Pocket
LINEで送る

小さな子どもの脳は高い柔軟性を持っている

脳

脳に障害がある子どもが、周囲や医師などの見立てに反してときどき驚くべき発達を示すことがあります。こうしたことが起きるのはなぜなのでしょうか。

[続きを読む]

得意科目への取り組みが子どもの学力を伸ばす

得意科目

自分の子どもに得意な教科と苦手な教科があったとします。親としては得意な教科はそのままに、苦手教科を頑張って点数を上げて欲しいと思うところですが、そうするためにはどんなふうに勉強させたらいいのでしょうか。

[続きを読む]

不規則な睡眠が子どもに悪影響を与える

夜更かし

遅くまで大人と一緒にTVを見たりして夜更かししている子どもは増えてきていますが、こういった子どもはきれいな三角形を描くことができないなどいろいろな問題を持つ度合いが多いというショッキングな調査があります。子どもと睡眠の関係について見ていきましょう。

[続きを読む]

女子の学力を伸ばしたければ、「なるべく早く」「地道な努力」を!

女子は勉強

親であれば誰しも、子どもの学力を伸ばしたいと思っていると思いますが、実は子どもが男の子か女の子かによってやり方を変えた方が効果があるとされています。ここでは特に女の子に絞って、どんなふうにしたら学力を伸ばしやすくなるのかについて見ていきましょう。

[続きを読む]

知ったかぶりする子は敬遠されがち?

知ったかぶり

知識がある人と教養がある人というのは同じようでいて大きな差があります。そして知識「だけ」しか持っていない人は時に周囲から煙たがられ、馬鹿にされることすらあります。子どもがそんな「知ったかぶり」になってしまわないために、2つの違いについて見てきましょう。

[続きを読む]

子どもを受験産業の犠牲者にしないために

受験

最近の子どもたちは中学校でも私立校を受験するなど、小さいころからかなり忙しく勉強をしています。そうやってハードなスケジュールをこなす中で、「壊れて」しまう子どもたちも見られるようになってきています。自分の子どもが「壊れる」ことなく、しかし学力を上げるためにはどうすればいいのでしょうか。

[続きを読む]

ストレスをためる子どもたち

ストレス

近ごろ、ストレスが引き金となって病気を発症したり、あるいはストレスで病気を悪化させてしまう子どもたちが増えています。こうした症状はまとめて心身症といわれますが、中には1年間でのべ1500人もの心身症の子どもが受診する病院もあるというから驚きです。そうした子どもはどんなことがストレスとなって心身症を起こしてしまっているのか少し見ていきましょう。

[続きを読む]

周りから大事にされる女の子を育てるにはマナーが大事!

マナー

子どもを、特に女の子の才能を伸ばしたければありのままの自分に自信を持たせ、肯定感を抱かせることです。そのためには周囲の人がきちんと愛情を示し大事にすることが必要になってきます。親が我が子を大事にするのはいいとして、周囲の人に大事にされる子どもに育てるにはどうしたらいいのかを見ていきましょう。

[続きを読む]

勉強中・外出中いつもイヤホンで音楽は考えもの?!

イヤホン

勉強をする時に集中できるようにということでイヤホンをして音楽を聴きながら勉強するというスタイルの子どもが増えてきています。しかし、そのようにしているとなかなか学力が伸びないという専門家の意見があります。そのあたりについて少し見ていきましょう。

[続きを読む]

男の子はよく遊んだ子の方が優秀になる?

遊ぶ男の子

最近では幼児教育の必要性が声高に叫ばれ、子どもが小さいころから幼児教室に通わせたり習いごとをさせたりする家庭が増えてきています。子どもが小さいころからこうした教育をするのははたして効果があるものなのでしょうか。

[続きを読む]

このページの先頭へ