白砂糖の摂り過ぎが招く心と体への悪影響

Pocket
LINEで送る

白砂糖

「ダイエットのために甘いものを控えている」という人はよくいますが、砂糖の摂り過ぎの本当の怖さは別のところにあるのです。詳しく見ていきましょう。

 

砂糖の摂り過ぎで精神面にも悪影響が…

甘いものを食べすぎると太るとか、生活習慣病を招きやすいとかいうことは、広く知られていることです。しかし、砂糖の摂り過ぎが人間の精神にも悪影響を及ぼすということはご存知だったでしょうか?

 

精神面での問題を抱える人たち、例えば不登校の子供や引きこもり、神経症、精神障害などで苦しむ人たちの食生活についての調査によれば、彼らには白砂糖の摂取が非常に多いという傾向があるというのが分かっています。つまり、ケーキなどの洋菓子やスナック菓子、ジュースなどの清涼飲料水を日常的に口にしていた人が多いということです。

 

また、ある医師が目の当たりにした実例なのですが、非行に走った子供たちが、一定期間白砂糖の入った食品を食べることを制限された結果、暴力的行為や考え方が落ち着き、全く別人のような態度を見せるようになったのだそうです。

 

このように、砂糖、特に白砂糖の摂り過ぎは、人間の精神面にも悪い影響を与えるということが分かっているのです。単に太りすぎを招くといったことだけが、白砂糖の怖さではないのです。

 

砂糖の過剰摂取から起こる低血糖症とは

低血糖症という病気をご存知でしょうか。アメリカでは多くの人がこの低血糖症を患っていると言われています。日本ではまだあまり聞かれない言葉かもしれませんが、実は日本国内でも少しずつ、低血糖症の人が増えてきているのです。

 

低血糖症とは、血糖値が極端に低い状態になることによって各種症状が引き起こされることを言います。この低血糖症について詳しく述べる前に、私たちの体に備わっている血糖値を一定に保つ機能について、ご説明しましょう。

 

あなたは、疲労を感じた時に甘いものを口にしたくなった経験はありませんか?私たちの体は疲れてしまった時、ブドウ糖が減った状態になっています。すると体は「ブドウ糖が欲しい!」と訴えるため、甘いものを食べたくなるのです。つまり、ブドウ糖が減れば自分からブドウ糖を補給しようとし、低血糖にならないようにしているのです。

 

私たちが食事をすると血糖値が高まります。しかしこの血糖値は高すぎてもいけないもの。そこで体はインシュリンという名のホルモンを分泌します。このインシュリンは、摂取したブドウ糖をグリコーゲンという物質に変化させ、肝臓や筋肉に貯蓄させるという働きがあります。

 

逆にお腹が空いてくると、今度はアドレナリンと呼ばれるホルモンが分泌されます。これには貯めておいたグリコーゲンを分解してブドウ糖にし、血液中に流す働きがあります。この2つのホルモンのおかげで、私たちの血糖値は一定に保たれます。

 

ちなみに、何かしらの原因のためにインシュリンがきちんと分泌されなくなる場合があります。そうなると食事によって得られたブドウ糖は貯蓄されず、尿に含まれてそのまま体外に出てしまうのです。このような症状をもつ病気が、糖尿病なのです。

 

話を低血糖症に戻しましょう。低血糖症はなぜ起こるのかといえば、それは常に甘い食べ物を食べ続けているために、インシュリンの働きが活発になりすぎて制御不能となるからです。

 

体は、どんどん入ってくるブドウ糖を貯蔵しなければと、インシュリンをせっせと分泌します。しかしこれが続くと常にインシュリンは分泌され、働き続けるという状況が出来上がってしまいます。すると、まだブドウ糖が体内に入ってきていないのにインシュリンが分泌されてしまうようになるのです。それで体内のブドウ糖量が減ってしまい、低血糖症になるというわけです。

 

では、低血糖症になるとどのような症状が起こるのでしょうか。血糖値が低い状態が続くと、脳に必要な量のブドウ糖が運ばれなくなります。すると頭がぼんやりとしたり、疲労を感じたり、ちょっとしたことで怒りやすくなったりと、精神面に問題がでるようになります。

 

ただし、米やトウモロコシ、さつまいもなど、自然でとれる食べ物から甘みを摂っている場合は、インシュリンの活動が活発になりすぎることはありません。これらの食べ物にも糖質はたくさん含まれてはいますが、他の様々な栄養素も同時に含まれているからです。

 

その証拠に、これらの食品を食べた後の血糖値を調べてみると、緩やかに上昇していくことが分かります。逆に点滴などで純粋なブドウ糖を体に送り込むと、すごいスピードで血糖値が上がっていくのです。

 

それは点滴の話だから、と思わないでくださいね。ケーキやクッキーなどお菓子に使われる白砂糖は、ほぼすべての成分が糖質です。そして白砂糖のかわりによく使われる人工甘味料は、白砂糖よりもさらに純度を高めたものです。つまり、これらも点滴同様、血糖値を急激に高めますから、インシュリンの働きが活発になりすぎて、低血糖症になってしまうというわけなのです。

 

このように白砂糖の摂り過ぎは、太る以上にいろんな悪影響を及ぼす可能性があるのです。

Pocket
LINEで送る

このページの先頭へ