facebook Twitter Google+ はてなブログ feedly

「子育て」の記事一覧(2 / 31ページ)

対人関係に悩む子供たち

対人関係に悩む子供

自分の体が臭っているのではないかといったように、実際にはそんなことはないのに本人だけが強固な思い込みを抱いてしまう疾患があります。自己臭妄想症と呼ばれ、思春期の子供がなることのある妄想症の一種です。こうした症状は、対人関係の悩みが症状となって現れてしまったものですが、その実態について見てみましょう。

[続きを読む]

摂食障害になる子供が増えている

拒食症の子供

昭和50年代ごろから、思春期の子供たち、特に女子の間で摂食障害を患う子供が増えてきました。摂食障害はいわゆる先進国と呼ばれる国々で多く見られる疾患で、バックグラウンドには痩せ志向や美食にふける風潮、そしてコンビニエンスストアの出現といったものがあるとされています。

[続きを読む]

一人っ子長男の恋愛・結婚を考えよう!

一人っ子長男の結婚

一人っ子長男とは、長男でなおかつ一人っ子である人のことをいいます。昨今、世の男性の大半が長男です。そして、一人っ子である割合も非常に高くなっています。一人っ子長男の恋愛において、どのような女性が合うのか、また、一人っ子長男を育てる上で、どのように関わればいいのかを見ていきましょう。

[続きを読む]

効果が確実な子供の貧困対策を探せ!

効果的な貧困対策で救われた子供

子供の貧困対策には様々な方法がありますが、どれが最も効果的なのでしょうか?日本ではまだ、その因果関係を明らかにするための研究が進んでいません。そこで、海外で行われた3つの研究事例をご紹介します。そこには、幼児期の教育によってその後の長い人生を豊かに送る、解決のヒントが散りばめられています。

[続きを読む]

子供が不登校になってしまったら・・・

不登校の子供

思春期になると、子供の体や心には大きな変化が生じてきます。この時期はこうした変化が一生の中で一番たくさん起こる時期です。こうした変化は体や心のアンバランスを招き、感情面で不安定になったり、自立心の芽生えによって大人とその社会に対して反発を覚えたりと、この時期に特徴的な精神的動きを示します。いわゆる「不登校」が急に増えるのもこの時期です。

[続きを読む]

子供の貧困、脱出の鍵は非認知能力

子供の貧困からの脱出

子供の貧困は、放っておくと日本の経済基盤を危うくしかねない問題であることが、近年の調査から明らかになってきました。

連鎖構造を持つ子供の貧困問題を解決するために必要なのは学力向上だけではありません。IQに関係なく個人に備わった「非認知能力」こそ貧困脱出の鍵と考えられています。子供が自立していく過程で必要とする「力」、その要素を整理して考えてみたいと思います。

[続きを読む]

毒親から解放されるための糸口

毒親

毒親に育てられた人は「毒親に育てられたから○○することができない」と思いながら生きていくしかないのでしょうか。毒親から解放されることは無いのでしょうか。いろいろな角度から毒親から解放される糸口を探ってみましょう。

[続きを読む]

思春期男子の体には、こんなことが起こっている

思春期の男子

思春期の子供の体には一体どのようなことが起こっているのでしょうか。それは、科学的にも解明されています。年齢的にはまだまだ子供ですが、肉体的にも、精神的にも、少しずつ大人へと近づいていく時期で、時には扱いに困ることもあるかも知れません。科学的に子供の体にはどのようなことが起こっているのか、見ていきましょう。

[続きを読む]

子供の話をよく聞けば、小学生時代の親子関係はばっちり!

親子で会話

幼稚園・保育園と小学校では、子供を取り巻く環境はかなり違います。そんな中で子供はストレスを感じるようになります。また、小学生になると学校での子供の姿が見えず、よく分からないことが増えてくるというのも大きな違いでしょう。小学生の子供の心と親子関係を安定させるために、良い方法があります。それは、子供の話をよく聞くことです。

[続きを読む]

毒親と普通の親の違いとは?

毒親

子育てをしている間に子供の心身に悪影響を及ぼしてしまう毒親。しかし、親も悪影響を与えたくてそのような育て方をしているわけではありません。また、大人になってから、自分は毒親に育てられたと主張する子供側の気持ちもわかりますが、果たしてその親は本当に毒親だったのでしょうか。普通の親と毒親の違いをケースごとに探っていきます。

[続きを読む]

このページの先頭へ