facebook Twitter Google+ はてなブログ feedly

サイト内を検索できます

脳の発達において大事な地点となるのが3歳です

キーポイント

3歳というのは、脳の発達を考えるうえでの重要な地点と言えます。そして1歳半から3歳までの時期は、赤ちゃんの脳を成長させるために、夫婦で力を合わせて子育てをしていかなければならない、大切な時期なのです。3歳というこの地点は、脳の発達の視点から見るとどのような意味を持つのか、ご説明しましょう。

[続きを読む]

体温がおかしい子どもたち

体温計

昔に比べ、最近の子どもたちの体温を調べるといわゆる平熱である36℃台になく、35℃台であったり37℃台であったりする子どもが増えてきています。その原因と影響について少し見ていきましょう。

[続きを読む]

母乳、ミルク、結局どっちが良いの?授乳の基本を学ぶ

母乳とミルク

授乳には、母乳とミルクがありますが、どちらが良いのでしょうか?結論から言うと、どちらもにメリットがあります。母乳育児の方が良いという意見が一般的には多いようですが、ミルクにも良い点はあります。双方のメリット、注意点を正確に理解して適切な授乳を行えるようになりましょう。

[続きを読む]

知っておきたいトイレトレーニング

トイレ

2歳ぐらいになると、おしめが取れるようになる子どもが増えてきます。そうなるためにはトイレに行くための練習が必要ですが、どんな具合に練習を進めていったらいいのかについてまとめてみました。

[続きを読む]

これだけは知っておこう!3~4か月の赤ちゃんの最低限の知識

3~4か月の赤ちゃん

生後3~4か月の赤ちゃんはどのような状態なのでしょうか?この時期の育児のポイントは?この時期の子どもに関して、よく聞かれる気になる疑問なども説明していきたいと思います。

[続きを読む]

「なぜ?」「どうして?」が子どもの力を伸ばす!疑問力の重要性

疑問

「どうして海は青いの?」「風はどこから吹いてくるの?」こんな質問を子どもからぶつけられて、言葉に詰まってしまった経験はありませんか?子どもというのは時に、大人が考えてもみなかったことについて疑問を持ちます。子どもの「なぜ?」「どうして?」という疑問は、気づきを生み出す大事なきっかけとなり、その過程によって子どもの力をグングン伸ばしてくれます。子どもの疑問について、詳しくご説明しましょう。

[続きを読む]

子どもたちの土踏まずがなくなる?

土踏まず

足の裏に土踏まずという部分がありますが、これは人間が持っている独特の特徴の一つです。最近この土踏まずに問題を持つ子どもが増えてきています。ここではそうした問題について見ていきましょう。

[続きを読む]

赤ちゃんの熱中症には注意してもし過ぎることはない!

熱中症

最近は夏場に猛暑になることも多く、赤ちゃんが熱中症になってしまわないか気になる方もあるかと思います。どんなことに気をつけるようにしたらいいのか少しチェックしてみましょう。

[続きを読む]

生後3ヶ月までは、お父さんと入浴はNG?

パパとお風呂

最近は意欲的に育児に取り組むお父さんも増えてきていて、赤ちゃんのおふろは全部お父さんまかせというところが増えてきているといいます。お父さんが育児に熱心なこと自体は大変いいことですが、生後すぐの赤ちゃんのおふろはお父さんだけではなくお母さんにも担当してもらいたいところ。それはどうしてなのかを見ていきましょう。

[続きを読む]

赤ちゃんの体のお手入れ。汚れがたまりやすい場所は?

汚れ掃除

毎日沐浴していても、目や耳、おへそなど、細かい部分には汚れがたまりがち。それほど頻繁に行わなくても良いのですが、ちょっとした刺激でかぶれたり、すぐに汚れがたまったりするのが、赤ちゃんの肌ですので、気が付いたらお手入れをしてあげましょう。

[続きを読む]

赤ちゃんの指しゃぶりは、脳の発達に必要不可欠!指しゃぶりの原因・理由、デメリット、いつまでOK?、やめさせ方等

指しゃぶり

よく、赤ちゃんが指をしゃぶっているのは何か不安があったり、ストレスを感じているためだ、というようなことが言われます。そのため、赤ちゃんが指をしゃぶっているのを見ると心配になるお母さんもいると思いますが、むしろ成長のために必要な指しゃぶりもあります。赤ちゃんの指しゃぶりについて詳しく見ていきましょう。

[続きを読む]

