facebook Twitter Google+ はてなブログ feedly

楽しく、しかもきちんとお片付けさせる方法

Pocket
LINEで送る

片付けの必要なおもちゃ

子育てをしていると、ため息をつきたくなる瞬間がたくさんあります。その1つとして、「子供が片付けをしない」ということがあるのではないでしょうか。片付けを巡って子供も大人もイライラするのは嫌なものですね。楽しく、でも基本は押さえてきちんと片付けができるようにするには、どうしたらよいのでしょうか。

 

ゲーム感覚で楽しくお片付け!

子供部屋は散らかりがちです。きちんと片付けたと思ったら、次の瞬間にはもう違うおもちゃが床に転がっている、なんていうことはよくあることです。このことについて悩んだことのない親御さんは、おそらくいないことでしょう。

 

どうして親は、片付かない子供部屋にイライラするのだと思いますか?それは「きちんと片付けができる子にしなければ」という思いがあるからではないでしょうか。「しなければ」と思うと、誰でも嫌な気持ちになってしまうものです。

 

少し発想を変えましょう。自分から片付けられる子供になるように、片付けをしなければならない理由をきちんと説明してあげることが先決です。

 

その上で、楽しく片付けができるような工夫をするとよいでしょう。よくあるのが、せっかく子供が片付けをしているのに、横で「本を横に積み重ねてしまったら、取り出しにくいでしょ!」などと叱ってしまうことです。これではお片付けが嫌いになっても仕方ないことです。

 

では、どうしたら楽しく片付けに取り組むことができるのでしょうか。おすすめの方法は、子供と一緒に片付け競争をすることです。スタートの合図で親子同時に片付け始め、どちらが早く片付け終わるかを競います。ゲーム感覚で楽しく片付けられることでしょう。

 

お母さんと一緒に片付け競争で遊んでいたら、知らないうちに部屋がきれいになった、という感覚で取り組めるので、叱られながらしぶしぶ片付けをするよりもずっと楽しくやれます。さらに良いことに、「楽しいな」と思えることは習慣づくようになります。

 

勝負に勝つために「両手を使ったら早く片付くんじゃないかな」「このカゴにおもちゃを集めて運ぼう」などと、きっと子供はいろいろ作戦を考えるでしょう。頭を使うこともでき、その上あっという間に部屋が片付きますよ。

 

丁寧に片付けられない時は基本に戻って

子供と片付け競争をしていると、子供が勝負にこだわっていい加減な片付け方をする時があります。早く片付けることばかりに意識が向いてしまい、おもちゃを箱に投げ入れたり、本を横に寝かせて積み重ねたりするので、きれいに片付けられません。

 

そうなると、楽しく遊んでいたはずなのについ、叱りつけたくなってしまいますが、子供にしてみれば競争だと言われたから勝つことにこだわっているのです。

 

しかし、いくら競争だとはいえ、きちんと片付けられなければ意味がありません。どんな競争でもルールはあります。それが守られないようであれば、片付け競争をする作戦はいったん取りやめて、片付けの基本に立ち戻りましょう。

 

勝つことにばかりこだわってきちんと片付けられないということは、片付ける時の約束が身についていないということなので、片付け競争をするには早すぎます。

 

この場合は、簡単な片付け方から始めます。例えばおままごとセットであれば、始めは全て同じ箱などの入れ物に入れられれば良しとします。それができるようになったら、フライパンなどの道具類と野菜などの食べ物類とに分類して、別々の箱に入れるように教えます。

 

片付ける時は、子供のそばに寄り添って、片付け方を教えながら行いましょう。本であれば、「本は立てて本棚に入れるんだよ」「見やすいように背表紙をこちら側に向けてね」という具合です。「一緒にお片付けしよう」「上手だね!」「ありがとう、きれいになったね」などの言葉も子供をやる気にさせてくれます。

 

また、最初から子供だけにやらせずに始めは片付けるものを一つずつ手渡して、これはここ、これはあそこ、というように丁寧に戻させるようにします。このようにして、まずは片付けの基本をきちんと身に付けさせましょう。

 

子供に片付けさせるときによくやってしまいがちなのは、子供にも片付けさせてはいるものの、その横で親の方がもっとたくさん片付けをしてしまうことです。それから、子供の片付け方が気に入らなくて、その後にもう一度親が片付け直してしまうのもよくあることです。これでは、子供が「自分で片付けができたぞ!」と感じられません。

 

しかし、先ほど述べたやり方で片付けの基本を押さえつつ、ゆっくりでも子供自身の手で片付けさせれば、子供は自分で片付けられたという実感を持つことができます。自ら片付けができる子にするには、「片付けをしたらきれいになって気分がいいな」という気持ちと「きちんと片付けられたぞ!」という達成感を味わわせることが大切です。

 

片付けの中にも楽しい要素はたくさんあります。色分けをして片付けたいものであれば、片付けをしつつ、楽しく色探し遊びがます。このように、どんなことでも楽しみを見つけながら取り組める子供に育てたいものですね。

Pocket
LINEで送る

このページの先頭へ