facebook Twitter Google+ はてなブログ feedly

「育児」の記事一覧

第一次反抗期(イヤイヤ期)と親離れの対処法

イヤイヤ期

子供はいつまでも子供ではありません。いつか親の元を巣立っていきます。あなたは自分の子供の親離れを歓迎できるでしょうか。多少さみしいと思っても、ちゃんと子離れできる自信はありますか?いざ、その時が来た時にスムーズに対応できるよう、親離れや子離れについて見ていきましょう。

[続きを読む]

頭のいい子に育てるために、幼児期にやっておきたい3つのこと

おもちゃで遊ぶ男の子

親であれば誰しも、自分の子供は頭のいい子に育って欲しいと思う方が多いでしょう。「頭のいい子」と言っても、勉強だけが出来るような子供のことではありません。もちろん、勉強も大切ですが、子供が小さい頃には、文字の読み書きを教えるよりも親が教えなければならないことは他にたくさんあります。

どうすれば頭のいい子に育てることができるのか、いくつかのポイント押さえるだけで難しいことは必要ありません。実はちょっとした事に気をつけるだけでいいのです。

[続きを読む]

赤ちゃんは、どのように身体の使い方や人との関係を学んでいくのか

赤ちゃん

赤ちゃんと一緒にいると驚かされることがたくさんあります。赤ちゃんには、生まれる前から備わっていた能力もあれば、この世に生を受けた後に次々吸収することで身に着けていく能力もあります。赤ちゃんの成長と能力の関係に注目して見ていきましょう。

[続きを読む]

幼児期には、「楽しい」と思う経験をたくさんさせよう

公園で遊ぶ幼児

幼児期の子供にとって、最も大切な体験は何だと思いますか?それは、「楽しい!」と思う体験です。楽しさを感じることはどうしてそんなにも大切なのか、また、楽しさを感じさせるにはどうしたらよいのかについて見ていきましょう。

[続きを読む]

目と手の協応を養うのに特別な教具はいらない!

トングでサラダを取り分け

「目と手の協応」という言葉を聞いたことがありますか?あるものを目で見るとその情報が脳に伝達されます。そしてそのあるものに作用するためにはどう手を動かすかという指令が、脳から手に出されることによって、上手に作用できる仕組みを指します。その力を養うには特別な教具は必要ありません。日常生活の中で身につけさせることができるのです。

[続きを読む]

プラスチックの食器をやめれば子供は学ぶことができる

陶器の食器

あなたはお子さんにどのような食器を使わせていますか?プラスチックですか?それとも大人と同じ材質の食器ですか?「食器なんてどんなものでも同じではないの?」と思うかもしれませんが、そうではありません。食器選びになぜこだわるのか見ていきましょう。

[続きを読む]

幼児のそばにいつも親がいれば、自立の土台を築ける

幼児と親

子育てのゴールは、子供を自立した大人に育てることです。そのための親の仕事は、生まれてすぐに始まります。まだ何も分からない小さな子供であっても、この時期に絶対にやっておかなければならないことがあります。それは、親がとにかくいつも子供のそばにいることです。それがどのような意味を持つのか見ていきましょう。

[続きを読む]

乳幼児期は親ができるだけ関わる

乳幼児と遊ぶ母親

就学前までの子供、つまり乳幼児と呼ばれる子供には、親はどのように関わるべきなのでしょう。まだ何もわからない年頃なのだから、関わり方なんてそんなに重要じゃないのでは?と思う人もいるかもしれません。しかし、それは大きな間違いです。幼いからこそ、やっておかなければいけない関わりがあります。

[続きを読む]

卒乳 ~母乳はいつやめればいいのか?~

授乳

赤ちゃんが1歳ぐらいになると、そろそろ母乳を与えるのをやめるべきかどうかと悩むお母さんが増えてきます。母乳をやめるのはいつごろにすればいいのでしょうか。

[続きを読む]

液体運びのお手伝いで子供の脳を育てる

味噌汁と子供

お味噌汁が入ったお椀を運ぶ手伝いを子供にさせたことはありますか?「こぼされたら後片付けが面倒」「やけどをしたらと思うと怖い」などという理由で、つい子供にはさせず親がやってしまうのは良くあることではないでしょうか。しかしそれはとてももったいないことです。なぜなら、液体の入ったものを運ぶお手伝いをさせることは、子供の脳を育ててくれるからです。

[続きを読む]

一度聞けば理解できる子に育てるためには?

親子の会話

「うちの子は何度も繰り返し言わないとわからないのよね」「そのうち『何回言ったらわかるの!』と叱ってしまう…」と悩んでいる親御さんは少なくありません。子供がそうなってしまった原因は意外なところにあるかもしれません。

[続きを読む]

絵本に出てくる言葉の説明、どうしてる?