赤ちゃんの運動の発達で不安になったら・・・

不安

最近赤ちゃんに関する育児情報などが増えてきていますが、そこにある情報と自分の子どもの状況が違うと不安になってしまうという方もいらっしゃるようです。特に赤ちゃんが寝返りをしたとかお座りができるようになったといった、運動の発達に関する部分では不安が大きくなりがち。そのあたりを少し見ていきましょう。

[続きを読む]

突然○○した!赤ちゃんの「突然」を紐解く

驚く

子どもを育てていると時々、赤ちゃんが突然成長を見せることがあり、びっくりするものですね。でもそれは大人サイドからの見方であって、赤ちゃんにとっては非常に自然なことなのです。

[続きを読む]

きほんのき!はじめての「おむつ交換」

おむつ交換

出産はじめての方向けに、おむつの基本知識とおむつ交換のやり方を簡単にまとめました。それほど難しくないと思われがちな「おむつ交換」ですが、外出先でスムーズにできるか?、赤ちゃんが大きくなって動きが激しくなったら?、赤ちゃんの機嫌を損なわずにできるか?、など突き詰めると奥が深いです。しかし、まずは基本をしっかりマスターすることが重要です。

[続きを読む]

原始反射を利用して脳トレをする方法

原始反射

赤ちゃんは原始反射と呼ばれる反射による行動を取ります。この原始反射のうちいくつかを利用して赤ちゃんに運動をさせ運動能力をつけることができるだけでなく、そうすることで赤ちゃんの脳の発達にもいい影響を与えることができます。

[続きを読む]

赤ちゃんがあまりしゃべらなくて不安になったら・・・

しゃべる赤ちゃん

お母さんは自分の子どもの成長がどうしても気になるもの。周りの子がもう話したというような話を聞いているのに自分の子どもがまだしゃべらない、となったら心配でたまりませんよね。ここではそんな、ちょっと言葉が遅いかもしれない・・・なんて思ったときに知っておきたいことについて見てみたいと思います。

[続きを読む]

警告!テレビやDVDでは脳をしっかりと育てることができない!

テレビ鑑賞

幼児番組や、幼児を対象としたDVD・ビデオ教材はたくさんあります。実際、子どもたちはこれらを見ると、目が釘づけになりますし、笑ったり、真似したり、しゃべったりと、様々な反応を見せることもあります。では、テレビやDVDなどがあれば、子どもの脳はきちんと育つのでしょうか?

[続きを読む]

沐浴はいつやるか?毎日でしょ!

沐浴

はじめての沐浴は誰しも完璧にできるものではないです。緊張してなかなかうまくできないと思いますが、数日経てば慣れてきます。はじめの不安を取り去るためにも、ポイントと方法を押させておきましょう。慣れてくると沐浴タイムが楽しくなってくるはずです。

[続きを読む]

母乳とミルク、脳の発達に良いのはどっち?

母乳と哺乳瓶

赤ちゃんが生まれてから最初に学ぶことは、お母さんのおっぱいをさがすことです。赤ちゃんがどんなふうにこの最初の学びを行っているのかについて見ていくとともに、母乳とミルクはどっちが良いのか考えていきたいと思います。

[続きを読む]

赤ちゃんの口の中がヘン・・・これは異常?

赤ちゃんの口

赤ちゃんの体には成長する過程でいろいろなことがおきますが、その中から口の中に注目して、心配しなくてもいいものと治療した方がいいものについて見ていきたいと思います。

[続きを読む]

朗読CDがあれば、それで読み聞かせはOKか?

ラジカセ

私たちは、子育てに関して「これが良い」という情報を聞くと、ついそこだけをとらえてのめり込んでしまいがちですね。良いというものを聞いたら、ぜひもう少し詳しく知ってみてください。早合点していることもあるかもしれませんよ。この点を読み聞かせについて見ていきましょう。

[続きを読む]

あまりに基本的な抱っこのポイントと方法

抱っこ

抱っこは、人間を含めた哺乳類にとってリラックスできるあまりに基本的な行動と言われています。野生の動物が赤ちゃんをくわえて歩いているのをテレビなどで見たことがあるかと思います。これ実は、抱っこなのです。この時、赤ちゃんはとてもリラックスしています。人間も哺乳類ですからこの本能がインプットされているわけです。赤ちゃんの気分を安定させる抱っこについて説明していきたいと思います。

[続きを読む]

お母さんのスキンシップは、安心感だけではなく脳も発達させる

スキンシップ

動物の赤ちゃんに比べて人間の赤ちゃんはだいぶ未成熟な状態でこの世に生を受けます。そんな人間の赤ちゃんが脳を発達させていくために必要となってくる最初期の刺激とはどういったものなのでしょうか。

[続きを読む]

赤ちゃんがアレルギーだと分かったら、どう対応するのが正解か?

