ベルタ妊娠線クリームの使い方,口コミ,成分等解説

ベルタ妊娠線クリーム

妊娠して元気な赤ちゃんが生まれることは何より嬉しいことです。その反面、妊娠すると母体には様々な変化が起こりますが、中でも悩ましいのが妊娠線ではないかと思います。今回は妊娠線の予防に効果があるとされている妊娠線クリームの中でも人気の高いベルタ妊娠線クリームをチェックしていきたいと思います。

 

ベルタ妊娠線クリームとは

妊娠して赤ちゃんが大きくなるに従いお母さんのお腹も大きくなっていきます。この時にお腹の皮膚は急に引き伸ばされることになります。この伸びに皮下組織がついて行けなくなると組織が分断して亀裂が生じます。これが妊娠線です。

 

妊娠線は妊婦さんの約70%にできるとされています。妊娠線ができなかった人の特徴として、

・妊娠線ができにくい皮膚、体質

・妊娠線ができないように入念にスキンケアを行っていた

の2つが挙げられます。

※どのような人が妊娠線ができやすいかなど、妊娠線について詳しくは以下のページを参照ください。
知らないと損をする!?妊娠線を防ぐ簡単な方法!

 

上記の通り、妊娠線を予防するには正しいスキンケアを実施するのが重要となってきます。基本的には皮膚が乾燥していると妊娠線ができやすくなりますので、保湿・保水成分や皮膚の栄養・美容成分が配合されたスキンケアアイテムで潤いが不足しないようにケアすることが第一です。

 

ベルタ妊娠線クリームは、肌に潤いを届け、肌の調子を整える高品質の厳選成分を配合した妊娠線クリームです。出産経験のある女性社員でチームを組んで商品を開発しました。問い合わせ等の電話対応も出産経験のある社員がサポートしています。

 

ベルタ妊娠線クリームの詳しい成分については後述しますが、高濃度の保湿成分「シラノール誘導体」、肌を引き締める「葉酸」、ハリのある肌に整える「コエンザイムQ10」などを代表に豊富な保湿・美容成分が配合されています。

 

通販などの売上ランキングでは1位実績多数、マタニティ雑誌などでは注目のスキンケアアイテムとして良く取り上げられており人気の高い商品です。

 

ベルタ妊娠線クリームの詳細を公式サイトで確認する

 

なぜクリームなのか?

ベルタ妊娠線クリームは、その名の通りクリーム状ですが、このクリーム状であることが妊娠線の予防にはベストという考えのもと、あえてクリーム状にすることを目指して開発されました。

 

そもそも妊娠線のスキンケア商品は、オイル、ローション、クリームの3種類に分けられます。

・オイルはそのままですが油分です。

・ローションは水分です。

・クリームは水分と油分がミックスされたものです。

 

妊娠線の予防に効果を発揮するためには、肌に多くの水分を届けて維持することが重要となります。

 

ローションは成分のほとんどが水のため蒸発して、蒸発の際に肌の水分も一緒に持って行くため逆に肌が乾燥してしまいます。水分維持にはオイルが必要ですが、オイルは酸化して気分を害する臭いになる、べとついて衣類に付くなどのデメリットがあります。

 

このような事情から、「たっぷりの水分+水分を維持するための油分」という組み合わせのクリーム状にすることで、肌に多くの水分を届けて維持することが可能となりました。

 

また、クリーム状であれば何でもいいわけではなく、水と油をどのような割合にするかという配合バランスが重要になってきます。試作、研究を何度も重ねた結果、水と油の最適な配合バランスを導くことに成功しました。ベルタ妊娠線クリームはその配合バランスを踏まえた妊娠線クリームとなっています。

 

ベルタ妊娠線クリームの詳細を公式サイトで確認する

 

使い方

ベルタ妊娠線クリームの使い方は簡単です。基本は、チューブから500円玉位の大きさを手に取り、優しくなでる感じで塗るだけです。

 

優しくマッサージすることでクリームの浸透率が良くなるため効果アップが期待できます。マッサージのやり方ですが、まずおへそを中心に時計回りになじませるように塗ります。次に下から上に優しくなでます。最後におへそから外側に向かってなでます。なお、お腹に張りを感じたらマッサージはストップして様子を見ましょう。

 

このように使い方も簡単で時間をかけずに妊娠線予防ができます。

 

ベルタ妊娠線クリームを1日のいつ使うのが良いかですが、皮膚が柔らかくなっている時が浸透しやすいため入浴後がベストです。また、かさつきのある時にも塗って保湿しましょう。

