facebook Twitter Google+ はてなブログ feedly

笑いじわを考える!笑うとしわになる?美肌になる?

Pocket
LINEで送る

笑いじわ

しわが気になる年齢になると、「鏡を見たら笑いじわができていた!」とショックを受けることもあるかと思います。しかし、笑うとしわができると思って、笑うことをやめてしまうのは非常にもったいないことです。むしろ、美しい肌と健康を手に入れたいなら、進んでたくさん笑うことをおすすめします。

 

無表情はしわやたるみを生む

笑うと口の横や目じりなどにしわができます。これが深く刻まれてしまったら…と考えると、笑うのはどうかと考えたくもなりますよね。しかし、だからと言っていつも無表情を決め込んでいると、逆にしわやたるみを生み出してしまう可能性が高まります。

 

私たちの表情を作っているのは、表情筋と呼ばれる皮膚の下の筋肉です。この筋肉は体中で最もたくさんの種類があります。それほどたくさんの種類の筋肉が、いろいろな方向に伸び縮みしていることで、顔の様々な表情が作られています。逆に言えば、いろいろな表情を作っていれば、表情筋が鍛えられているということになります。

 

顔の皮膚を支えているのは、その下にある筋肉です。ですから表情筋を鍛えれば、皮膚が重力によってたるむことなくしっかりと支えることができます。つまり、年齢によるたるみやしわを防げるということです。

 

腹筋でも腕の筋肉でも、きちんと使わなければどんどん力を失っていきます。同じ筋肉ですから、表情筋も使わなければ衰えていきます。無表情でいるということは、表情筋を使わないでいるということです。そうすれば表情筋は次第に衰えていきますので、皮膚をピンと伸ばして支えることができず、たるみやしわを生み出してしまうというわけです。

 

笑うと健康になる

医学の面から見ても、笑うことはよい影響をもたらします。例えば、笑うと免疫力を高めるということが知られています。その効果は高く、治療の一環として笑うことを取り入れたら、がんが治ったというケースもあるほどです。

 

実は、笑うことによって免疫機能ホルモンが分泌されるのです。すると、がん細胞を攻撃してくれるナチュラルキラー細胞が活発に働き出し、がんの克服につながるというわけです。

 

また、笑うと副交感神経が優位に働くようになり、自律神経のバランスが整い、血液の流れを良くします。すると体の隅々まで栄養が行き渡るようになります。もちろんお肌にも栄養がしっかりと届きますから、肌の調子も良くなります。

 

笑うことで、笑いじわができることがないとは言い切れませんが、それを差引いても、笑うことの効用は素晴らしいものだと言えます。毎日楽しく笑って過ごして、健康な体も美しい肌も手に入れられるとすれば、これほどうれしいことはありませんよね!

Pocket
LINEで送る

このページの先頭へ