絵本を読む親子

子供に絵本の読み聞かせをしている時、その本に出てくる言葉の意味を問われて困ったことはありませんか?改めて聞かれると説明が難しい…、そんな言葉ありますよね。ついごまかしたくなりますが、これは子供が絵本への理解を深める絶好のチャンスです。上手に言葉の説明をしてあげましょう。

[続きを読む]

絵本の読み聞かせで文字からイメージする力を育てる

読み聞かせ

絵本の読み聞かせは、親子の素敵なコミュニケーションの時間を作ってくれます。その上、読み聞かせをすることで、文字からイメージを捉える力を育むことができるのです。詳しく見ていきましょう。

[続きを読む]

子供が絵本好きになったら、次はジャンルを広げてみよう!

いろんな絵本

親であれば、子供にたくさん本を読んでほしいと思うものです。そのためにあれこれ工夫をして、絵本に興味を示すようになったら、次のステップに進んでください。それは、読む絵本のジャンルを広げることです。

[続きを読む]

絵本は繰り返し読むのが良い!

絵本を読む子供

子供に読み聞かせをしてあげようとすると、毎回同じ絵本を持ってくることがあります。また、お話の中のあるページばかりを読もうとすることもあります。子供たちは、なぜこのような読み方をするのでしょう。実はここに絵本の親しませ方のコツがあるのです。

[続きを読む]

指しゃぶり、爪噛み、おねしょ…、なかなか直らない癖をどうする?

指しゃぶりをする子供

指しゃぶりが気になる、おねしょが直らないなど、何とかしたい子供の癖はいろいろあります。でも、アプローチの仕方を誤ると、直らないどころかひどくなったり、他にも悪影響を与えてしまったりすることにもなりますから、慎重にやらなければなりません。どのように対処していったらよいか見ていきましょう。

[続きを読む]

手先が器用な子に育てるには

お箸を器用に使う子供

あなたのお子さんは手先が器用ですか?不器用だからと言って大人が何でもやってあげてしまったり、不器用で困ることもないからと手先を使う作業をさせなかったりしていませんか?手先を器用に使うことは、実は子供の成長にとても大きな影響を与えます。上手に導いて、手先が器用に使える子に育てましょう。

[続きを読む]

自分の気持ちを表現でき、相手の気持ちも分かる子供に育てよう!

自分の気持ちを親に伝える子供

自分の気持ちをうまく言葉で表現できない子供が増えてきているようです。そうなると、自分の気持ちが伝えられないばかりか、相手の気持ちも分からず、それが元で様々なトラブルが発生することになります。幼いうちから、自分の気持ちを表現し、相手の気持ちを理解する力を育てていく必要があります。そのために親は何をしたらよいのか見ていきたいと思います。

[続きを読む]

子供の言葉や話し方に関する悩みを解決!

親子で話す

子供の言葉や話し方の悩みはいろいろあるものです。そもそも発達するスピードは、人それぞれなのですが、親にしてみれば「隣の子はもう上手にお話しているのにうちの子は…」と気になって仕方がないものですね。子供の言葉や話し方に関する悩みをどう解消していくか見ていきましょう。

[続きを読む]

幼児の反抗期の上手な対応の仕方

反抗期の幼児

2歳ころになると子供は急に、何に対しても「イヤ!」「ダメ!」と反抗するようになってきます。親にしてみれば、ずっと親の言うことを素直に聞いてきたのにと、面食らってしまうことでしょう。この頃になると子供は、自分でやりたいという気持ちが芽生えてくるのです。親から見ると単なる反抗のようでも、子供にとっては成長の証しだと言えるのです。

[続きを読む]

子供の一人遊びとの上手な付き合い方

一人遊び

子供はよく一人の世界に入って空想を楽しむことがあります。子供ならではの光景ですが、あまり一人遊びばかりしているようでも心配になりますよね。こんな時、親はどう対応したらよいのでしょうか。

[続きを読む]

反抗期は子供の自発性を育てる

反抗期の子供

もっと小さい頃は素直だったのに、最近は何でも反抗して困ってしまう…そのように嘆く親御さんは少なくありません。しかし、反抗期は子供の自発性を育てる大切な時期なのです。詳しく見ていきましょう。

[続きを読む]

子供にどう教える?絵の具の正しい使い方

絵の具で色塗りする子供

塗り絵やお絵描きの楽しさを知った子供には、クレヨンや色鉛筆だけでなく絵の具も使わせてみたいですね。しかし、絵の具はクレヨンや色鉛筆よりも使い方が難しいものです。与え方を間違えると子供はうまく使うことができず、絵の具で絵を描くことが嫌いになってしまうかもしれません。絵の具の正しい使い方を子供にどう教えるか、それがとても大切です。

[続きを読む]

塗り絵やお絵かきに進んで取り組むようにするには?

塗り絵をする親子

幼児の遊びの一つである「塗り絵」。塗り絵遊びは、絵を描くことにもつながりますので、どんどんやらせたい遊びの一つです。いかにも子供が喜びそうな遊びなのですが、働きかけを間違えると子供は塗り絵やお絵かきが嫌いになってしまいます。どうしたら興味をもって塗り絵遊びやお絵かきをするようになるのでしょうか。

[続きを読む]

子供が泣き虫でも大丈夫!こんな対処法を

泣き虫

子供が泣き始めると、正直大人は困ってしまうものです。だからつい「泣かないの!」などと親は言ってしまうのでしょう。しかしそんなことを言われても涙は止まるものではありません。大人ですら、涙もろい人は泣くのをこらえるのは難しいのですから、気持ちのコントロールができない子供にとっては、なおさら難しいことでしょう。

[続きを読む]

我慢する心は幼いうちから育てるのがベスト!

