facebook Twitter Google+ はてなブログ feedly

発表します。腹部が張る時に注意すべき張りとそうでない張り

Pocket
LINEで送る

お腹の張り

妊娠中によく起きるおなかの「張り」。自覚症状としては、腹部がかたく盛り上がったように感じたり、突っ張るような感じを受けたり、重苦しい感じを受けたりすることがあります。これについて詳しくみていきましょう。

 

妊娠中の腹部の張りについて

妊娠中におなかが張る原因は、子宮の筋肉が緊張して収縮することです。妊娠中特有の症状であるため、定期検診で医師から言われるまでおなかが張っていることに気づかなかった、というようなケースもままみられます。

 

このようにしておなかが張ってきた場合の対処法としてはいくつかあります。まず疲労によっておなかが張っているようなときには、無理をするなというサインだと思って暫く横になって休むようにしましょう。

 

また、外出しているときにおなかが張ってきたような時には、なるべくはやく休める場所を探して休憩を取るようにしてください。

 

なお、経験したことのないような痛みを伴う場合や、生理の時のような痛みを伴う場合には産科に行くようにしてください。この時出血も見られるようであれば流産の危険が迫っているかもしれませんので、可能な限り早く産科にいくべきです。

 

注意すべき張りとそうでない張り

妊娠中に起こるおなかの張りですが、あまり心配のいらない張りと危険の兆候を教えてくれている張りとがあることを知っておきましょう。

 

妊娠のはじめのころには子宮が広がりますが、この過程で子宮の筋肉が伸びたり子宮を支えている組織が引っ張られたりすることによっておなかの張りが起きることがあります。

 

こうした張りは普通のものですので、特に問題がないことが多い張りです。こうした張りの場合には、体を横たえてしばらく様子を見ているとだんだんとおさまってくるのが普通です。

 

一方、横になって安静にしてもいっこうに張りがおさまらないような場合や、おなかの張りが周期的に来るように感じる場合、経験したことのないような痛みを感じる場合、あるいは出血が見られるような場合には注意が必要です。

 

こういった種類のおなかの張りがある場合には可能な限り速やかに産科に行くようにします。切迫流産の兆候である可能性があるからです。

 

産科ではエコー検査などで胎児の状態を確認して、その結果によって処置をしてもらうことになります。

Pocket
LINEで送る

先輩ママさん5万人調査!妊娠初期に買ったものランキング

このページの先頭へ