facebook Twitter Google+ はてなブログ feedly

サイト内を検索できます

出産育児一時金はどう受給するか

出産育児一時金

出産育児一時金は、健康保険に入っている場合に、子どもを産んだときに受け取ることのできるものです。健診費用、分娩費、産科への入院の費用など、出産に関わる費用の中で健康保険が使えないものを補助するために設けられています。どうやって受け取るのかなど、少し詳しく見ていきましょう。

[続きを読む]

TPOにあわせた振る舞いのできる子どもは頭が良くなる

礼儀作法

一口に子どもと言ってもいろんなタイプの子どもがいて、行儀良い振る舞いがきちんとできる子どもと、そうした振る舞いがまるでできない子どもとがいます。こうした差はどんなことに基づいて現れてくるのでしょうか。

[続きを読む]

子どもが飽きっぽくて落ち着きがない。これって病気?

落ち着きのない子供

3歳ぐらいの子どもを持つお母さんで、子どもが気が散りやすいとか、少しもじっとしていられないとかいうことで心配をされておられる方がけっこういらっしゃいます。中には何か病気があるのではないかとか、障がいがあるのではと心配される方も。このくらいの子どもはどれぐらい「落ち着いて」いるものなのでしょうか?

[続きを読む]

勉強ができる子になるための具体的な勉強法

勉強法

勉強ができるようになるには、勉強している内容が頭に入りやすい環境を整えるとか、勉強する習慣づけをするとか、いろんな工夫があると思います。でも、実際勉強している子どもにとって(またはその親にとって)より切実に知りたいのは、もっと具体的な勉強方法なのではないでしょうか。様々な悩みに対する具体的な解決法を、いくつかご紹介したいと思います。

[続きを読む]

これからの社会では自分の意見を言える女性が求められる

自己主張できる女性

現代社会は、男女を問わず自主性が求められる世の中になってきています。こうした自主性というものは大人になってから磨こうと思ってもなかなかできるものではなく、子どものころにどんなふうに育ったかによって大きな影響を受けます。自主性ある子どもを育てるためにはどうすればいいのでしょうか。

[続きを読む]

子どものおねしょが治らなくて不安・・・

おねしょ

子どもが3歳から4歳になったのにおねしょが治らないと気にしているお母さんはけっこういらっしゃいます。子どものおねしょは、どれぐらいまでにしなくなるものなのでしょうか。

[続きを読む]

子どもの「勉強しなければいけないのはなぜ?」の疑問に答える前に

疑問

たいていの子どもは一度くらい、「勉強しなくちゃいけないのはどうして?」というような疑問を親にぶつけてくるものです。そんな時、親はきっと、子どもが納得する答えを言わなくては、と思うことでしょう。でもちょっと待って。その前に少し考えてみましょう。親は子どもを納得させるような答えを、本当に出してあげなければいけないのでしょうか…?

[続きを読む]

家事手伝いをする男の子を育てる!

家事手伝い

昔とは違い、最近では男性でも家事能力を問われる世の中になってきています。自分の子どもを家事ができるようにしつけるのは簡単なことではありませんが、それでもさまざまなメリットを得ることができます。どんなふうに家事を手伝わせればいいかについて見ていきましょう。

[続きを読む]

子どもの忘れ物、叱る前に工夫をしよう

忘れ物

子どもの忘れ物の多さに悩んでいませんか?同じ悩みを持っている親御さんは少なくありません。「忘れ物をして『困った』という気持ちにならなければ治らないから、もうあきらめて子どもに任せる」という方も多いと思いますが、あきらめる前にこれから紹介する方法を試してみませんか?親がほんの少し工夫するだけで忘れ物がなくなることが多いのです。

[続きを読む]

言うことを聞かない男の子には少々冷たく

冷たい態度

毎日口を酸っぱくして言っているのに、子どもがなかなかいうことを聞かない……。これは世の親が共通して悩んでいることではないかと思います。特に男の子は理詰めで納得しないとなかなか聞き入れませんし、理屈っぽく話したからといって通じるとは限らないという面もあります。そんな時にどんなふうに対処すればいいのでしょうか。

[続きを読む]

このページの先頭へ