我慢できず泣きじゃくる子供

学校にもまだ行っていない幼い子供には、それほど何かを身に付けることはできないと思っていませんか?そんなことはありません。就学前の幼い子供のうちにやらせておかないと、後になってから身に付けさせるのは難しいことはいろいろとあります。我慢する心もそのうちの一つです。

[続きを読む]

塗り絵が上手になるヒント

塗り絵をする子供

塗り絵は誰しも幼い頃にやったことがある遊びの一つではないでしょうか。ありふれた遊びではありますが、上手に色を塗ろうとすると、子供にとっては意外と難しいものです。はみ出さず、塗り残りなく上手に塗り絵を完成させるには、どうしたらよいのでしょうか。

[続きを読む]

頑固な子供にどう対応するか?

頑固な子供

子供には、きちんと自分の考えをもってほしいですし、それを周囲の人にちゃんと伝えられるようになってほしいものですね。しかし、我が強すぎるあまりに自分の考えに固執し、他の人の話に聞く耳をもたなかったり、思い通りにならないと機嫌を悪くしたりするのも困りものです。

子供が周りの人とうまくやっていけるようになるために、時と場合に応じて自分の意見を主張したり、自分を抑えたりできるように、育てていきましょう。

[続きを読む]

子供とのスキンシップの大切さ

スキンシップをする親子

子育てにはスキンシップが欠かせないということは、もう周知の事実でしょう。しかし、その重要さをきちんと知らない人が少なくないこともまた事実です。スキンシップがどれほど大切なことなのか見ていきましょう。

[続きを読む]

赤ちゃんが言葉の意味を理解するまで

ボールを理解する赤ちゃん

赤ちゃんは身体の成長に伴って生後3ヶ月目ぐらいから笑い声を上げはじめ、それを通してさまざまな音を出すためのトレーニングを積み始めます。そして生後12ヶ月前後ぐらいから、それまでに周囲から耳にして覚えた言葉を自分から話してみようとし始めます。

しかし、話し始めた直後の赤ちゃんはまだ自分が口にしている言葉の意味を理解するところまでいっていません。では、赤ちゃんはどうやって言葉の意味を理解するようになるのでしょうか?

[続きを読む]

買い物や外食の時、こうすれば子供は騒がない!

店では静かに

買い物の時と外食をする時、子供が騒がしくして困ったという経験はありませんか?スーパーなどでは、欲しいものをねだって泣いたり暴れたり。レストランでは走り回ったり大きな声を出したり。親としては、周りの目も気になるし、何より公共の場では騒ぎすぎないよう教えなければならないし…でも一体どうしたらいいかわからない…そのような悩みの解決策を見ていきましょう。

[続きを読む]

DVDの視聴による赤ちゃんへの悪影響

DVD

子供を育てる環境においてDVDがあることはもはや普通のことになっています。そしてその中でもいろいろな知育用のDVDというものが販売されており、子供を持つ親の層に人気が出ているようです。ここでは、子供がごく幼いころからDVDを見せるということで問題が起きないのかについて見ていきたいと思います。

[続きを読む]

多少の汚れはへっちゃらな子に育てよう!

汚れても平気な子供

子供というのは本当によく汚れるものです。食事をしても遊んでいても、子供の手足や衣服は汚れていきます。子供というのは、そういうものです。でも、全ての子供がそうではないようで、中には汚れるのを嫌がる子供もいるのです。「洗濯が楽でいいわ」などと思わないでくださいね。子供が汚れるのにも、成長するうえで大切なメリットがあるのです。

[続きを読む]

子供の成長のためにお手伝いをどんどんさせよう!

お手伝い

子供にお手伝いさせていますか?子供がお手伝い上手になると、親が楽になるばかりか、子供の成長にとっても非常に良い影響を与えるようになるのです!それは一体どういうことなのか、また、どうしたらうまくお手伝いのしつけをすることができるのか見ていきましょう。

[続きを読む]

片付けのしつけのためのアイデア!

片付け

子供が遊んでいる部屋を見て「またこんなに散らかして…」とため息をつきたくなること、ありますよね。片付けることを考えると憂鬱になってしまうもの。さてここでちょっと考えてみてください。子供が出したおもちゃ、親御さんが片付けてあげていませんか?「片付けなさい!」と叱ってばかりいませんか?子供に片付けのしつけを上手にするためのアイデアを、ご紹介しましょう。

[続きを読む]

赤ちゃんの発育とDVD

DVD

最近の子育ての現場では、テレビなどのメディアがあることが当たり前になってきています。そしてテレビの他にも、さまざまな知育用DVDが氾濫しており、赤ちゃんや小さな子供にそうしたDVDを見せるのはごく普通のあり方になってきています。そうしたDVDは子供の知育に役に立つものなのでしょうか。

[続きを読む]

