「教育・学習」の記事一覧(5 / 10ページ)

0の0乗の正解がネット検索しても見つからないので作成した。

0の0乗はいくらでしょうか?

0の0乗はいくらですか?
正しい解答を答えられますか?

事の発端は、昨年2月の読売新聞に「0に0をかけると0だが、0を0乗すると1になる」と書き始め、学力低下について批評した記事が出回ったところから始まります。これについて、「バカなことを言うな」「間違っていますよ」「最近はそう教えているの?」・・・などとネット上で論争が爆発しました。

[続きを読む]

子どもが進んで宿題を終わらせるために有効な方法!

宿題をする小学生

「うちの子宿題もせず、遊んでばっかりで困っちゃう」という親御さん多くいるのではないでしょうか。やるべきことをやってほしいという気持ちの表れですが、親の心子知らずとはよく言ったものです。では、どうすれば子ども自身が進んで宿題をやるようになるのでしょうか?

[続きを読む]

いろいろなことを楽しめる女の子は学力も上がる?

お手伝いを楽しむ女の子

勉強というのは基本的に嫌なものですが、嫌嫌勉強をしてもあまり学力は伸びません。できれば子どもが勉強に楽しさを見いだせるようにした方がいいわけですが、それにはどうすればいいのでしょうか。

[続きを読む]

0歳から始める勉強習慣

子どもに勉強習慣を付けさせる

小さいお子さんにとって、毎日の生活は常に学習の場になっています。しかし、よく「自分の子どもは勉強ができない」「どうやったら勉強してくれるのかしら?」など親御さんの声を耳にする機会が多いと感じます。実際、子どもの学習習慣はどのように形成していけばいいのかご紹介していきたいと思います。

[続きを読む]

楽器を習うと子どもの忍耐力は鍛えられる!

ピアノを弾く子ども

誰かの演奏を見た子どもが、自分も楽器を習ってみたいと言い出すことがあります。そして子どもがそう言った時こそ、子どもに忍耐力をつけさせるための絶好のチャンス。楽器を習うことでどうして忍耐力がつくのか見てみましょう。

[続きを読む]

子どもに外国語を学ばせる時のポイント

子どもに外国語を学ばせる

最近、日本では英語を早くから子どもに学ばせることが「当たり前」のようになりつつあります。これは英語を習得するには適応力の高い乳幼児期からにしたほうがいいという考え方によるものですが、実際のところはどうなのでしょうか。

[続きを読む]

女の子には受験勉強期にも習いごとは続けさせましょう

ピアノ

子どもの勉強について話を聞くと、いい学校に進学したければ脇目も振らず勉強し、それ以外のことは進学してからすればいいという意見を述べる親は結構います。そうした親は受験が近づくと子どもの習いごとなどをやめさせてしまいますが、それは果たしていいことなのでしょうか。

[続きを読む]

自分らしく、人間らしく生きるために勉強しよう!

自由に勉強

学校での勉強をしていると「今学んでいることは、大人になって何の役に立つのだろう。生活していく上で必要なことなのだろうか」と思うことがあるはずです。確かに、大人になった時の自分の生活に、直接的に結びつかないことも多いでしょう。ですが、より自分らしく生きたい、人間らしく生きたいと考えるのであれば、やはり勉強しなければならないのです。

[続きを読む]

上手な記名の仕方にはたくさんのメリットがある

記名

小学校のクラスの問題として、小さいかもしれないけれど担任の先生の頭を悩ませることが多いもの…それは、落し物の問題かもしれません。記名があればすぐに持ち主が見つかるので問題ないのですが、記名がない落し物が多いからこそ、厄介なのです。もしもこれらの落とし物に名前がきちんと書かれてあったなら…。子どもの教育の中ではあまり特筆されることのない、この「記名」という作業について、少し注目してみましょう。

[続きを読む]

ちょっとした工夫で子どもの成績は上がる!

工夫

楽して成績を上げることなどできない。それは当然のことですが、ほんのちょっとしたひと手間を知らないがために、成績が伸び悩んでいることもあるのです。一生懸命勉強しているにもかかわらず、なかなか成績が上がらないのであれば、そのひと手間とは何かを知るとよいかもしれませんよ。

[続きを読む]

このページの先頭へ