三大アレルゲン

赤ちゃんがアレルギー持ちだということが分かると、お母さんにとっては心配の種が1つ増えてしまいますよね。赤ちゃんがアレルギー持ちだったときにどのように対応したらいいのかをチェックしてみましょう。

[続きを読む]

言語を身につけるには大事な時期を逃さないこと

喋る

何もしなくても赤ちゃんは次第に言葉を話すようになる。そう思っていませんか?実はそれは間違いです。人間が言葉を得るためには、それ相当の刺激を脳に与える必要があり、また、その時期も非常に重要になってくるのです。

[続きを読む]

高齢出産について誤解していませんか?高齢出産の基本を学ぶ!

高齢出産

最近、有名人が高齢での出産に成功したといったニュースを始め、高齢出産について耳にすることが多くなってきたように思います。これは実際に年齢が上がってから結婚、妊娠、出産を試みる人の数が増加してきたからという面があるかと思いますが、まだまだ高齢での出産に対して正しい知識がはぐくまれていないようにも感じられます。今回は高齢出産の「きほんのき」を説明していきたいと思います。

[続きを読む]

読み聞かせは両親の脳にも良い影響を与える!

脳に良い影響

赤ちゃんは、読み聞かせをしてもらうことで、将来言語獲得をするための大事な下地ができます。しかし読み聞かせは、子どもにとって良いだけのものではありません。読み聞かせをしている親の脳の活動までも、活発にさせるのです。

[続きを読む]

いよいよ離乳食を食べてもらおう!

離乳食を食べる赤ちゃん

産まれてから5~6ヶ月ぐらいになったら、いよいよ離乳食にチャレンジするころです。離乳食をどんなふうに始めていけばいいのかチェックしてみましょう。

[続きを読む]

生後9か月の子どもに対する父親の関わりは、読み聞かせがおすすめ

読み聞かせ

生後9か月ころといえば、授乳の回数が減っていく時期と重なっています。ここからは、母親と子どもだけの世界に、父親が大いに入っていってほしい時期になります。しかし、母親と子どもの強いきずなの中に、どうやって父親が入っていけばよいのでしょう。それにはやはり、段階というものがあります。始めのステップは、「読み聞かせ」です。

[続きを読む]

これだけは知っておこう!1~2か月の赤ちゃんの最低限の知識

1~2か月の赤ちゃん

生後1~2か月の赤ちゃんはどのような状態なのでしょうか?この時期の育児のポイントは?この時期の子どもに関して、よく聞かれる気になる疑問なども説明していきたいと思います。

[続きを読む]

お部屋環境は、赤ちゃんの脳の発達に重要です

ベビールーム

赤ちゃんを出産して家に帰ったら、まずしてあげなければならないことは赤ちゃんが暮らす部屋を用意することです。この部屋の環境は赤ちゃんの脳の発達に大きく関係してきます。どんな環境の部屋を用意してあげればいいのかについて少し見ていきましょう。

[続きを読む]

卒乳する赤ちゃん、しない赤ちゃん

卒乳できない赤ちゃん

もう産まれて1年近くになるのに、子どもがまだおっぱいやミルクをやめることができない……と不安になるお母さんの声をよく耳にします。こうした乳離れの問題について少し見ていきましょう。

[続きを読む]

心配不要!卒乳の時期は自然にやってくる

離乳食を食べる赤ちゃん

卒乳をどのようにやっていったらよいのだろうと悩むお母さんは多いものです。大丈夫です。卒乳の仕組みが分かれば、焦らずともよいということに気が付くでしょう。またその時期は、赤ちゃんにとっても母親にとっても、そして父親にとっても意味のある時期です。卒乳が持つもう一つの意味について、考えてみましょう。

[続きを読む]

子どもの脳を発達させたい方へ、意外に知らない脳育の基本を知る!

脳

子どもの脳を発達させるには、五感への刺激と運動をすることによって得られる刺激が大事になってきますが、与え方によっては逆にマイナスの効果を生んでしまいかねません。刺激とそれによる脳の発達について見ていきましょう。

[続きを読む]

安定期に入ってきたら、いろいろチャレンジしてみよう♪

安定期に旅行

妊娠5ヶ月目あたりから安定期に入ってきます。安定期の身体の状態・変化を知った上で、いろいろチャレンジしてみましょう。やって良いこと、ダメなことなどご紹介していきます。

[続きを読む]

育児書はどう読む!?正しい読み方ご紹介♪

育児書

子育てをするとき、多くの親が育児書を買い、読むことでしょう。育児書の情報はとても豊富で、1冊あれば何かと安心です。でもこの育児書、読み方次第では、逆に不安にさせてしまうものとなってしまうのです。育児書とはどう付き合っていけばよいのでしょうか。育児書を上手に使いこなすために覚えておいてほしいことをご説明しましょう。