テレビに依存する子供が増えている

テレビを近くで見ている子供

最近、表情や行動に問題が見られる子供が増えてきているといいます。他人との意思疎通が苦手であったり、感情をあまり顔に出さなかったり、動作がどこかつたなかったりするのです。そうした子供の生活環境を調べて見たところ、テレビやDVDの視聴との関連性が見えてきました。どんな関連性があったのか、少し詳しく見ていきたいと思います。

[続きを読む]

我慢する力を身に付けさせる理にかなった方法

我慢する子ども

子どもに我慢することを教えるにはどうしたらよいのか、悩んでいる親御さんも多いことでしょう。一朝一夕に身に付くものではありませんが、脳の仕組みを利用した、効果的な方法をご紹介します。

[続きを読む]

ポイントをおさえて幼児食を楽に作ろう!

幼児食を食べる子ども

離乳食が終わると、今度は幼児食へと移行していきます。この幼児食の時期も、親をいろいろと悩ませるものです。しかし、幼児食もポイントをおさえれば楽に作れるものなのです。幼児食を作るうえでのポイントについて見ていきましょう。

[続きを読む]

赤ちゃんが「言葉」を学ぶプロセス

言葉を学ぶ赤ちゃん

赤ちゃんの喉や口の構造は成長によっては生後3ヶ月目ほどで変わり、笑い声を立てることができるようになります。そしてそこから生後9ヶ月目ぐらいまでの間、毎日笑い声などを立てることで話すための練習をすることになります。

一方、赤ちゃんはこういったトレーニングを積みながら言葉を話すためにもう一つ重要な作業を行っています。それが言葉の認知と蓄積です。赤ちゃんがどんな風にして言葉を学んでいくのかを見ていきましょう。

[続きを読む]

子どもの頭がよくなる食生活とは?

家族で食事

食生活は、子どもの健康を守るためにとても重要なことですが、子どもの脳の発達にも大きな意味を持つものです。どのように気をつけていくべきなのか、具体的に見ていきましょう。

[続きを読む]

原則を知れば、もう離乳食で悩まない!

離乳食を食べる赤ちゃん

生まれたばかりの赤ちゃんは母乳から栄養をもらい、成長するにしたがって離乳食を食べるようになり、徐々に食べ物から栄養を摂るようになっていきます。

親御さんたちの多くが「いつから離乳食を始めたらいいの?」「おっぱいはいつごろやめたらいいの?」「離乳食って何を食べさせたらいいの?」などと、いろいろ思い悩むことでしょう。しかし、離乳食の原則を知れば、もう迷うことはありません。その原則を、これからご紹介していきます。

[続きを読む]

お父さん必見!忙しすぎて子どもにかまえない時の奥の手集

忙しいお父さんと子ども

最近では男性の育児に対する理解が広まってきており、育児休暇を積極的に取るようなケースも見られるようになってきました。少し前のころと比べるとかなりそういう点では進んだように思われます。しかし、そうはいっても毎日遅くまで残業に追われたり、出張ばかりといった理由で家にいる時間の方が短いかもしれない、などというお父さんもたくさんいるのではないでしょうか。

そんなふうに子どもと一緒の時間をなかなか作れない時に、どうやったら子どもにお父さんの存在を感じてもらえるかということについて少し見ていきましょう。

[続きを読む]

語りかけ育児で子どもの能力を伸ばそう

語りかけ育児

「語りかけ育児」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。イギリスで生まれた育児方法で、静かな環境で1日30分間だけ、お母さんが赤ちゃんの興味を示すことに沿って遊んだり語りかけたりするというやり方です。どんな内容なのか、またどういった効果が見込まれるのかについて紹介してみたいと思います。

[続きを読む]

母乳が粉ミルクよりも良いのは成分を考えれば簡単なロジックです!

母乳と粉ミルク

赤ちゃんに飲ませるのは、母乳がいいのか、それとも粉ミルクがいいのか?新米ママたちによくある悩みです。しかし迷うことはありません。可能なのであれば、赤ちゃんはぜひ母乳で育てましょう!どうしてそんなにも母乳がおすすめなのかをご説明します。

[続きを読む]

赤ちゃんはいつごろから自他の区別がつくのか

自他の区別をする赤ちゃん

1970年代ごろには、赤ちゃんは何も分かっていない存在であると考えられていましたが、いまではそうした考え方をする学者はいなくなっています。かなり幼い段階であってもものを考えたり学んだりしているということが分かってきたからです。

赤ちゃんをはじめとして、子どもというものは大人から見ればたいへん謎めいた存在ですが、その小さな頭の中でどんなことが起きており、発達が進んでいっているのか、いくつか例をあげて見てみたいと思います。

[続きを読む]

忙しいお父さんでもできる子どもの能力を伸ばすカンタンな遊び術

お父さんと遊ぶ子ども

育児活動の中でも、子どもの外面的内面的成長のために重要になってくるのが子どもと一緒に遊ぶということです。子どもは、こうした遊びを通して体の使い方や頭の使い方をさまざま学んでいくものだからです。子どもの能力を成長させることができ、かつ、毎日忙しいお父さんでもできるような遊びについていくつか見ていきましょう。

