facebook Twitter Google+ はてなブログ feedly

女性なら皆憧れる赤ちゃん肌、実はブツブツたくさん?

Pocket
LINEで送る

赤ちゃんの肌

赤ちゃんや小さい子どもの場合、成人よりも皮膚が薄く、また皮膚に水分が多く含まれているという特色があります。この水分は蒸発しやすく、室内の空気が乾燥しているようなときにはすぐにお肌がかさついてしまうというのもまた特徴的です。

 

赤ちゃんは肌荒れが普通

赤ちゃんの皮膚というと「赤ちゃん肌」というような言い方もあるぐらいで、つるつるスベスベしているような印象があります。しかし実際のところはそうではなく、大人に比べても乾燥しているのが本当のところです。このため赤ちゃんのお肌といっても完全にスベスベではなく、どこかしらぶつぶつが出ていたりかさついていたりします。

 

では、赤ちゃんの皮膚にぶつぶつを見つけたり、あるいはかさついているのに気がついたようなときにはどうすればいいのでしょうか。こういった場合、少しお肌が赤くなっているだけで赤ちゃんがかゆがったりしていなければ何もする必要はありません。

 

赤ちゃんのお肌のトラブルというと、頻繁にでてくるあせもがあるかと思います。赤ちゃんは汗が出る汗腺が大人よりも密度が濃い状態で分布しているだけでなく、もともと汗っかきです。このため汗腺の出口がふさがりやすくなり、ふさがった影響であせもが出るのです。

 

こうしたあせもについても、赤ちゃんがかゆがっていなければ大丈夫です。赤ちゃんが汗をかいたら、ぬれたガーゼやタオルなどでこまめにふきとってあげたり、シャワーでサッと洗い流してあげるといいでしょう。汗腺の出口をふさがないよう、肌を清潔にしておくことです。

 

赤ちゃんやこどもにつきもののお肌トラブル

かさつきやあせものように見えても、赤ちゃんがかゆがっていたり、皮膚から何らかの分泌物があるような場合には放っておいてはいけません。かゆいために赤ちゃんがひっかいたりするなどして炎症がひどくなったところに細菌が悪さをすればよりひどいお肌トラブルに発展しかねないからです。

 

そういった形で起こる病気としてはとびひであったりおできであったりがあります。とびひもおできも細菌が原因となって起こる病気です。とびひやおできができたときには抗生物質を用いて治療をする必要がありますので、早めにお医者さんに診てもらうようにしましょう。

 

赤ちゃんの皮膚は大人の皮膚よりもかなり薄くデリケートになっています。このためお風呂などで体を洗うときにもあまりゴシゴシやらないようにしてあげる必要があります。あまりゴシゴシやり過ぎると必要な皮脂分までがすぐに落ちてしまい、さらにお肌がかさつくようになるからです。赤ちゃんの体を洗うときには手で石けんを泡立て、その泡を使って優しく洗ってあげるようにします。

 

また、皮膚が弱い赤ちゃんや子どもは低温やけどを起こすことも多いですし、普通の火傷であっても大人よりも症状が重くなりやすいので注意するようにしましょう。

Pocket
LINEで送る

先輩ママさん5万人調査!育児期(4ヶ月以上ベビー)に買ったものランキング

このページの先頭へ