ルール製フライパンの特徴,口コミ,再コーティング等解説

ルール フライパン

テフロン加工のフライパンを使用していて、焦げつくたびに買い替えている、健康にいいフライパンを使いたい、長く使える質のいいフライパンを探している、そんな方にルールのフライパンをご紹介します。

 

▼目次

  1. ルールの健康フライパン
  2. 特徴
  3. 利用者の口コミや評判
  4. フライパンの再コーティング

 

ルールの健康フライパン

ドイツで生まれたルールのフライパンは、ダイヤモンドとチタンで7層にもコーティングされているので油をひかなくても焦げつきにくく、おいしく調理ができて、IHでも短時間で均等に火が通り、お手入れも簡単で、そのうえ10年保証がついた本格的なフライパンです。

 

テフロン加工のフライパンは、使っているうちにコーティングが剥がれて焦げつくようになってしまいますが、これは焦げつきを防ぐためのフッ素樹脂加工が塩分に浸食されて、コーティングが剥がれてしまうためです。またフッ素樹脂加工を高温で加熱すると、人体に害があると言われています。

 

ルールのフライパンは表面のコーティングに、健康に影響のあるフッ素樹脂加工をしていないので、有害物質が発生しません。ドイツの試験機関での審査でも、その安全性が確認されています。

 

ルールのフライパンの表面はダイヤモンドとチタンのダブルコーティングが施されているので、油をひかなくてもほとんどこげつきません。お肉などの油分の多い食材は食材から出る油で調理ができます。油分の少ない食材を調理する時は、油を薄く塗るとこげつきません。このような理由からルールのフライパンは健康フライパンと呼ばれています。

 

ドイツで特許を取得しているフライパンの持ち手部分は、取れたり、折れたりしないよう丈夫に作られています。また持ち手に熱が伝わらないので、調理中でも熱くなりません。

 

ルール健康フライパンは、平型のフライパンは小さめの20cmものから、業務用に使える32cmのものまでサイズ展開があります。ふたをすると鍋のように使えて調理の幅が広がる深型フライパンは、20cmから、28 cmまでのサイズ展開となっています。

 

>>ルール製フライパンの公式サイトはこちら

 

特徴

ルールのフライパンの特徴をみていきましょう。

 

・焦げつきにくいコーティング

ルールのフライパンはアルミニウム製の土台の上から、高い耐食性を持つチタニウムと、硬度があり、傷がつきにくく、熱伝導率の良いナノダイヤモンドで、7層にコーティングされているが特徴です。そのため油をひかなくても焦げつきにくくなっています。

 

・料理がおいしくなる

チタニウムコーティングを施すことで遠赤外線効果が生まれ、おいしく調理できます。 ルールのフライパンは鍋底8mm、側面3.5mmもの厚さがあるため、熱電率が高くなり食材に均一に火を通し、むらなく焼き上がります。深型フライパンにふたをすると、ごはんや煮物もおいしく炊き上げます。

 

・10年保証

ルールのフライパンの大きな特徴の1つは、10年間の再コーティングコーティング保証がついていることです。購入から1年以内にコーティングがはがれた際には、初回は無料で、2年目から、または2回目からは有料で再コーティングをしてもらえます。

 

・使った後のお手入れが簡単

ルールのフライパンには油を吸収しないコーティングが施されているので、調理後にフライパンの表面に油が残らず、少量の台所洗剤をつけたスポンジでそっと洗うだけで汚れが落ちます。コーティングが傷つく原因になるので、食器洗い機では洗わないでください。

 

・IHでもむらなく焼きあがる

IHで使える調理器具には電磁誘導体というものがついて、うず電流が流れるしくみで熱くなります。低価格で売られているIHフライパンの電磁誘導体は、薄い金属板を貼ったものや、電磁誘導体を塗ったものです。電磁誘導体が薄いと、うず電流がうまく流れないので熱が均等に伝わりません。