[続きを読む]

生後6カ月までは脳が成長する大事な時

脳

赤ちゃんの成長は目覚ましいですね。見る間にすくすく大きくなって、体つきもしっかりしてきます。成長は見た目だけではありません。脳も素晴らしい成長を見せてくれます。脳の成長の表れともいえる、言語能力。赤ちゃんがどのように言語を身につけていくのか、それを知ると赤ちゃんとのかかわり方に対する考え方が、変わるかもしれませんよ。

[続きを読む]

胎教をやってみたいけど、結局どれが良いの?!

胎教

胎内教育、略して胎教と言われますが、あれが良いこれが良いなどいろいろな説が出回っています。しかし重要なのは、胎教の目的を知った上で、自分にとって何がいいのかを決めることです。お腹の中の赤ちゃんへの影響を正しく知った上で、自分にあった胎教を実施していきましょう。

[続きを読む]

妊娠初期のマタニティライフを楽しもう!

マタニティライフ

初めての妊娠であれば、不安になったり、まだ実感もわかないかもしれません。でも、小さな命は毎日大きくなっています。気持ちが下向きになっていては良い影響はありません。無理しない範囲で楽しみを見つけたり、必要な作業を実施して気分を高めるなどしていきましょう。

[続きを読む]

胎動を極める!胎動でお腹の中の赤ちゃんを理解しよう

胎動

胎動とは、お腹の中の赤ちゃんが動くこと。妊娠の実感が感じられる瞬間ですね。逆に言えば、胎動からお腹の中の赤ちゃんの様子を知ることができます。胎動の大きい小さい、胎動の微妙な変化で今赤ちゃんが何をしているのか把握できるようになりましょう。

[続きを読む]

高学年では手遅れ!小学校低学年の時こそ勉強の習慣をつける時!

親子で勉強

どうやったら子どもは、自分から勉強に取り組むようになるのでしょうか。そのカギは、小学校低学年の勉強方法にあります。まだ小さいからとのんきに構えていると、後で大変な思いをするかもしれません。低学年のころにぜひ身につけておきたい勉強方法について、ご説明しましょう。

[続きを読む]

子どもの疑問にきちんと答えてますか?父親が尊敬されるチャンス!

疑問

子どもって、思いもよらぬ質問を連発してくることがありますね。そんなこと、考えたこともなかった…なんて親の方が焦ってしまうこともしばしば。そんな時、あなたはどうしていますか?受け流す?「もういい加減にして!」と一括して終わりにする?やり方次第で子どもの脳はグンと成長し、親に対するまなざしも変わってきますよ。

[続きを読む]

ダーウィン、モロー、バビンスキーといえば、あれですね!

原始反射

教えていないのに勝手に行動する。おっぱいを求め見つけたら吸い付いて飲む、手のひらに触れると握ろうとするなど。生まれたばかりの赤ちゃんの行動や身体の特徴について見ていきます。

[続きを読む]

子どもが自ら勉強するようになる机の置き方・使い方はこれだ!

学習机

子どもが小学生になると、勉強をちゃんとやっていけるかしら、と心配になるでしょう。「勉強させよう」とする前に、まずは子どもが勉強をする習慣を身につけられるよう、サポートしてあげたいものです。そのための始めのステップとして、子どもが自分から机に向かうための、学習机の扱い方についてご説明します。

[続きを読む]

イヤ!に対して叱るのはNG!反抗期の子どもの正しい接し方とは

魔の2歳児

口を開けば反抗の言葉ばかりの2歳児には、ほとんどの親が手を焼いているのではないでしょうか。中には毎日怒ってばかり、という方も、決して少なくないでしょう。でも、この時期に「叱る」という手段を用いるのは、果たして正しいことなのでしょうか。反抗期が表している意味を知れば、おのずとこの時期の子どもへの接し方が分かります。

[続きを読む]

反抗期が来たらおめでとう。脳科学から見れば余裕が持てる!

