facebook Twitter Google+ はてなブログ feedly

安産のためにやるべき2つのこと!

Pocket
LINEで送る

安産体操

出産が近づいてお腹が大きくなってきたら、安産につなげるために準備を始めるようにしましょう。具体的には、そのために簡単な体操をするようにします。

 

日々の体操で安産を目指そう

出産の際には骨盤の底に位置する骨盤底筋という筋肉を使うことになります。このためここの筋肉を鍛え、また産道や股関節の周辺にある筋肉も柔らかい状態にしておくと安産につなげることができます。

 

こういった体操は日々行っていくと効果が上がるものなのですが、この時期にはお腹が張ったり頭痛がしたりと体調が悪くなることが多いのもまた事実。そういったときには無理をしないで体操も休んでも構いません。

 

体調がすぐれないときや食前食後などもこうした体操をするには向かない状態ですので、ゆったりとできる時を見つけて実践するようにしてください。

 

 

骨盤底筋を鍛える体操のやり方

まず、背中を付けるように横になり、膝を立てます。そして腕を体の横に伸ばして床につけるようにします。この時、手のひら側を床に付けるようにしてください。

 

次におしりの穴を締めながら息を吸い込みます。そして吸い込んだ息をゆっくりと吐き出しますが、この時に床についている腰を上に持ち上げて浮かせ、そのまま10数えます。

 

数を数え終わったら息を吐き出しつつ腰を床に落とします。ここまでの動作を1セットとして10回行ってください。

 

 

股関節を柔らかくする体操のやり方

まず、あぐらを組んで床に座ります。背中は伸ばし、手は膝上にのせてください。そしてその体勢から、足の付け根にある筋肉を伸ばすようなイメージで手で膝を押し下げます。

 

この状態で5数え、手の力を緩めます。ここまでの動作を1セットとして10回行ってください。

Pocket
LINEで送る

先輩ママさん5万人調査!妊娠後期に買ったものランキング

このページの先頭へ