 

ルールのフライパンの底には、特許を取得した製法でうず電流が高くなるように加工した電磁誘導体が埋め込んであります。だからフライパンの底に厚みがあるにも関わらず、IHでの発熱が早く短時間で調理ができるという特徴があります。

 

>>ルール製フライパンの公式サイトはこちら

 

利用者の口コミや評判

実際にルールのフライパンを愛用されている方の、レビューの一部をご紹介します。

 

・口コミ1

20cmのフライパンと、28cm深型フライパンを購入しました。これまではテフロン加工のフライパンを使っていて、焦げつくたびに買い替えていました。ほぼ毎年買い替えていましたが、思い切ってルールのフライパンに買い替えました。

 

届いてすぐに家族みんなが大好きなギョーザを焼いたところ、少量の油でも、中はふっくら外はパリッとおいしく焼き上がりました。いつも置く場所に困るふたも、自立してくれるので便利です。

 

・口コミ2

28cm深型フライパンを購入しました。良いフライパンを長く使いたくて、いろいろ調べてルールにしました。片手で持てる重さではないですが、フライパンを振って調理はしないので、特に不便は感じません。中火で使用して、使った後は温かいお湯でさっと洗っています。大切に使います。

 

・口コミ3

26cmのルールのフライパンを購入しました。高価なので悩みましたが、ルールのフライパンは10年保証がついていることが決め手になり、健康面を考えて購入しました。重いですが特に気にならず、良いフライパンを使うことで料理が数倍楽しくなりました。

 

・口コミ4

26cmフライパンを購入しました。はじめて手に入れた高級フライパンです!ちょっと重いですが、IHコンロでは振って料理しないので気になりません。あまり料理が得意ではないので、今までは焦がさないように気をつかっていましたが、ゆっくり落ち着いて料理ができて感動しました。小さいサイズのルールのフライパンの購入も考えています。

 

>>ルール製フライパンの公式サイトはこちら

 

フライパンの再コーティング

ルールのフライパンには、10年間の再コーティング保証がついています。その内容を詳しくみていきましょう。まず再コーティングの対象になるのは健康フライパン、セラミカストーン、ナノパンのみです。

 

購入から1年以内に焦げつくようになった際には、初回は無料で再コーティングしてもらえます。2年目から、または2回目からは、コーティング代金と返送の際の送料の負担が必要ですが、10年間何度でも再コーティングサービスが受けられます。

 

ただし、強火での空焚きや、金属製のヘラや、金たわしの使用などの理由でコーティングが剥がれた場合は保証対象にはなりません。

 

ルールのフライパンの再コーティングをする際の流れをみていきましょう。まず販売元の株式会社インフィニ発行の保証書が必要になり、販売元の保証書を持っている方のみが、10年保証の対象になります。

 

株式会社インフィニ以外でルールのフライパンを購入して、販売店の保証書をお持ちの場合は、販売店に再コーティングについてお問い合わせてください。

 

ルールフライパンのホームページから、再コーティングの申込書をダウンロードして印刷し、必要事項を記入して、フライパンと、保証書と、申込書の3点を同梱して、株式会社インフィニまで元払いで送付します。

 

販売元にフライパンが届くと、コーティング状態を確認し、無料コーティングか、有料コーティングかが判断されます。有料コーティングと判断された場合は、販売元より電話連絡があります。

 

無料コーティングの場合は、再コーティングが完了すると、送料販売元負担で返送されます。有料コーティングの場合は、再コーティング後にフライパンが返送され、返送後1週間以内に後払い請求書が届きます。請求額は、修理代と返送料の合計金額になります。

 

申し込み時に「有料保証時は再コーティングをキャンセル」をチェックした場合は、「着払い返送」か「廃棄」か、申し込み時に丸で囲んだ方での対応になります。

 

>>ルール製フライパンの公式サイトはこちら

 

Pocket
LINEで送る

このページの先頭へ