[続きを読む]

お父さんに使って欲しい子どもへの言葉

子どもに好かれるお父さん

毎日忙しく子どもと一緒の時間をなかなか持てないと悩んでいるお父さんたちにとっては、わずか数分であっても子どもとやりとりできる時間は貴重なものです。そして、毎日ほんの数分間しか時間が取れなくても、それで自分の思いを子どもに伝えられたらどんなにいいでしょうか。ここでは、そういった場面で使えそうなさまざまな表現について見ていきたいと思います。

[続きを読む]

子どもが朝起きれず心配な場合は・・・

朝寝坊

子どもの生活リズムが夜側にずれ込み、そのせいで朝起きれなくなってしまって困っている、というご家庭もあるかと思います。そんな場合にどのような対処をしたらいいかについて見ていきましょう。

[続きを読む]

ベビーサイン――まだ話せない赤ちゃんと「お話し」する方法!

ベビーサイン

最近日本でも「ベビーサイン」という育児法が注目されるようになってきています。この育児法はもとはアメリカで始まったものですが、いったいどういう育児法で、どんなメリットがあるのでしょうか。

[続きを読む]

子どもが集団で遊ばないので不安に感じる時は・・・

一人遊び

子どもによっては、他の子どもが一緒にいてもあまり関心を示さず、一人で遊んでばかりということもあります。そうなるとお母さんとしては、近い将来保育園や幼稚園に行くようになってからのことを考えて心配になりますが、そういった場合の対処法を見ていきましょう。

[続きを読む]

上の子が赤ちゃん返りしてしまったら

赤ちゃん返り

下に弟や妹が産まれると、上の子がいわゆる「赤ちゃん返り」を起こしてしまうのは避けられないことでもあります。そんなとき上の子とどんなふうにつきあっていくべきかについて見ていきましょう。

[続きを読む]

ものの形はいつ頃から分かるようになる?

形を認識する赤ちゃん

赤ちゃんについての研究は1960年代ぐらいに始まり、いままでさまざまな研究結果が発表されて進歩を遂げてきました。ここでは、赤ちゃんがものの形を認識できるようになるのはいつごろなのかということについて見てみたいと思います。

[続きを読む]

好き嫌いが激しくて心配・・・

好き嫌い

子どもの好き嫌いに悩んでいる方も多いと思いますが、そもそも好き嫌いがあると成長にどんな悪影響が出てしまうのでしょうか。意外によく分かっていない子どもの好き嫌いの影響についてみてみましょう。

[続きを読む]

乳幼児医療費助成制度は忘れず手続きを

赤ちゃん診察

子どもが小さいころはたくさん病気にかかりがちですが、そんな時にかかった医療費負担を軽くできる制度が乳幼児医療費助成制度です。この制度は自治体が行っているもので、名称には「乳幼児」とありますが、対象となる子どもの年齢は自治体によってまちまちです。子どもが医療機関にかかった時に発生する費用が助成の対象となります。

[続きを読む]

子どもが太りすぎと注意されたけどダイエットすればいい?

小児肥満

子どもを検診に連れて行ったところ太りすぎだと注意されたということを耳にすることがありますが、その場合どのように対処したらいいかよく分からないという声もよく耳にします。ここでは子どもの肥満対策についていくつか見ていきましょう。

[続きを読む]

子どもが飽きっぽくて落ち着きがない。これって病気?

落ち着きのない子供

3歳ぐらいの子どもを持つお母さんで、子どもが気が散りやすいとか、少しもじっとしていられないとかいうことで心配をされておられる方がけっこういらっしゃいます。中には何か病気があるのではないかとか、障がいがあるのではと心配される方も。このくらいの子どもはどれぐらい「落ち着いて」いるものなのでしょうか?

[続きを読む]

子どものおねしょが治らなくて不安・・・

おねしょ

子どもが3歳から4歳になったのにおねしょが治らないと気にしているお母さんはけっこういらっしゃいます。子どものおねしょは、どれぐらいまでにしなくなるものなのでしょうか。

[続きを読む]

指しゃぶりばかりしているけど大丈夫?

指しゃぶり

子どもがいつまでも指しゃぶりをしているので心配、というお母さんもいらっしゃるかと思いますが、指しゃぶりはやめさせた方がいいのか、それともそのままにしていても大丈夫なのか気になりますよね。そんな指しゃぶりについて、子どもがなぜ指しゃぶりをするのか、そしてどう対処すべきか見ていきましょう。

[続きを読む]

忙しい父親にこそ可能な育児とは

忙しい父親

子どものことは可愛いと思っているし、可能ならもっと一緒に過ごしていたいと考えている父親は多いと思います。しかし、実際には毎日の仕事に追われ、思うように時間が確保できない、というのが正直なところではないでしょうか。ここではそんな忙しさの中にあっても家事や育児に取り組むための工夫について見ていきたいと思います。

[続きを読む]

夏にかけて注意しておきたい病気

夏

保育園・幼稚園に子どもを通わせるようになると心配になってくるのが「うつる病気」です。夏にかけて発生数が多くなる「うつる病気」についていくつか見ていきたいと思います。

[続きを読む]

数は減ったけど、「はしか」は今でもやっぱり怖い病気!

