facebook Twitter Google+ はてなブログ feedly

産後も大切にしたいセックスについて

Pocket
LINEで送る

産後セックス

出産直後は、控えるべきことがいろいろとあります。不要の外出や、入浴、そしてセックスもそのうちの一つです。産後のセックスについて解説していきたいと思います。

 

セックスについては話し合うのが大事

セックスも、他の事柄と同様に、1か月健診で体の回復が順調であれば、許可をもらえます。つまり、セックスをしても問題がない状態にまで、体が元に戻っているということです。

 

でも、いくら体の準備が整っていても、心がそのような状態になければ、セックスは難しいもの。産後は育児に疲れていたり、心配事がたくさんあったりと、お母さんの方がそんな気持ちになれないということが、結構あるものです。

 

それに、授乳をしている女性は、ホルモンバランスの影響から、性欲を感じにくくなっているのです。そんな時、何となく彼の誘いを受け流し続けたり、授乳や夜泣きを理由に夫婦別室で寝ることになったりすると、のちにセックスレスを招くことにもなりかねません。

 

夫婦にとっては、セックスも大事なコミュニケーションの一つですから、後のことも考え、セックスをする気分ではないということを、正直にパートナーに話してみるとよいでしょう。自分の気持ちをお互いに伝え合い、今二人はどうするのがベストなのかを、二人で決めましょう。今後にも影響する、大事な話し合いなのです。

 

痛みを感じた場合は

産後のセックスで、痛みを感じることもあります。このような時、女性は我慢しがちですが、それはおすすめできません。

 

どちらかが我慢をするようであれば、それは良いセックスとは言えないでしょう。パートナーにとっても、辛い思いをさせるのは望んでいないはず。痛みがあるなら、正直に話しましょう。

 

痛みが長く続くようなら、パートナーに話すだけでなく、産婦人科で相談することをおすすめします。

 

産後のセックスは次の赤ちゃんのことも考えて

産後、セックスをしても良いことになったら、次の子どもはいつ欲しいかについても考えておきましょう。

 

次の妊娠については、セックス開始とともに、生理の再開も、大事な問題です。いつ生理が再開するかについては、人それぞれで、一概にいつからとは言えません。授乳していたら、1年くらいは生理が止まったままだったという人もいますし、産後1か月で生理が来たという人もいるのです。

 

大事なことは、パートナーと、次の子どもについてよく話し合うことです。セックスができるようになった時点で、決めておきましょう。今はまだ、次の子どもを妊娠することはできない、となったら、産後のセックスでは避妊をすることも大事です。

 

産後セックス経験談

出産を経験したお母さんたちは、産後のセックスについてどのような経験をお持ちなのでしょう。いくつかの話をご紹介しましょう。

 

・産後はどうもセックスをする気になれなくて…。そのことを言い出せず、何度か気乗りしないままセックスすることもありました。そうするうちに、彼に対して嫌悪感を持ってしまいそうになり、やはり正直に話しました。

 

・出産後のおなかはたるんでいて、ちょっと見られたくない気持ちに…。それで、体調や疲労を言い訳に、しばらくの間はセックスを拒んでいました。でも、それも次第に気にならないようになりました。

 

・セックスをすることで、母だけではない自分を再確認することができ、うれしく思いました。それに、育児ストレスの発散にもなりました。

 

・私の場合は、赤ちゃんを産む前よりもずっと、気持ちがいいセックスができるようになった気がします。

 

・出産後のセックスの最中に、おっぱいが流れ出てきたことがあり、驚きました。その時はそれが気になって、セックスどころではなくなってしまいました。

 

・セックスの途中で、寝ていたはずの赤ちゃんが大泣き…。二人して慌てふためいてしまいました。

 

・出産後、なかなか生理が来なかったので、だいぶ経ってから産婦人科で相談していたら、なんと2人目ができていました!

 

産後のセックスについても、夫婦によっていろいろあるようですね。

Pocket
LINEで送る

先輩ママさん5万人調査!産後(0~3ヶ月ベビー)に買ったものランキング

このページの先頭へ