facebook Twitter Google+ はてなブログ feedly

「出産」の記事一覧

出産に関してかかる費用

出産費用

子供の出産にはまとまったお金が必要です。妊婦健診を受けるための費用や、出産のための入院費、出産そのものにかかる費用、ベビー用品やお祝いのお返しなどなど……。最近では少子化に対する施策の一環として、親の費用負担を肩代わりする制度などが設けられ、費用面でサポートを受けられるようになってきています。では実際にどんな場面でどれぐらい費用がかかるものなのでしょうか。

[続きを読む]

出産で会社を辞める場合の社会保険と税金

出産で会社を辞める場合の社会保険と税金のチェックポイント

出産に際して会社を辞める場合、社会保険や税金などの状況も変わります。それまで会社にお任せしてきた各種申請なども次からは自分でしなければならなくなります。ここでは、そうした社会保険や税金などについて何がどう変わるのかについて大まかに見てみたいと思います。

[続きを読む]

出産祝いに関するマナーあれこれ

出産祝い

赤ちゃんが生まれ新しい家族が増えると、いろんなお祝い事をすることになったりして周囲の人たちとのおつきあいをする機会が増えるものです。その中でも出産祝いは一番最初のケースになること。なにごともはじめが肝心ですので、いただいた方に失礼がないようにするにはどうしたらいいのか、あるいは身近な人にお祝いをあげるときにはどうしたらいいのか、しっかりとチェックしていきましょう。

[続きを読む]

出産育児一時金はどう受給するか

出産育児一時金

出産育児一時金は、健康保険に入っている場合に、子どもを産んだときに受け取ることのできるものです。健診費用、分娩費、産科への入院の費用など、出産に関わる費用の中で健康保険が使えないものを補助するために設けられています。どうやって受け取るのかなど、少し詳しく見ていきましょう。

[続きを読む]

卵子提供や代理出産をどう捉えるか?

代理出産

最近では医学の進歩とともに不妊治療にも新しい技術が導入され、さまざまな形での妊娠や出産が可能になってきています。なかでも第三者から卵子を提供してもらった上での妊娠・出産や、自分たちの受精卵を他人に代理で出産してもらうといった事例も出てきています。ここではそうした事例について少し詳しく見ていきましょう。

[続きを読む]

高齢での妊娠や出産の危険性

高齢の妊婦さん

女性が妊娠適齢期を過ぎ、高齢で妊娠・出産をするのはさまざまな面から困難を伴います。妊娠が成立しにくかったり、流産率が高かったり、胎児の染色体異常の比率の増加があったりするためです。それ以外にも、高齢での妊娠・出産にはそれそのものでの危険が存在します。ここではそういった危険性について少し見ていきましょう。

[続きを読む]

不妊治療の実像!自分自身、親族、友人、… のために知っておこう

不妊検査

不妊治療の6つの基本検査、不妊治療の効果やリスクについて見ていきたいと思います。もし自分自身とは無関係だとしても、子どもができずに悩んでいる親族や友人が、もしいた時のために、この機会にきちんと理解しておきましょう。

[続きを読む]

高齢出産について誤解していませんか?高齢出産の基本を学ぶ!

高齢出産

最近、有名人が高齢での出産に成功したといったニュースを始め、高齢出産について耳にすることが多くなってきたように思います。これは実際に年齢が上がってから結婚、妊娠、出産を試みる人の数が増加してきたからという面があるかと思いますが、まだまだ高齢での出産に対して正しい知識がはぐくまれていないようにも感じられます。今回は高齢出産の「きほんのき」を説明していきたいと思います。

[続きを読む]

出産予定日を過ぎたけど大丈夫?

出産予定日

妊娠40週になると、出産予定日がやってきます。ですが、この日に必ず出産になるとは限りません。それどころか、予定日ぴったりに出産になることの方が少ないと言っていいでしょう。

[続きを読む]

出産時のトラブル!必ず知っておきたい厳選5項目

トラブル

何も問題なくお産が進めばよいのですが、出産というのはたくさんのトラブルが起こりやすいものです。トラブルが起こることはある、という心構えができていれば、いざトラブルが発生したときにパニック状態にならずに済むかもしれません。

[続きを読む]

ないとは言い切れない!帝王切開について予め知っておこう

帝王切開

赤ちゃんを産む方法として経膣分娩による方法と、帝王切開で産む方法とがあります。経膣分娩とは、陣痛といきみにより膣口から赤ちゃんを生み出す方法であり、帝王切開は、お腹を切って赤ちゃんをとりだす手術になります。

[続きを読む]

できれば避けたい会陰切開!

会陰切開

赤ちゃんが頭を出そうとするとき、母体の会陰部が伸びて薄くなります。でも、会陰部の伸び方は、人によって柔軟に伸びたり、固くて伸びにくかったりといろいろです。ですから、赤ちゃんが頭を出す際に会陰が裂けてしまうことがあるのです。

[続きを読む]

出産が終わって安心するなかれ!まだ痛みは続きます。

赤ちゃんを生み出すために必要な、陣痛。ですが、赤ちゃんが生まれたと同時に陣痛も終わりかというと、実はそうではありません。

[続きを読む]

陣痛を意図的に起こさせる薬がある?

出産を控えた妊婦さんは、陣痛促進剤という言葉を聞いたことがあるかもしれません。陣痛促進剤とはどんなものなのか、どのような時に使うのか、ご存知でしょうか?

[続きを読む]

痛くない出産方法!

無痛分娩をご存知ですか?お産に痛みはつきものなのです。ですが、やはり痛いというのは辛いですし、できれば避けたいと思いますよね。

[続きを読む]

いきみ力

陣痛が始まり、子宮口が十分に柔らかく、また、十分に開いたら、いよいよいきみ始めます。でも、初めての妊娠では、この「いきみ」というものが何なのか、どのようにしたらよいのかが分かりにくいことでしょう。ここでは、いきみ方のコツをお伝えしたいと思います。

[続きを読む]

陣痛の6STEP!ドラマのような生まれ方はあり得ません

陣痛は、赤ちゃんが出てくる前に子宮が収縮を繰り返すことによって起こる痛みです。よくドラマにあるように、痛みが急に襲ってきて、すぐに赤ちゃんが生まれる、というようなことは、一般的にはありません。

[続きを読む]

入院→分娩台ではなかった。陣痛室という秘密の部屋!

陣痛が10分間隔になったため、病院に向かうと、内診により子宮口が開いてきているかどうか、そして柔らかくなってきているかどうかを診断されます。そのような状態になっていたら、入院ということになります。

[続きを読む]

鉄板の流れ!規則的な陣痛~入院まで

陣痛は、始めは不規則に痛みが起こりますが、だんだんと規則的になり、そして痛みと痛みの間の時間が、次第に短くなっていきます。ではいつ病院に向かえばよいのか、入院までには何をするのかなど見ていきたいと思います。

[続きを読む]

出産入院の準備はいつするの?今でしょ!

赤ちゃんが生まれるまで、あともうほんの少しですよ、という知らせが、陣痛です。いつもと違うお腹の張りと痛みで、初めての妊娠の方は特に、驚いたり、慌てたりするかもしれません。いざという時に落ち着いて対処できるよう、陣痛の始まりから入院までの流れを、頭に入れておきましょう。

[続きを読む]

このページの先頭へ