はしか

昔は「はしか」というと子どもがかかる重病の代表的なもので、しかも子どもがよくかかるやっかいな病気でもあったわけですが、最近では予防接種が行われるようになったためにかかる子どもがほとんどいなくなりました。とはいえやはりはしかは怖い病気ですので、確実に予防しておきたい病気の1つでもあります。

[続きを読む]

予防が難しい溶連菌感染症!対策は?

溶連菌感染症

溶血性連鎖球菌(溶連菌)という病原菌がのどに感染しておきる病気に「溶連菌感染症」というものがあります。ウイルスのせいでのどに炎症が起きて痛くなる病気です。その他発疹が出ることもあり、少し前までは「猩紅熱」という名前で知られていました。溶連菌感染症はこどもに多い疾患で、合併症を起こすこともあります。どんなふうに対処したらいいのかについてチェックしてみましょう。

[続きを読む]

うつってもわかりにくい病気、おたふくかぜ

おたふくかぜ

保育園・幼稚園や小学校に入って集団の中で生活するようになると「もらってくる」さまざまな病気。「おたふくかぜ」もそんな病気の一つです。この病気はかかっていることがわかりにくいことがある一方で、時に難聴を引き起こすこともあるので油断できない病気です。どんな特徴があるのかを見ていきましょう。

[続きを読む]

すごい感染力のある病気、水ぼうそう

水ぼうそう

子どもがうつされる病気の代表格の1つ、水ぼうそう。水ぼうそうには任意で受けることのできる予防接種がありますが、それがただ一つの予防方法となっています。どんな病気なのか、どういうところに気をつけるべきかについてみていきましょう。

[続きを読む]

子どもがかかる下痢や嘔吐を繰り返す病気にはこんな対策を!

子どもが腹痛

子どもが保育園や幼稚園でよくうつされる病気として、細菌やウイルスに感染したことによる胃腸炎があります。中でもノロウイルスやロタウイルスなどによるものは症状がひどく、すぐに蔓延しますのでよく知られています。こういった病気に対する対策をどうしたらいいのか見ていきましょう。

[続きを読む]

インフルエンザは怖い病気?

インフルエンザ

毎年冬場になると大流行するインフルエンザですが、新型インフルエンザや鳥インフルエンザのニュースなどを耳にするとなんだか恐ろしい病気のように感じてしまいがちです。実際のところはどうなのか、詳しく見てみましょう。

[続きを読む]

保育園や幼稚園では病気が心配!

子どもが病気

子どもが大きくなってきて保育園や幼稚園に通うようになると、決まっていろんな病気をうつされてしまうことになります。これはどうしても避けては通れないもので、また免疫を得るために必要なことでもあります。どんなふうに臨めばいいのか、心構えや対策についてみてみましょう。

[続きを読む]

大切な子どもを事故から守る!こんなところに気をつけましょう

赤ちゃん事故

子どもは思ってもみないところで思ってもみない行動を取ることがあり、そうしたことが不慮の事故につながります。1歳以上の子どもの死因で最も多いのはこうした事故によるもので、病気による死亡を超えています。どんなところに注意したらいいのかについて少し見ていきましょう。

[続きを読む]

大丈夫?子どものひきつけ

ひきつけ

子どもが突然意識を失ってひきつけを起こした、というような話をよく耳にしますが、実際に我が子にそんなことが起きたら慌てふためいてしまいそうです。ここでは子どもが起こすひきつけについて、どういったことに注意すべきなのかを見ていきたいと思います。

[続きを読む]

赤ちゃんの視覚トレーニングに最適な赤ランプ

赤ランプ

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ目があまりよく見えておらず、明るいか暗いかが分かる程度です。しかし次第にものを見れるようになってきますので、そうなったら目の訓練をさせてあげましょう。

[続きを読む]

子どもが急病!市販薬についての注意点

市販薬

子どもが急に熱を出したりして病気になったけれど、すぐに病院に連れて行けないので市販薬を使いたい、ということはよくあるかと思います。市販薬には子ども用や幼児用と明記してあるものもありますが、実際のところはどんなふうに使えばいいのでしょうか。

[続きを読む]

折り紙があれば識別能力の訓練が簡単かつ最も効果的にできる!

折り紙

赤ちゃんは生まれたてのころはまだ目がよく見えませんが、1~2ヶ月もすると追視(興味のあるものを見つめ、その動きにつられて目を動かす行動)ができるようになってきます。そうなってきたら、いよいよ本格的な視覚の訓練に入っていきましょう。

[続きを読む]

赤ちゃんの鼻づまりには十分注意が必要!

