facebook Twitter Google+ はてなブログ feedly

出産初めての方は知っておくべき!出産の前触れとなる兆候

Pocket
LINEで送る

0001

いよいよ赤ちゃんが生まれてくるという時。初めての時には特に、いつ生まれてくるのかわからず不安なことでしょう。

その前には、いくつか前触れとなる兆候が見られます。そこで、出産の前触れとなる兆候について、ご説明します。

 

①腹部が下がってくる

赤ちゃんがいる場所の膨らみ。
この部分が、出産の時が近づくと次第に下がってきます。

 

これまでは、お腹が大きくなってくるとともに、心臓や胃が圧迫されたような感じがあったと思いますが、分娩を前におなかが下がってくると、その圧迫感が和らぎ、楽になったような感じになることでしょう。

 

②腹部が頻繁に張る

お産の準備のために子宮の収縮が活発になります。
これは、赤ちゃんが生まれてくる子宮口を柔軟にしておくためです。

 

③赤ちゃんの動きが少なくなる

順調に育っていれば、赤ちゃんはおなかの中で元気に動いていたかと思います。でも、お産が近づくととともに、この動きが少なくなっていくのです。

 

これは、赤ちゃんが、生まれる体勢をとりつつあるからです。

赤ちゃんは、体の外に出るために、自分の体を丸めて小さくなるのです。この姿勢では、大きく動くことはできませんね。それで、赤ちゃんの動きが少なくなってくるというわけなのです。

 

④おりものの量が多くなる

これは何のためかというと、この時期のおりものは、お腹の中の赤ちゃんがスムーズに出口まで下りてこられるよう、潤滑油のような働きをするからです。

 

⑤排尿の回数が増える

赤ちゃんがおなかの上の方にあった時には、胸や胃が圧迫されていました。それが、赤ちゃんが下の方に来るにしたがって、今度は膀胱が押されるような状態になるのです。それで、トイレが近くなるというわけです。

 

 

以上が、よくある出産前の兆候ですが、これらの始まり方や程度などについては、もちろん人それぞれです。ですから、臨月近くになってきたら、よくアンテナを張って、これらの兆候を見逃さないようにしましょう。

また、いざという時に慌てないで済むように、分娩の準備は早めにしておくのが良いでしょう。

Pocket
LINEで送る

先輩ママさん5万人調査!臨月、出産期に産後に備えて買ったものランキング

このページの先頭へ