散歩にはたくさんの学びのチャンスがある!

Pocket
LINEで送る

散歩する親子

親になったばかりなら、子供とどうやって遊んでよいかわからない、どんな遊びが子供に良いのかわからないと感じる方も多いでしょう。そんな方には、子供との散歩をおすすめします。散歩には学びのチャンスがたくさん隠されているのです。散歩がどんなに素晴らしいものなのか見ていきましょう。

 

散歩で感性や知識が身に付く

子供も1歳を過ぎるころになると、歩けるようになってきます。そうなったら、たくさん散歩をさせてあげてください。よい運動にもなりますが、散歩の良さはそれだけではありません。

 

散歩をすることで、子供の感性が磨かれていきます。例えば、冬の空気と春の空気とでは、温度だけではない違いがありますね。それを身をもって感じることができます。雨上がりの道なら、ぴちゃぴちゃといういつもと違う音を感じることができるでしょう。そんな風に、散歩をしながらいろいろな感性が身に付いていくのです。

 

幼稚園や保育園に入ってしまえば、親子で散歩する機会は減ってしまいます。小学校にあがればなおさらのこと。ですから、幼稚園や保育園などに入る前に、たくさん一緒に散歩してほしいのです。子供はきっと、大人のようには歩きません。興味をもったものがあれば立ち止まり、ゆっくりゆっくり進むでしょう。それに合わせて歩いてあげてください。

 

そんな時、子供はいろいろな質問を大人に投げかけます。「これは何?」というものから「どうしてこうなの?」と理由を聞くものまで様々です。

 

大人が知らないことを尋ねてくることもあるでしょう。そんな時でも、説明できるところまでで構いませんし、自分の考えでいいですから、誠実に答えてあげてください。そうすることで、知識を得るだけでなく、お母さんやお父さんの考え方を知り、親子の関係がより深いものとなっていくのです。

 

また、子供の質問に答えるだけでなく、大人が散歩をしながら感じたことを自由に話してみてください。「朝の空気って、澄んでいてとても気持ちいいね。朝は大好き」とか「わあ、今日の空は雲一つない!秋晴れね。空の色が夏とは違ってきたわ」など、親が感じたままに話すのです。こうすれば、散歩をすることで、親の感じ方を知ることができます。

 

幼稚園や保育園に入る前の時期、子供の脳の発達には、親子一緒にいる時間がとても大切な意味を持ってきます。ぜひ、子供と一緒の時間を大切に、親子でいろんな感性を養っていってほしいものです。

 

この時期のお散歩が与えてくれるものは、感性だけではありません。知識も身に付けることができます。今は幼稚園前からできるドリル類がたくさんありますが、そういったものがなくても、散歩をしていろいろなものを見ることで、たくさんの知識を得ることができます。

 

この頃の子供は好奇心のかたまりですから、見るもの聞くものすべてに興味が向くはずです。好奇心によって知ったことはすぐに頭に入りますし、ずっと記憶に残るのです。

 

子供との散歩、気をつけたいことは

子供の脳の発達のためには、親子の散歩は非常におすすめなのですが、外を歩くわけですから、交通事故の危険はつきものです。しかし、危ないからと言って散歩を控えるのではなく、交通事故に遭わないようにするためにはどうすればよいかを教える絶好のチャンスと考えてください。

 

子供が危険な歩き方をしている時には、「危ないよ」と言うだけでなく、どう歩くのが正しいのかを教えてあげてください。例えば、「右側を歩こうね」とか、「走らず歩いていこうね」などというように。

 

また、散歩ついでに買い物をすることもよくありますね。そんな時、子供に「これ買って~」とねだられることもしばしばあるでしょう。中には、それが嫌だから子供を連れての買い物は避けているという人もいるかもしれません。

 

しかし、お店での買い物も子供の脳に良い刺激を与えてくれます。様々な色合いの、たくさんの商品がきれいに並んでいるところを見るのは、子供の感性を育ててくれるでしょう。子供を買い物から遠ざけてしまうのはもったいないことです。

 

そこで、買い物をする予定の時は、始めのうちに、何を買いに行くのかをはっきりと子供に言っておくことをおすすめします。「今日は夕ご飯の材料を買いに行くんだよ」「今日はあなたの靴を買いに行くんだよ」というふうに。これは、裏を返せば「他のものは買いませんよ」と言っていることになります。最初から、子供のおねだりを抑制しておくというわけです。

 

子供と一緒に散歩したり買い物をしたりするというのは、いろいろと準備が必要だったり、気を遣うことばかりだったりして、ついおでかけを避けてしまいがちです。それでもやっぱり、子供との散歩や買い物は是非していただきたいのです。それは、散歩や買い物に連れ出すことは、子供に感性や知識を身に付けさせるために、最も身近で、しかも最適な方法だからです。

Pocket
LINEで送る

このページの先頭へ