トマトがダメなので、どきどきしながらグリーントマトフレーバー味にトライしてみましたが、水でシェイクして飲んでもトマトの味はしなくて、飲みやすかったです。牛乳と豆乳でも試してみたところ、一番腹持ちがいいのは牛乳でした。味では豆乳が一番好みです。

 

朝をフレッシュライフスムージーに置き換えて一週間続けたところ、一キロ体重が落ちました。ひどい便秘にも効果があってうれしいです。マキベリーにも興味があるので、しばらく続けてみようと思います。

 

・口コミ3

フレッシュライフスムージーのマキベリーを飲んでいます。おしゃれでナチュラルなパッケージも気に入っています。スプーンが中に入っている気遣いもいいですね。いつも牛乳で溶かして飲んでいます。ベリーの甘みと牛乳がぴったりで、おいしく飲めて体にいいので満足です。

 

・口コミ4

お気に入りのブログでフレッシュライフスムージーが紹介されていたのをきっかけに、マキベリーを飲みはじめました。ブルーベリーに似た味がするので、朝食やおやつ代わりに飲みやすいです。満腹感もあります。グリーンファイバーの方も飲んでいて、こちらもおいしいですが、ごはんの代わりって感じです。味が違うので飽きずに続けられます。

 

成分

フレッシュライフスムージーにはどんな成分が入っているのでしょうか。詳しくみていきましょう。

 

フレッシュライフスムージーのマキベリープラセンタには、マキベリーというチリ南部原産の果物が配合されています。マキベリーにはアサイーの7倍という圧倒的な抗酸化力があります。(ORAC値:活性酸素吸収能力での比較)美肌、ダイエット、アンチエイジングなどに効果があります。

 

フレッシュライフスムージーのグリーンファイバーには、150種類もの野菜の良質な酵素と、ジンジャーが配合されています。ビタミン、ミネラル、アミノ酸がしっかりとれるので免疫力を高めてくれます。野菜に含まれる食物繊維が腸内環境を整えて、生姜が内臓から温めることで血流を良くして代謝がアップして、体内環境を整えることで、むくみが取れてメリハリのある体を作ってくれます。

 

2つの味に共通で入っている成分は、プラセンタ、食物繊維、5種類の乳酸菌、10種類のビタミン、リコピン、鉄分、亜鉛、大豆たんぱくなどです。それぞれの成分にどんな効果があるのか、みていきましょう。

 

・プラセンタ

フレッシュライフスムージー一袋に15,000mgのプラセンタが入っています。細胞の再生を促してくれるので、美容効果や、アンチエイジング効果があります。

 

・食物繊維

フレッシュライフスムージー一袋に10,000mgの食物繊維が入っています。整腸作用や血液中のコレステロール値や血糖値を調整する働きがあり、体内からきれいにしてくれます。

 

・5種類の乳酸菌

継続して乳酸菌をとることで、整腸作用はもちろんのこと、免疫力が高まり、美肌効果も期待できます。

 

・ビタミン10種

ビタミンB群には体内に入った糖質、脂質、たんぱく質がエネルギーに変わるのを助ける働きがあり、ダイエットに効果があります。ビタミンB群を中心とした10種類のビタミンが配合されています。

 

・リコピン・鉄分・亜鉛

抗酸化作用の高いリコピン、免疫力を高めてくれる鉄分、たんぱく質の材料になり、骨を丈夫にする働きもある亜鉛も配合されています。

 

・大豆たんぱく

大豆イソフラボンには女性ホルモンに似た働きがあり、美肌や、保湿、疲労回復や、ダイエット、便秘にも効果があります。

 

スムージーダイエットとは

スムージーダイエットは、海外のセレブや芸能人にも成功者が多く、美しく健康的に痩せられるダイエットとして注目されています。スムージーダイエットの方法や効果をみてみましょう。

 

スムージーダイエットとは、緑色の葉物野菜と、果物と、水を、ミキサーにかけて作った、グリーンスムージーを食事代わりに飲むダイエット方法です。

 

ミキサーにかけることで、野菜や果物の細胞膜が粉砕されて吸収率が高くなります。現代人に不足しがちな緑色の葉物野菜や果物に含まれているビタミン群や、食物繊維、タンパク質の構成に必要なアミノ酸を効率的にとることができます。

 

グリーンスムージーなら一日に必要な量の葉物野菜を手軽にとることができて、緑色の葉物野菜に豊富に含まれる食物繊維のおかげで、便秘の改善や、腸の働きを正常にしてくれる効果もあります。食物繊維が豊富なので腹持ちがよいのも特徴です。

 

また小腹が空いたときにおやつの代わりにスムージーを飲むことで、食生活の乱れが改善されて、継続することで塩分や油分、糖分の摂取量が減って健康的な食生活につながります。

 

ダイエット効果の高いグリーンスムージーを作るには、いくつかの注意点があります。にんじんやかぼちゃなどのでんぷん質の野菜は、果物と合わせると消化不良を起こしやすいのでスムージーには向いていません。牛乳や豆乳などのたんぱく質と組み合わせるとビタミンの吸収率を下げるのでNG、野菜は皮ごと使う、毎回同じ野菜ばかり使わないなどです。

 

毎日自分でフレッシュなスムージーを作る大変ですが、粉末タイプのスムージーなら、水や牛乳や豆乳などの水分で溶くだけで作れるので簡単に作れて、ごはん代わりにも、おやつ代わりにも、いつでも手軽に飲み続けることができます。

Pocket
LINEで送る

このページの先頭へ