facebook Twitter Google+ はてなブログ feedly

赤ちゃんが心地いいと感じる部屋の二大条件

Pocket
LINEで送る

赤ちゃん部屋

赤ちゃんが心地いいと感じる部屋を準備してあげましょう。万一早産になってしまってもいいように今のうちからきちんと準備しておくことが必要です。赤ちゃんの部屋の条件について説明していきます。

 

清潔で安全な部屋を用意する

赤ちゃんの部屋は、清潔さ安全であることを重視するようにします。

 

大人と違い、赤ちゃんの体の温度調節機能はまだ未発達です。このため、赤ちゃんはちょっと温度が上がり下がりするだけで不快に感じます。暖房や冷房を使って室内が22℃から26℃程度になるように調整してください。

 

なお、空調から出る吹き出しが赤ちゃんに当たらないように位置を整えることも大事です。換気はこまめに行うようにし、空気が乾燥するようなときには加湿をすることも考えてください。

 

また、なるべく日のさすような部屋の方がいいのですが、やはり日光に直接照らされるようなことのないように位置を考えることが大事です。それから騒がしい部屋も避けてください。

 

危ないものは遠ざけよう

誕生したての赤ちゃんが不幸にして事故死する場合、その原因で最も多いものは窒息死となっています。このころの赤ちゃんは自分の顔に覆い被さったものを手で払いのけることができないためです。

 

このため、部屋の中で高いところにおいてあるようなもので、万が一落ちてきたり風で飛ばされそうなものがあったら可能な限り取り払っておいた方がいいでしょう。

 

また、赤ちゃんが触ってしまいかねないようなものがベッド近くにあるような場合は、念のためそういったものも取り払っておくようにします。

 

いつもきれいにしておこう

赤ちゃんの体はまだ未熟で、大人よりも抵抗力がありません。このため、いつも以上に部屋の中をきれいにするようにして、ダニやカビなどが出ないように気をつけることが大事です。

 

また、家の中でペットを飼っているようなお宅の場合、赤ちゃんとペットが接触するようなことがないように何らかの対策が必要です。

 

なお、赤ちゃんのお肌はかなりデリケートであるため、お肌に直接触れるベッドやシーツなどについても無害な素材を使った製品を選ぶようにしましょう。

Pocket
LINEで送る

先輩ママさん5万人調査!妊娠後期に買ったものランキング

このページの先頭へ