魔女っ粉(加齢臭対策洗剤)の使い方,口コミ,成分等解説

魔女っ粉

若い頃は臭わなかったご主人のシャツや、下着、寝具に染みついた加齢臭にお悩みではありませんか?香りの強い洗剤や柔軟剤を使っても効果が出ないと、お困りの方も多いと思います。今回はエコで高機能な加齢臭対策洗剤「魔女っ粉」をチェックしていきたいと思います。

 

魔女っ粉とは?

魔女っ粉は界面活性剤、蛍光剤、漂白剤、着色料の全てが無添加の洗濯補助洗浄剤です。使い方はいつもの洗濯洗剤と一緒に、魔女っ粉を付属のスプーンで1さじ加えるだけです。今まで頭を悩ませていた洗濯物に残る加齢臭の臭いを、手間なく簡単に消してくれる魔法のような粉なのです。

 

魔女っ粉の主な原材料の柿渋に含まれている柿渋タンニンには、高い消臭、抗菌力があります。タンニンという物質はフェノール性水酸基という性質をもっています。柿渋タンニンの水酸基が臭い成分にくっつき、水酸基のもつマイナスの電気が成分を浮き上がらせてから包み込んで消臭することで、繊維の奥にしみ込んだ頑固な臭いを元から消臭できるのです。

 

タンニンが多く含まれているというとワインや緑茶がすぐに思い浮かぶのではないでしょうか。柿渋にはワインの20倍、緑茶の73倍ものタンニンが含まれています。タンニンの含有量が高い柿渋は大量の水酸基を持っているために高い消臭力を発揮できます。

 

魔女っ粉は、柿タンニンを微粉末にしたものに加えて、悪臭成分に吸着し分解する植物酵素、消臭効果の高い天然成分の炭酸ソーダ、硫酸ソーダを組み合わせることで、優れた消臭効果を発揮します。

 

リリース科学工業株式会社の消臭試験のデータによると、5%の水溶液において30分後に消臭率を調べたところ、加齢臭は-97.1%も消臭できました。加齢臭以外でも疲労臭-99.9%、汗臭-96.7%、足臭-96.6%という結果が出ていて、加齢臭以外の悪臭成分でも高い消臭効果が実証されています。

 

魔女っ粉の詳細を公式サイトで確認する

 

加齢臭を詳しく知る

ところで加齢臭について詳しくご存じでしょうか。オヤジ臭なんて言われることもあるように加齢臭は男性特有の症状と思われがちですが、実は男女問わずに発生します。男性は30代以降、女性の場合は50代以降に多いといわれています。

 

加齢臭の発生する仕組みをみていきましょう。

 

加齢によって皮脂の中のパルミトオレイン酸という脂肪酸が増えるようになります。過剰分泌した皮膚が酸化してできる過酸化脂質という物質によってパルミトオレイン酸が、酸化、分解されて発生するのが、ノネナールという加齢臭の原因物質です。

 

若い頃は活性酸素を除去する働きが強いので臭いが気になることはないのですが、男性の場合は30代くらいから活性酸素を抑える力が低下してきて、体内に活性酸素が増えます。活性酸素が増えることによって、脂肪酸や過酸化脂質も増えて、ノネナールが発生するようになることが加齢臭の原因です。

 

男性ホルモンが多いほど汗をかきやすい上に、生活習慣の乱れや、ストレスによって自律神経の働きが弱まり体臭が強くなる場合があります。そういった要因からの臭いを気にする男性も増えてきているといわれています。

 

実は汗自体はほとんど無臭です。もともとは汗も雑菌も無臭ですが、雑菌が汗を食べて増殖する時に臭い物質を大量に作ることによって悪臭が発生します。そのため裸ではあまり臭いを感じなくても、汗を吸った衣類や寝具は繊維の奥まで加齢臭がしみ込んでしまい簡単には消えません。繊維の奥まで入り込んだ臭いは、元からしっかり消臭することが大切です。

 

魔女っ粉の詳細を公式サイトで確認する

 

使い方

魔女っ粉の効果的な使い方について、詳しくみていきましょう。

 

・使い方1 洗濯洗剤と一緒に使う方法

洗濯洗剤と一緒に、魔女っ粉を付属のスプーン1杯(3~5g程度)入れます。香りつきの柔軟剤も一緒に使用できます。

 

・使い方2 部分洗いをしてから、洗濯する方法

まず頑固な汚れに直接かけるスプレーを用意しましょう。水500mlに魔女っ粉を付属のスプーン1杯(3~5g程度)溶かしたものを、スプレーボトルに作っておきます。シャツの襟や袖口などの落ちにくい汚れや、寝具の黄ばみなどにスプレーして、軽く手洗いをしてから洗濯してください。

 

・使い方3 魔女っ粉だけで洗濯する方法

魔女っ粉を付属スプーンで4~5杯(20g程度)入れます。しっかり溶かして使用してください。

 

・使用上の注意

魔女っ粉はアルカリ性です。変色の原因になる場合があるので、シルク製品には使わないでください。

 

ここで洗い方のコツをおさえておきましょう。

 