反抗期

「イヤ!」「ダメ!」の連発、反抗期。多くの親たちが頭を悩ませることなのではないでしょうか。どうしたらこの時期を上手に乗り越えられるのか。脳科学から見てみると気持ちが楽になりますよ。

[続きを読む]

子育てで幸せになろう!本能という側面から見た幸せとは

幸せ

子育て中、「何だか自分が犠牲になっている気がする…」「社会から取り残されている気がする…」と、不幸せな気持ちになること、ありませんか?子育てをすることは、女性にとって不幸なことなのでしょうか。いいえ、断じて違います!以下にご説明しましょう。

[続きを読む]

約半数が東大進学!灘校が最強の秘密に迫る

灘校

灘中学・高校は、東大に学年の約半数が進学する国内有数の中高一貫の進学校です。卒業生は、ノーベル賞研究者、起業家、実業家など多方面で活躍する人材を多数輩出しています。今回は灘校が最強校である秘密に迫ってみます。

[続きを読む]

上手に叱って、しつけはバッチリ!その秘訣を教えます

叱り力

子どもはほめて育てたい。それは誰もが思うことですが、叱ることを上手に使っていけばより効果的にしつけを進められるのです。とはいえ、上手に叱るのってなかなか難しい…そう思っている方が多いはず。その秘訣をズバリ、お教えしましょう!

[続きを読む]

「ほめる」だけの育て方は間違っている!叱っていいのです

叱る

「子どもの良いところをほめて伸ばしましょう」 そう言われると、叱りたいときにはどうしたらよいの?叱ってしまったけれどこれは悪い影響を与えるの?と心配になりますね。でも、叱ることもほめることと同様に、子育てにおいては大切なことなのです。

[続きを読む]

脳科学から見たおむつ外しの方法

おむつ

赤ちゃんが成長していくうちに訪れる、おむつ外しについての悩み。おむつ外しには様々なやり方があるようですが、脳科学の視点から考えたおむつ外しの方法についても、ご紹介しておきましょう。

[続きを読む]

子どもはあなたの小さな夫です!集団生活を送る子どもの支え方

子どもの支え方

幼稚園や保育園、学校。これは、幼い子どもたちが生活する集団です。集団生活を始めたら、子どもへのかかわり方に気を配りましょう。いくら小さな子どもと言っても、集団の中では何かと苦労するもの。そんな時、親がどのように支えていったらよいのかを解説します。

[続きを読む]

3歳~9歳の間に前頭前野を鍛えれば、対人関係はバッチリ!

対人関係

子どもは生まれてから3歳の間に、脳の9割が完成します。そういう意味では3歳というのは大事なポイント地点です。でも、育児は3歳を過ぎてもまだまだ続きます。3歳を過ぎた後の脳の成長について知り、親としてどう接していくべきか考えていきましょう。

[続きを読む]

そのかかわり方、間違っていない?父親に人見知りをする赤ちゃん

父親に人見知り

赤ちゃんがお母さんと他の人とを区別できるようになると、人見知りをすることがあります。一緒に暮らしているはずの父親に対して、人見知りをする赤ちゃんもいるのです。こんな時は、父親の赤ちゃんへのかかわり方をチェックしてみるいい機会になるでしょう。

[続きを読む]

生まれたばかりの赤ちゃんはこんな感じです。

新生児

出産が始めての方は、生まれたばかりの赤ちゃんを見ていろいろ気になると思います。そういう心配を少しでも低減するために、生まれたばかりの赤ちゃん(新生児)とはこんなもの!という概要を説明していきたいと思います。

[続きを読む]

あなたは出生前診断を安易に受けようとしていませんか?

染色体

赤ちゃんの染色体を調べることで異常を出生前に知ることができます。しかしながら、メリット、デメリットがあり、安易に判断するのではなく、する方が良いのか/しない方が良いのか良く検討する必要があります。ここではその判断のためにも出生前診断について詳しく説明していきます。

[続きを読む]

「様子を見てください」は何を見ればよいのか?

医者

赤ちゃんや子どもさんの具合が悪くなってお医者さんに診てもらったとき、「様子を見てください」と言われることがあるかと思いますが、具体的に何を見ておけばいいのかよく分からない、という声をよく耳にします。ここでは、もう少し具体的に何を見ておけばよいのかをチェックしてみたいと思います。

[続きを読む]

アトピー性皮膚炎と思った時に知っておくべき基礎知識

アトピー性皮膚炎

TVなどで見る赤ちゃんはすべすべのお肌をしているのが普通のようで、そのため自分の子どものお肌に赤くぶつぶつができていると不安になるお母さんも多いようです。もしかしたらアトピーではないかと悩まれる方もいらっしゃいます。どんな場合がアトピーなのかについて少し見ていきましょう。

[続きを読む]

産後の母乳とおっぱいの基礎知識

授乳

母乳育児をしたいママさんのために、母乳と産後のおっぱいトラブルについて説明していきます。

[続きを読む]

今こそ妊娠・出産のお金のイン/アウトについて知っておこう!

