facebook Twitter Google+ はてなブログ feedly

子どもの身長がどこまで伸びるか計算で分かる!?

Pocket
LINEで送る

身長測定

近年、子どもの骨の状態と将来の身長に関する研究が進み、骨の状態を調べることである程度の予測ができるようになっています。どんな技術なのか、問題はないのかについて見ていきましょう。

 

高身長になりうる子どもを選び出す

平成17年、日本バレーボール協会では、全国から将来身長が175cm以上になりそうな中学生の女子十数人を選抜し、将来の全日本女子チームのセッター候補として養成を始めました。

 

全日本女子のバレーボールチームでのセッターというと159cmの小柄な身長ながらそのポジションでがんばっていた竹下佳江選手などが思い浮かびますが、アメリカや中国といったライバル国が将来身長が高くなる可能性のある子どもを集めて集中的に育成を行っているといった状況に危機感を抱き、身長の高いセッターとなりうる選手を養成しようとしたためです。

 

日本バレーボール協会では身長が2m近い相手をブロックすることもできるようにと、180cm以上あるセッターを養成したい意向で、選抜の時点で身長が170cm以上、足の大きさは26cm~27cm、そして父親も母親も身長が高いことを基準にこうした選手を選抜しました。

 

アメリカや中国などでこうした選抜を行う際には、選手の手の骨をレントゲンで撮影し、そこから将来の身長を予測するという技術が使われています。日本ではこの技術による将来の予測は使われていません。

 

中国のように将来身長が高くなると思われる子どもたちを幼い頃から選んでずっと練習を重ねられたら、今の日本のやり方ではとうてい追いつけないというのがこうした危機感の背景にあるようで、将来的には中学生ではなくて小学生の頃から選抜を行う必要があるのではないかという意見もあるようです。

 

将来の身長は手のレントゲン写真で予測できる

手のレントゲン写真から将来の身長を予測するやり方は、1962年にイギリスで確立されたものです。もともとは、イギリスのプリマドンナが自分の娘をバレリーナにしたいと思い、身長がきちんと伸びるのかを知りたいと考えたことが発端です。

 

どのようにしてレントゲン写真から身長を予測するかですが、子どもの骨が成長する様子を見ることによって予測を行います。

 

子どもの骨は骨の端が軟骨層になっていて、それが成長すると共に大人と同じ普通の骨になっていきます。このため、子どもの手の軟骨の状態がどうなっているかという例をたくさん集めることにより、骨があとどれぐらい伸びることができるかを統計学的に算出することができるようになります。

 

この研究によって手の軟骨から骨の成長が止まるまでの予測を行える「TW2法」という手法が確立し、手のレントゲン写真からおおよそ3cm弱の誤差で将来の身長予測ができるようになりました。

 

この時集められた子どもの骨の写真データはすべて欧米人の例であるため、人種が違う日本人に適用するためにこの式を修正する試みが行われました。この試みは最初は矯正歯科で撮影された顎の骨の写真を利用して行われましたが事例が少なかったため制度が低いものでした。

 

それからも研究は続けられ、2001年には精度の高い「TW3法」というやり方が開発されます。これにより、日本人にあった公式が利用できるようになりました。例として、男子4歳~9歳、女子4歳~6歳での成人身長予測ができる式をあげてみましょう。

 

・男子: 成人における予測身長(cm) = 現在の身長(cm) + 97 - 6 × (年齢)

・女子: 成人における予測身長(cm) = 現在の身長(cm) + 85 - 6 × (年齢)

 

この式では、誤差およそ4cm程度の範囲で将来の身長を予測することができます。年齢の欄には、例えば年齢が5歳と6ヶ月であれば「5.5」のように数字を当てはめます。年齢が低い段階では、レントゲン写真を使った予測とそんなに変わらない結果が得られるとされています。

 

将来の身長予測の是非

現在では子どもの現在の身長やレントゲン写真の画像などから成人した後の身長を予測できるようになりました。しかし、それを告知したり利用することに問題はないのでしょうか。

 

まず、健康に問題のない子どもにレントゲンを照射するのはどうなのか、といった問題があげられます。レントゲンといえど放射線ですので、わずかなりと被曝することになるからです。

 

また、子どもに自分の身長が将来的にどこまで伸びるのかを不用意に教えることで問題が起きるかもしれません。例えばバレーボールのようなスポーツが好きでがんばっている子どもに、君は将来身長が伸びないからバレーボールはやめたほうがいいよ、などということを告げることが果たして正しいと言えるのでしょうか。

 

そういった倫理面での問題を脇に置いても、日本では個人情報の保護といった壁があるため、身長に関する多くの事例を集めることが難しいという実際的な問題もあります。

 

日本においては、医師がこの技術を使うのは低身長症の患者を治療する場合に限られています。患者のレントゲン写真をスキャニングすると将来の身長の予測値をはじき出してくれるような医療用ソフトも開発されていますが、販売元はあくまで治療目的のものだとしています。

 

ちなみに低身長症の患者の場合、成長ホルモンを投与することで症状の治療が行われます。しかしこの治療法にも問題はあり、身長は伸ばせる一方で糖尿病になりかねないなどといった副作用もあるのです。従ってホルモンを適切な量だけ投与することが重要になってきますが、将来の身長予測ができれば投与の際に調節がしやすくなるため意味があるのです。

 

こういった治療の目的以外にも、例えば自衛官や警察官といったような身長に制限がある職業を目指す子どもにそれが可能かどうかを教えるといった意義のある使い方はできるかもしれません。

 

また、スポーツの分野に適切に応用すれば、まだ若い選手の中から将来伸びることのできそうな選手を見いだすことにも使えるでしょう。たとえば、中学生の選手の骨の成長度合いを測り、成績がいいにも関わらずまだ骨の成長度合いが若いような選手を選別するのに使うのです。こうした特徴を持つ選手はまだまだ伸びしろがありますので、有為な人材を発見できるというわけです。

 

このように応用が利くこともあり、スポーツの分野で倫理的な方向にはきちんと配慮をした上で有望な選手の育成などにこうした技術を使えないかといった声も上がり始めています。そのほかにも、子どもたちの骨の成長度合いをレントゲンで撮影して蓄積することは、日本人の子どもが健康に発育しているかを見るデータとなると主張している研究者もいます。

 

将来の身長の伸びを予測するという技術について、今後子どもたちのためにどのように活かしていくかを論じ合っていく段階にさしかかっているのかもしれません。

Pocket
LINEで送る

このページの先頭へ