赤ちゃんの鼻

赤ちゃんは脳がまだ未成熟な状態で生まれてきます。そして大きくなりながら脳の機能や神経細胞などを発達させていきます。この時に脳に送られる酸素が足りなくなるとこうした発達が妨げられてしまうことがあります。そんなふうに赤ちゃんが酸素不足にならないための注意点についてみていきましょう。

[続きを読む]

脳の発達において大事な地点となるのが3歳です

キーポイント

3歳というのは、脳の発達を考えるうえでの重要な地点と言えます。そして1歳半から3歳までの時期は、赤ちゃんの脳を成長させるために、夫婦で力を合わせて子育てをしていかなければならない、大切な時期なのです。3歳というこの地点は、脳の発達の視点から見るとどのような意味を持つのか、ご説明しましょう。

[続きを読む]

母乳、ミルク、結局どっちが良いの?授乳の基本を学ぶ

母乳とミルク

授乳には、母乳とミルクがありますが、どちらが良いのでしょうか?結論から言うと、どちらもにメリットがあります。母乳育児の方が良いという意見が一般的には多いようですが、ミルクにも良い点はあります。双方のメリット、注意点を正確に理解して適切な授乳を行えるようになりましょう。

[続きを読む]

知っておきたいトイレトレーニング

トイレ

2歳ぐらいになると、おしめが取れるようになる子どもが増えてきます。そうなるためにはトイレに行くための練習が必要ですが、どんな具合に練習を進めていったらいいのかについてまとめてみました。

[続きを読む]

これだけは知っておこう!3~4か月の赤ちゃんの最低限の知識

3~4か月の赤ちゃん

生後3~4か月の赤ちゃんはどのような状態なのでしょうか?この時期の育児のポイントは?この時期の子どもに関して、よく聞かれる気になる疑問なども説明していきたいと思います。

[続きを読む]

赤ちゃんの熱中症には注意してもし過ぎることはない!

熱中症

最近は夏場に猛暑になることも多く、赤ちゃんが熱中症になってしまわないか気になる方もあるかと思います。どんなことに気をつけるようにしたらいいのか少しチェックしてみましょう。

[続きを読む]

生後3ヶ月までは、お父さんと入浴はNG?

パパとお風呂

最近は意欲的に育児に取り組むお父さんも増えてきていて、赤ちゃんのおふろは全部お父さんまかせというところが増えてきているといいます。お父さんが育児に熱心なこと自体は大変いいことですが、生後すぐの赤ちゃんのおふろはお父さんだけではなくお母さんにも担当してもらいたいところ。それはどうしてなのかを見ていきましょう。

[続きを読む]

赤ちゃんの体のお手入れ。汚れがたまりやすい場所は?

汚れ掃除

毎日沐浴していても、目や耳、おへそなど、細かい部分には汚れがたまりがち。それほど頻繁に行わなくても良いのですが、ちょっとした刺激でかぶれたり、すぐに汚れがたまったりするのが、赤ちゃんの肌ですので、気が付いたらお手入れをしてあげましょう。

[続きを読む]

赤ちゃんの指しゃぶりは、脳の発達に必要不可欠!指しゃぶりの原因・理由、デメリット、いつまでOK?、やめさせ方等

指しゃぶり

よく、赤ちゃんが指をしゃぶっているのは何か不安があったり、ストレスを感じているためだ、というようなことが言われます。そのため、赤ちゃんが指をしゃぶっているのを見ると心配になるお母さんもいると思いますが、むしろ成長のために必要な指しゃぶりもあります。赤ちゃんの指しゃぶりについて詳しく見ていきましょう。

[続きを読む]

赤ちゃんの運動の発達で不安になったら・・・

不安

最近赤ちゃんに関する育児情報などが増えてきていますが、そこにある情報と自分の子どもの状況が違うと不安になってしまうという方もいらっしゃるようです。特に赤ちゃんが寝返りをしたとかお座りができるようになったといった、運動の発達に関する部分では不安が大きくなりがち。そのあたりを少し見ていきましょう。

[続きを読む]

突然○○した!赤ちゃんの「突然」を紐解く

驚く

子どもを育てていると時々、赤ちゃんが突然成長を見せることがあり、びっくりするものですね。でもそれは大人サイドからの見方であって、赤ちゃんにとっては非常に自然なことなのです。

[続きを読む]

きほんのき!はじめての「おむつ交換」

おむつ交換

出産はじめての方向けに、おむつの基本知識とおむつ交換のやり方を簡単にまとめました。それほど難しくないと思われがちな「おむつ交換」ですが、外出先でスムーズにできるか?、赤ちゃんが大きくなって動きが激しくなったら?、赤ちゃんの機嫌を損なわずにできるか?、など突き詰めると奥が深いです。しかし、まずは基本をしっかりマスターすることが重要です。

[続きを読む]

原始反射を利用して脳トレをする方法

原始反射

赤ちゃんは原始反射と呼ばれる反射による行動を取ります。この原始反射のうちいくつかを利用して赤ちゃんに運動をさせ運動能力をつけることができるだけでなく、そうすることで赤ちゃんの脳の発達にもいい影響を与えることができます。

[続きを読む]

赤ちゃんがあまりしゃべらなくて不安になったら・・・

しゃべる赤ちゃん

お母さんは自分の子どもの成長がどうしても気になるもの。周りの子がもう話したというような話を聞いているのに自分の子どもがまだしゃべらない、となったら心配でたまりませんよね。ここではそんな、ちょっと言葉が遅いかもしれない・・・なんて思ったときに知っておきたいことについて見てみたいと思います。

[続きを読む]

警告!テレビやDVDでは脳をしっかりと育てることができない!

