「教育・学習」の記事一覧(5 / 9ページ)

子どもに外国語を学ばせる時のポイント

子どもに外国語を学ばせる

最近、日本では英語を早くから子どもに学ばせることが「当たり前」のようになりつつあります。これは英語を習得するには適応力の高い乳幼児期からにしたほうがいいという考え方によるものですが、実際のところはどうなのでしょうか。

[続きを読む]

女の子には受験勉強期にも習いごとは続けさせましょう

ピアノ

子どもの勉強について話を聞くと、いい学校に進学したければ脇目も振らず勉強し、それ以外のことは進学してからすればいいという意見を述べる親は結構います。そうした親は受験が近づくと子どもの習いごとなどをやめさせてしまいますが、それは果たしていいことなのでしょうか。

[続きを読む]

自分らしく、人間らしく生きるために勉強しよう!

自由に勉強

学校での勉強をしていると「今学んでいることは、大人になって何の役に立つのだろう。生活していく上で必要なことなのだろうか」と思うことがあるはずです。確かに、大人になった時の自分の生活に、直接的に結びつかないことも多いでしょう。ですが、より自分らしく生きたい、人間らしく生きたいと考えるのであれば、やはり勉強しなければならないのです。

[続きを読む]

上手な記名の仕方にはたくさんのメリットがある

記名

小学校のクラスの問題として、小さいかもしれないけれど担任の先生の頭を悩ませることが多いもの…それは、落し物の問題かもしれません。記名があればすぐに持ち主が見つかるので問題ないのですが、記名がない落し物が多いからこそ、厄介なのです。もしもこれらの落とし物に名前がきちんと書かれてあったなら…。子どもの教育の中ではあまり特筆されることのない、この「記名」という作業について、少し注目してみましょう。

[続きを読む]

ちょっとした工夫で子どもの成績は上がる!

工夫

楽して成績を上げることなどできない。それは当然のことですが、ほんのちょっとしたひと手間を知らないがために、成績が伸び悩んでいることもあるのです。一生懸命勉強しているにもかかわらず、なかなか成績が上がらないのであれば、そのひと手間とは何かを知るとよいかもしれませんよ。

[続きを読む]

子どもの頭をよくするには読書が重要

読書

昔から、読書は勉強の基本であると言われています。これは洋の東西を問わずどこでも言われていることのようです。実際、読書をたくさんすることでさまざまな知識が手に入り、子どもの知能も向上していきます。子どもを読書好きに育てるためのやり方を見ていきましょう。

[続きを読む]

勉強することそのものに意味を見いだせれば、勉強が好きになる!

知は力

多くの子どもが抱く疑問、「どうして勉強しなくちゃいけないの?」。でも、そもそも勉強というのは、すればするほど夢中になり、やめられなくなってしまうものなのです。どうすればそのように勉強に取り組めるようになるのか。それは、勉強することそのものに意味があるのだということに気づけばいいのです。

[続きを読む]

脳の仕組みと働かせ方を知って成績をアップ!

脳を働かす

子どもの成績をアップさせるためには、まずは下地作りが大事です。親が子どもを丸ごと認め、愛情を注ぐこと。子どものやる気を引き出し、育てること。親自身が学ぶ姿勢を忘れず、自分自身の価値観をしっかりと持つこと。つまり、子どもが勉強する上での下地作りは、親にかかっていると言えるのです。これをしっかり理解し、子どもに向き合っていきましょう。下地作りができたら、次は具体的な方策です。実は、脳の仕組みを知り、上手に働かせていれば、子どもの成績は必ずアップしていくものなのです。ご一緒に考えていきましょう。

[続きを読む]

国語力は親との会話から成長する

親子で会話

最近の入試や採用試験などの傾向を見ても分かるとおり、自分の言葉で自分の考えを表現することができる人物が求められています。子どもにそういった力をつけさせるため家庭でどんなことができるのかを見てみましょう。

[続きを読む]

頭が良い子どもの特徴とは

頭の良い子

成績優秀な子どもには、共通した特徴があります。その特徴には、あなたのお子さんの成績を上げるためのヒントが隠されているはず。ご一緒に考えていきましょう。

[続きを読む]

このページの先頭へ