・少なめの量で洗う

洗濯機いっぱいに洗濯物を詰め込んでしまうと、洗濯層の回転が悪くなり、汚れが落ちにくくなってしまいます。洗濯機の6~7割程度を目安に洗濯物を入れるようにしてみてください。汚れのひどいものは、部分洗いや、つけ置き洗いをしてから洗濯してください。

 

・すすぎに残り湯はダメ

すすぎ洗いのときにお風呂の残り湯を使うと、せっかく汚れの落ちた洗濯物にまた汚れがついてしまうので、水道水で洗うようにしましょう。

 

干し方のこつをおさえて、生乾きの臭いを防ぎましょう

 

・間隔をあけて干す

風が通るようにすると洗濯物が早く乾きます。干すときに少し間をあけるように意識して、風が通るようにしましょう。洗濯物同士が密着しないように、長いものと短いものを交互に干すなど工夫してみてください。

 

・天気予報をチェックしましょう

曇りや雨の日は洗濯物の乾きが悪くなってしまうので、天気予報をチェックしてから、洗濯する習慣をつけましょう。室内干しにする時には除湿機や扇風機や乾燥機をつけるなど工夫して、少しでも早く乾くようにしましょう。

 

魔女っ粉の詳細を公式サイトで確認する

 

利用者の口コミや評判

実際に魔女っ粉を使用している方の口コミの一部を紹介します。

 

・口コミ1

主人の衣類は洗った後も乾くと加齢臭が残っていました。こちらを試してみたところすごい効き目でした。

 

衣類はもちろんですが10年以上使用している洗濯機は臭いが気になって2、3カ月に一度はカビ取りなどのクリーニングをしていましたが、こちらを使うと洗濯物を取り出した後に臭いがしなくなりました。

 

これまでは臭いを気にしてドラム式の扉をあけっぱなしにしていましたが、閉められるようになりました。魔女っ粉と粉洗剤との組み合わせが一番効き目がありました。

 

・口コミ2

加齢臭のろうそくのような臭いは消えないと思っていましたが、バケツに魔女っ粉一さじを入れたお湯でつけ置きしてから洗濯をしたら、臭いが消えていました。着用後にムワッと動くたびに臭うのがなくなってうれしいです。

 

・口コミ3

父の体臭・加齢臭がすごくて悩んでいたところに、魔女っ粉を知りました。魔女っ粉の効果を確認したくて、洗濯前に枕カバーの臭いを嗅いだら吐きそうになりました。

 

干している時はあまり効果を実感できませんでしたが、洗濯前は鼻を近づけるのも嫌なくらい強烈な臭いが、乾いた後にはクンクンと嗅げるほどに軽減されていました。さすがに強烈な臭いなので1回では消えませんでしたが、これからの洗濯が楽しみです。

 

・口コミ4

臭いが抜けないので衣類を捨てようかと思うほど夫の加齢臭に悩まされて、何かいい商品がないか探していた時に、口コミを見つけました。魔女っ粉に出会いました。一度の使用で90%は臭いが落ちました。続けて洗ってみようと思っています。柔軟剤入りの洗剤と一緒に洗濯していますが、ちゃんと柔軟剤のいい香りも残ります。

 

魔女っ粉の詳細を公式サイトで確認する

 

成分

魔女っ粉の主成分の柿渋(柿渋タンニン)エキスには高い殺菌、抗菌作用があります。柿渋タンニンの持つ大量の水酸基が繊維の奥まで入りこんで、悪臭成分にくっついて浮き上がらせ、包み込んで分解し消臭してくれます。

 

リリース科学工業株式会社の消臭試験のデータによると、5%の水溶液において30分後に消臭率を調べたところ加齢臭やその他の悪臭成分に対して、90%以上の高い消臭効果があることが実証されています。

 

魔女っ粉には消臭効果の高い炭酸ソーダと硫酸ソーダが入っているので、さらに消臭効果高まっています。炭酸ソーダと硫酸ソーダは、食品添加物としても使われる人にも自然にもやさしい成分です。

 

魔女っ粉には柿渋エキスとともに、ローズマリー油や、笹エキス、ヨモギ、ハス抽出物、さくら抽出物などの天然植物の酵素が入っています。これらの天然植物酵素に豊富に含まれているアミノ酸とミネラルが、悪臭成分を吸着、分解してくれます。

 

天然植物酵素は安全性がとても高く、自然や人にやさしい成分です。これらの成分が部屋干しの臭いを抑えてくれるので、梅雨や花粉の気になる時期など数日間外に干せない日が続いても大丈夫です。

 

また魔女っ粉は界面活性剤、蛍光剤、漂白剤、着色剤を使っていないので、人にも自然にもやさしく、小さなお子さんのいる家庭でも安心して使っていただけます。パパの衣類も、子どもの肌着も1度で洗えるのはうれしいですね。

 

自然にやさしいというと、どうしても洗浄力が弱いイメージがあります。ところが魔女っ粉の洗浄力は界面活性剤が入っている一般の合成洗濯洗剤よりも、洗浄力が強いほどです。もちろん魔女っ粉の洗浄力は、自社だけでなく外部機関でも試験、確認がされています。

 

魔女っ粉の詳細を公式サイトで確認する

 

Pocket
LINEで送る

このページの先頭へ