テレビ鑑賞

幼児番組や、幼児を対象としたDVD・ビデオ教材はたくさんあります。実際、子どもたちはこれらを見ると、目が釘づけになりますし、笑ったり、真似したり、しゃべったりと、様々な反応を見せることもあります。では、テレビやDVDなどがあれば、子どもの脳はきちんと育つのでしょうか?

[続きを読む]

沐浴はいつやるか?毎日でしょ!

沐浴

はじめての沐浴は誰しも完璧にできるものではないです。緊張してなかなかうまくできないと思いますが、数日経てば慣れてきます。はじめの不安を取り去るためにも、ポイントと方法を押させておきましょう。慣れてくると沐浴タイムが楽しくなってくるはずです。

[続きを読む]

母乳とミルク、脳の発達に良いのはどっち?

母乳と哺乳瓶

赤ちゃんが生まれてから最初に学ぶことは、お母さんのおっぱいをさがすことです。赤ちゃんがどんなふうにこの最初の学びを行っているのかについて見ていくとともに、母乳とミルクはどっちが良いのか考えていきたいと思います。

[続きを読む]

赤ちゃんの口の中がヘン・・・これは異常?

赤ちゃんの口

赤ちゃんの体には成長する過程でいろいろなことがおきますが、その中から口の中に注目して、心配しなくてもいいものと治療した方がいいものについて見ていきたいと思います。

[続きを読む]

朗読CDがあれば、それで読み聞かせはOKか?

ラジカセ

私たちは、子育てに関して「これが良い」という情報を聞くと、ついそこだけをとらえてのめり込んでしまいがちですね。良いというものを聞いたら、ぜひもう少し詳しく知ってみてください。早合点していることもあるかもしれませんよ。この点を読み聞かせについて見ていきましょう。

[続きを読む]

あまりに基本的な抱っこのポイントと方法

抱っこ

抱っこは、人間を含めた哺乳類にとってリラックスできるあまりに基本的な行動と言われています。野生の動物が赤ちゃんをくわえて歩いているのをテレビなどで見たことがあるかと思います。これ実は、抱っこなのです。この時、赤ちゃんはとてもリラックスしています。人間も哺乳類ですからこの本能がインプットされているわけです。赤ちゃんの気分を安定させる抱っこについて説明していきたいと思います。

[続きを読む]

お母さんのスキンシップは、安心感だけではなく脳も発達させる

スキンシップ

動物の赤ちゃんに比べて人間の赤ちゃんはだいぶ未成熟な状態でこの世に生を受けます。そんな人間の赤ちゃんが脳を発達させていくために必要となってくる最初期の刺激とはどういったものなのでしょうか。

[続きを読む]

赤ちゃんがアレルギーだと分かったら、どう対応するのが正解か?

三大アレルゲン

赤ちゃんがアレルギー持ちだということが分かると、お母さんにとっては心配の種が1つ増えてしまいますよね。赤ちゃんがアレルギー持ちだったときにどのように対応したらいいのかをチェックしてみましょう。

[続きを読む]

言語を身につけるには大事な時期を逃さないこと

喋る

何もしなくても赤ちゃんは次第に言葉を話すようになる。そう思っていませんか?実はそれは間違いです。人間が言葉を得るためには、それ相当の刺激を脳に与える必要があり、また、その時期も非常に重要になってくるのです。

[続きを読む]

読み聞かせは両親の脳にも良い影響を与える!

脳に良い影響

赤ちゃんは、読み聞かせをしてもらうことで、将来言語獲得をするための大事な下地ができます。しかし読み聞かせは、子どもにとって良いだけのものではありません。読み聞かせをしている親の脳の活動までも、活発にさせるのです。

[続きを読む]

いよいよ離乳食を食べてもらおう!

離乳食を食べる赤ちゃん

産まれてから5~6ヶ月ぐらいになったら、いよいよ離乳食にチャレンジするころです。離乳食をどんなふうに始めていけばいいのかチェックしてみましょう。

[続きを読む]

生後9か月の子どもに対する父親の関わりは、読み聞かせがおすすめ

読み聞かせ

生後9か月ころといえば、授乳の回数が減っていく時期と重なっています。ここからは、母親と子どもだけの世界に、父親が大いに入っていってほしい時期になります。しかし、母親と子どもの強いきずなの中に、どうやって父親が入っていけばよいのでしょう。それにはやはり、段階というものがあります。始めのステップは、「読み聞かせ」です。

[続きを読む]

これだけは知っておこう!1~2か月の赤ちゃんの最低限の知識

1~2か月の赤ちゃん

生後1~2か月の赤ちゃんはどのような状態なのでしょうか?この時期の育児のポイントは?この時期の子どもに関して、よく聞かれる気になる疑問なども説明していきたいと思います。

[続きを読む]
1 / 212

このページの先頭へ