お金

妊娠出産にはどのくらいのお金がかかるのでしょうか?また、もらえるお金はあるのでしょうか?損をしないためにも予め知っておききちんと計画を立てておきましょう。

[続きを読む]

赤ちゃんの目つきがおかしいと思ったら斜視の可能性があります。

目つき

赤ちゃんをご覧になっていて、なんだか目つきが変な気がする……とか、瞳の動きに違和感がある……とかいうように感じた方はいないでしょうか。もしそういうことがある場合、そのお子さんは斜視かもしれません。

[続きを読む]

新生児に対する検査!あなたはいくつ知っていましたか?

新生児検査

産後の入院中に赤ちゃんには検査を行います。どのような検査があり、どういった目的で行われるのか予め知っておきましょう。

[続きを読む]

赤ちゃんの耳かきは注意が必要です!

耳かき

赤ちゃんの耳の中は大人よりもたいへん柔らかく、デリケートになっています。このため、耳のおそうじが思わぬ危険につながりかねません。注意点や危険性について少しまとめてみました。

[続きを読む]

出産後1か月間の過ごし方

出産後1か月

お産という大仕事を終えたお母さんの体が、完全に回復するには時間がかかります。そのため、お産の後1か月くらいの間は、無理をするのは禁物です。産後1か月間の過ごし方について見ていきましょう。

[続きを読む]

赤ちゃんが鼻づまりで苦しそうです。あなたはどうしますか?

鼻詰まり

赤ちゃんの鼻は短くて低いだけでなく、鼻の穴も小さくて粘膜が敏感になっています。このため空気が乾燥したり気温が変わったりといった少しの変化で粘膜が腫れやすいという特徴があります。赤ちゃんが鼻を詰まらせて苦しそうにしていると見ている方も心配になるかと思います。こういった時にどんなふうにしたらいいか少し見ていきましょう。

[続きを読む]

赤ちゃんをばい菌から守りたい!消毒の方法とポイント

消毒

赤ちゃんと言えば抵抗力が弱いので、お母さんとしては万一ばい菌を口にしたりしないように守ってあげたくなるものです。中にはそこら中を消毒するような方もいらっしゃるようですが、それは果たして必要なのでしょうか。

[続きを読む]

産後も大切にしたいセックスについて

産後セックス

出産直後は、控えるべきことがいろいろとあります。不要の外出や、入浴、そしてセックスもそのうちの一つです。産後のセックスについて解説していきたいと思います。

[続きを読む]

35歳以上の方必見!高齢出産に関する基礎中の基礎知識

高齢出産

高齢出産というと何かと心配がよぎるものですが、先入観や思い込みではなく適正な知識を習得しておくことが重要です。高齢出産についての基礎中の基礎についてみていきましょう。

[続きを読む]

0÷0の正しい解答がネット検索しても見つからないので作成した。

0÷0に終止符

小学生の子どもに「0÷0=1だよね」と聞かれて、「違う」と言っているあなたは子どもの数学(算数)の才能をダメにしているかもしれない。「0÷0=1」は100点ではないが0点でもない。つまり間違っているとは言えないのだ。

[続きを読む]

育児に対して不安があるときの対処法

育児不安

産後の育児に関して不安がない人はいないと思います。予め解消法の引き出しをいくつか知っておくことでうまく乗り切りましょう。

[続きを読む]

うんちが出ないけど、赤ちゃんが便秘?

うんち

赤ちゃんのウンチは回数や固さ、色などもさまざまです。中には緑色のウンチがでて「大丈夫なの?」なんて不安になるお母さんもいます。赤ちゃんのウンチについて、大丈夫なものとそうでないものについて見ていきましょう。

[続きを読む]

男の子のおちんちん、これは大丈夫?

裸の赤ちゃん

男の子の赤ちゃんのおちんちんは包茎になっていることが多いのですが、お母さんの中には異常では無いかと心配される人も多くいらっしゃいます。基本的には問題は無いのですが、少し詳しくチェックしてみましょう。

[続きを読む]

あなたは、マタニティーブルーになってしまったらどうしますか?

マタニティーブルー

マタニティブルーは程度の差はあれ誰にでも起こることです。マタニティーブルーのメカニズムと解消法を知ることで、今から不安を取り除きましょう。

[続きを読む]

8つの産後に起こりがちなトラブル取りまとめ

産後トラブル

出産を終えたお母さんの体には、時として様々なトラブル症状が表れることがあります。どのようなトラブルが想定されるか説明していきます。

[続きを読む]

今こそ、妊娠時の注意すべき感染症を基礎から学ぶ

感染症

感染症に特に注意したいのは妊娠初期です。お腹の赤ちゃんにうつらないかなど心配ですよね。感染症とそのリスクについて詳しく説明していきます。

[続きを読む]

紙おむつ、布おむつ、結局どっちが良いのか?