 

ベルタ妊娠線クリームを使い始める時期ですが、できるだけ早めに保湿を始めた方が効果が出やすく後悔も少ないというデータが出ています。お腹が出始めてからではなく、妊娠初期から使用するのが重要となっています。妊娠計画中(妊娠前)から使い始める方もいるいようです。

 

ベルタ妊娠線クリームの詳細を公式サイトで確認する

 

利用者の口コミや評判

ベルタ妊娠線クリームを実際に使用した方の口コミをチェックしてみましょう。

 

・30代女性の口コミ

妊娠線のある母を見て私は大きくなりました。そんな自分が妊娠してお腹が大きくなってきたことにベルタ妊娠線クリームに出合いました。超敏感肌ですが特にかゆみや荒れなどもなく使い続けることができました。出産後の私のお腹を見て母がビックリしたほど妊娠線のトラブルがありませんでした。ほのかな香りなのもグッドです♪

 

・20代女性の口コミ

ジェル状だとひんやり感がありますが、クリーム状のためひんやりがないのが良いです。保湿効果が結構あるのが気にいりました。産後も使えるとのことですので産後も継続して使用してみようと思います。

 

・30代女性の口コミ

まずはベルタ妊娠線クリームを購入して良かったと言うのが第一の感想です。妊娠で急に体重が増加したため、線らしきものが元々ありました。これ以上は・・・ということで、毎日使い続けました。香りも柑橘系の良い匂いで塗っている時が癒やされる時間でした。ベルタ妊娠線クリームのおかげで妊娠線ができずにすみました。

 

・30代女性の口コミ

他のベルタ商品を使っていたこともあり、毎日使用するものなのでベルタ妊娠線クリームにしました。匂いに敏感になっていたこともあり、匂いがきつくないのが良かったです。届いたときは量が少ないのではと思いましたが、結構伸びるので入っている成分を考えるとコスパは悪くはないと思います。電話対応が出産経験スタッフで、いろいろ話を聞いてもらえて気持ちが安らぎました。

 

ベルタ妊娠線クリームの詳細を公式サイトで確認する

 

成分

ベルタ妊娠線クリームはユーザーの生の声を反映させ常にバージョンアップを図っています。成分に関して言えば、「オーガニック成分だと安心!」というユーザーの声を反映して従来のものからバージョンアップさせています。

 

ベルタ妊娠線クリームの成分は、

・潤いを届けて維持する成分

・肌の調子を整える成分

の2つに大きく分けられます。

 

潤いを届けて維持する成分

①シラノール誘導体:海外の妊娠線予防では有名な成分。ご存じの通り、肌のハリ・ツヤはコラーゲンというタンパク質で成り立っていますが、このコラーゲンを修復させる成分。

 

②コエンザイムQ10:肌のエイジングケアに必須の成分。肌に直接塗ることでハリのある肌になるとされています。

 

③ヘスペリジン:別名ビタミンP、みかんの皮の主成分。肌本来のコンディションを調整し、肌のトラブルを低減させる効果があります。

 

④5種類のオーガニック成分:セイヨウノコギリソウエキス(肌を引き締める成分)、セイヨウサンザシ果実エキス(肌にハリを与える成分)、カニナバラ果実エキス(肌に潤いを与える成分)、ローズマリー葉エキス(透明感のある肌に導く成分)、タチジャコウソウ花/葉エキス(保湿、キメを整える成分)

 

肌の調子を整える成分

①葉酸:肌を引き締めハリのある肌にする効果があります。

 

②3種類の美容成分:スーパーヒアルロン酸(通常のヒアルロン酸の2倍の保湿力、肌との親和性が高く保水性に優れている成分)、プラセンタ(肌に優しい最高級の馬プラセンタを使用)、コラーゲン(アレルギー反応が少ない魚由来のマリンコラーゲンを使用)

 

③3種類のアミノ酸(グリシン、アスパラギン酸、アルギニン):潤い、保湿、浸透率をアップさせる効果があります。

 

④2種類のビタミン(トコフェノール、アスコルビルグルコシド):肌荒れを防ぎ、透明感のある肌に導きます。

 

また、妊娠により肌が非常にデリケートになる傾向がありますので、ベルタ妊娠線クリームは低刺激で安心の無添加となっています。赤ちゃんの保湿クリームとしても使えるようになっているほどです。

 

ベルタ妊娠線クリームの詳細を公式サイトで確認する

 

Pocket
LINEで送る

このページの先頭へ