おむつ

赤ちゃんにとっては必須と言ってもいい「おむつ」。このおむつですが、よく紙製のものよりも布製のもののほうがいいのではないか、という声を耳にすることがあります。実際のところはどうなのか、またその他の注意点などについても合わせてみてみましょう。

[続きを読む]

発表します。腹部が張る時に注意すべき張りとそうでない張り

お腹の張り

妊娠中によく起きるおなかの「張り」。自覚症状としては、腹部がかたく盛り上がったように感じたり、突っ張るような感じを受けたり、重苦しい感じを受けたりすることがあります。これについて詳しくみていきましょう。

[続きを読む]

母乳で育てたいのに出ない時どうしますか?

母乳

赤ちゃんをきちんと自分の母乳で育てたい、というお母さんは増えていますが、うまく母乳が出ないという悩みを抱える方もいらっしゃいます。ミルクをどんなふうに使っていくといいのかを含めて、母乳がうまく出ないときのことについて見ていきましょう

[続きを読む]

体重マネジメント!つわりが終わっても食べ過ぎはNGです。

体重管理はごはんから

妊娠12週から15週頃になるとたいていの場合つわりがおさまってきます。つわりがおさまってくると以前のように通常通り食事ができるようになりますが、太りすぎてしまうほど食べてしまうようではよくありません。詳しく説明していきます。

[続きを読む]

予防接種の基本と種類。この機会にきちんと学ぶ!

予防接種

生まれたばかりの赤ちゃんは、お母さんから「免疫」というプレゼントをもらっています。ですが、その免疫も、生後3か月を過ぎたころからなくなっていきます。つまり、この頃からいろいろな病気にかかりやすくなるということ。その中には、重篤な状態になり得る病気も含まれています。

[続きを読む]

口内炎、鼻涙管閉塞、川崎病など、子供がかかりやすい病気を知っておこう!

病気の子ども

赤ちゃんや幼児の体は未熟なため、いろいろな病気にかかります。発熱やせき、鼻水、嘔吐、発疹などの症状も、その原因となっている病気は様々です。さらに、症状のない病気の中にも、子供がかかりやすい病気はたくさんあります。以下にその例を挙げておきましょう。

「こんなにあるの!?」と不安になるかもしれませんが、情報を得ておくことで、病気が悪化する前に発見できたり、落ち着いて対処できたりするのです。

[続きを読む]

フィジカルコンタクト!抱っこが父性をさらに伸ばす

赤ちゃんを抱っこ

生まれたばかりの赤ちゃんは、首がすわっておらず、体全体がふにゃふにゃしていて実に頼りない存在です。ですから、たいていの男性は、生まれたばかりの赤ちゃんを抱っこするのを怖がります。でも、きちんとステップを踏んで夫が育児に慣れていけば、抱っこによってさらに育児が楽しいものへと変化していきますよ。

[続きを読む]

赤ちゃんの笑顔には戦略的な理由があった!

笑顔の赤ちゃん

赤ちゃんの無垢な笑顔は、大人を幸せな気分にさせてくれます。この赤ちゃんの笑顔を、発達心理学の面と、大脳生理学の面から考えてみると、とても興味深いことがわかってきます。

[続きを読む]

なぜ夫は赤ちゃんの泣き声を聞き分けられないのか?

泣く赤ちゃん

赤ちゃんが泣いたとき、たいていの母親はそんなに慌てません。だいたいこんな理由で泣いたのかな、ということが分かるからです。それに対して父親は、赤ちゃんが泣くと慌てふためき、どうしたらよいかわからなくなります。それは、なぜ泣いているのかわからないから。

[続きを読む]

夫が育児に非協力的な理由と対処法

夫が育児に非協力的

赤ちゃんが生まれたのに夫が育児に参加してくれない。よくある悩みですが、その理由は男性の脳にあります。だからといって夫は育児に参加しなくてよいのだ、ということではありません。妻のサポート次第で、夫は本当の意味での「父親」になれるのです。

[続きを読む]

脳科学が解明する夫に赤ちゃんのおむつ交換をしてもらう方法

おむつ交換

夫に頼む赤ちゃんの世話として、一番おすすめしたいのが沐浴です。赤ちゃんに慣れることができるうえ、スキンシップにもなりますし、何より男性の大きな手は、沐浴させるのにはぴったりですから。

[続きを読む]

女性が持つ子育て本能と育児の男女平等

男女平等でない

子育ては、夫婦が協力してやっていくものです。でも、男女が全く平等に育児をやっていけるかというと、それはなかなか難しいのです。その理由は、赤ちゃんを育てるために、女性が持っている本能にあります。

[続きを読む]

赤ちゃん言葉で話すのが必須の理由

赤ちゃん言葉

赤ちゃんを目の前にすると、つい赤ちゃん言葉で話しかけてしまいませんか?普段すました人でも、赤ちゃんに話しかける時には、なぜかワントーン高い声になってしまうものです。もちろん、お母さんであればなおのこと。実はこれには、ちゃんと意味があるのです。

[続きを読む]

30cmマジック!母乳をおすすめの理由

母乳

赤ちゃんのお世話の筆頭である、授乳。生まれてすぐにおっぱいがたくさん出ていれば、迷うことなくおっぱいで育てることでしょう。逆に全くでない場合は、ミルクで育てることになりますね。でも、おっぱいかミルクか?と迷ってしまう場合もきっとあることでしょう。

[続きを読む]

赤ちゃんを怖がる夫には沐浴をお願いするのがベスト

赤ちゃんお風呂

男性は、赤ちゃんを怖がるものです。でも、その気持ちを放っておいては、いつまでたっても育児に参加はしてくれないでしょう。赤ちゃんが生まれたら、夫の父性を養っていくことが大切なのです。

[続きを読む]

本当のことを言うと、夫は赤ちゃんに触れるのが怖い!?

赤ちゃんが怖い夫

赤ちゃんが生まれたら、夫もすぐにパパになれると思っていませんか?実はそれは大きな間違いです。男性はもともと、小さくてはかない存在を、どのように扱ってよいのかわからないのですから。

[続きを読む]

泣きすぎる赤ちゃんが不安!そんなときは…

泣く赤ちゃん

すやすや眠り、おっぱいを吸って機嫌がいいときはいいのですが、時々お母さんが不安になってしまうぐらい毎日毎日泣く赤ちゃんもいます。しかし基本的には赤ちゃんは泣いているうちは問題がないことが多いものです。少し詳しく見ていきましょう。

[続きを読む]

赤ちゃんのせいで眠れない!どうすればいいの!?

睡眠不足

赤ちゃんが生まれたばかりのころは大変です。赤ちゃんは昼も夜もなく頻繁におっぱいをほしがるので、お母さんが睡眠不足になってしまうことがしばしばです。こんな時にどうしたらいいか、ちょっと見ていきましょう。

[続きを読む]

女性なら皆憧れる赤ちゃん肌、実はブツブツたくさん?

赤ちゃんの肌

赤ちゃんや小さい子どもの場合、成人よりも皮膚が薄く、また皮膚に水分が多く含まれているという特色があります。この水分は蒸発しやすく、室内の空気が乾燥しているようなときにはすぐにお肌がかさついてしまうというのもまた特徴的です。

[続きを読む]

排泄物から知る赤ちゃんのおなかトラブル!

赤ちゃんのおむつ

赤ちゃんは消化や吸収のための機能もその他の内臓などもまだ未熟。このため母乳やミルクしか最初は消化できず、誕生から半年ぐらいをかけて消化機能が発達します。そんな未熟な赤ちゃんのおなかはいろんなトラブルを起こしやすいもの。少しチェックしてみましょう。

[続きを読む]

実は歯磨き習慣は赤ちゃんの時から必須だったのです。

赤ちゃんの歯

赤ちゃんの体は成長とともに毎日変化していて、いろんなところにどんどん変化が現れてきます。例えば口は、6ヶ月を過ぎるころから歯が生えてきて、そんな変化を大きく感じることができる場所です。そんな赤ちゃんの口について、よだれと歯みがきの2つの切り口から見てみましょう。

[続きを読む]

【保存版】出産入院前の準備項目

出産入院前ToDoリスト

臨月に入ったらいつ陣痛が起きてもいいように準備しておく項目がいくつかありますので、順を追って説明していきます。

[続きを読む]

構造的にトラブルが起きやすい赤ちゃんの耳と鼻

赤ちゃんの耳

赤ちゃんの耳や鼻は大人のものとはちょっと違っています。どんな特徴があって、どんなことに気をつけてあげる必要があるのかチェックしてみましょう。

[続きを読む]

臨月の生活の鉄則!

臨月生活

臨月にはどのような生活を送ればいいのでしょうか?注意すべき点を中心に説明していきたいと思います。

[続きを読む]

全員が近視?赤ちゃんの目のトラブルを知る

赤ちゃんの目

赤ちゃんの目は、大きさは違いますが構造的には成人とほぼおなじものをもう備えています。しかし目の状態や視力、見え方などは成人とは違います。そのあたりについて少し見ていきましょう。

[続きを読む]

このページの先頭へ