facebook Twitter Google+ はてなブログ feedly

赤ちゃんの指しゃぶりは、脳の発達に必要不可欠!

Pocket
LINEで送る

指しゃぶり

よく、赤ちゃんが指をしゃぶっているのは何か不安があったり、ストレスを感じているためだ、というようなことが言われます。そのため赤ちゃんが指をしゃぶっているのを見ると心配になるお母さんもあると思いますが、むしろ成長のために必要な指しゃぶりもあります。赤ちゃんの指しゃぶりについて詳しく見ていきましょう。

 

赤ちゃんは、口や舌の触覚がまず始めに発達します

赤ちゃんが指をしゃぶっていると何か不安やストレスがあるのかと心配する方もいらっしゃいますが、生まれてすぐ、だいたい10ヶ月ぐらいまでであれば特に心配する必要はありません。このころの指しゃぶりは赤ちゃんが自分の気持ちを安定させるために行う重要な行動なので、むしろしないほうが心配なぐらいです。

 

脳に異常がない赤ちゃんは、生まれた直後はまだ大脳が未発達なため、吸引反射などの原始反射によった行動をします。自分の指が口の周囲にたまたま触れたときに、反射的にそれを加えて吸うのです。

 

このようにして反射で指を吸ううちに、赤ちゃんの大脳に神経のつながりが形成され始め、おおよそ2週間から3週間ほどでだんだんと自分の意志で指をくわえるようになってきます。そして2ヶ月から3ヶ月目ぐらいになると、好みの指を見つけて目覚めているときにはそれをしゃぶるようになってきます。

 

もし赤ちゃんの脳にトラブルが発生していた場合、赤ちゃんは生まれてから半年経ってもこういった指しゃぶりをしません。ですから、この時期に指をしゃぶっていれば逆に安心できるというわけです。

 

ちなみに赤ちゃんの体の感覚の中では、口や舌の触覚がまず始めに発達します。このため、赤ちゃんは自分のまわりにあるものの形などを知りたいと思った時には口をつかうことになります。しかしこの時期の赤ちゃんはまだうまくものを持つことができないので、問題なく口に持ってこれるもの、すなわち自分の手指を調べようとするわけです。

 

生まれてから4ヶ月目に入ると、赤ちゃんは手をある程度上手に使えるようになってきます。そうすると自分のまわりにあるものに興味が向くまま、それを口に持って行ってくわえたりなめたりしはじめます。そうやってものの形を確かめているわけです。

 

つまり、指しゃぶりをしたりいろんなものを口に入れるのは、赤ちゃんにとっては周囲のものを理解するための学習になっているのです。

 

指しゃぶりは脳の発達にとって大事なステップ

こちらはよく知られていることかと思いますが、赤ちゃんは自分の指をしゃぶることで気持ちを落ち着けています。

 

生後1ヶ月のころはまだ指ではなくて手全体をくわえていることもありますが、この時でさえお腹がすいたのをまぎらわせているということがわかっています。ですから、おっぱいをあげるのが少々遅くなったとしても、手をしゃぶり出すと泣くのをやめるのです。

 

泣いている赤ちゃんにゴムのおしゃぶりなどを与える方がときおりいらっしゃいます。たしかに赤ちゃんの気はまぎれて泣きやむのですが、これは大脳を発達させるための刺激にはならないとされています。

 

もう少し時間が経って指をしゃぶるようになり、そのうち自分にとってしゃぶりやすい指を見つけるぐらいの時期になると、お母さんの姿が見えなくてさみしくなったりすると赤ちゃんは自分で指しゃぶりをするようになります。

 

これは反射による行動ではなく、自分でそうしようと判断して行っている行動であり、それだけ赤ちゃんの大脳が発達したということを意味します。

 

また、赤ちゃんは眠いときにぐずって泣くことが多いのですが、そのうちに自分の指をしゃぶり出して泣き止むことがあります。赤ちゃんはそうすることで気分を落ち着け、そのうちに眠ってしまいます。以上のように、赤ちゃんが指しゃぶりをするのは脳を発達させるのに不可欠な行動になっています。

 

しかし、赤ちゃんにとって不可欠な行動であるとはいえ、いつまでもこうした行動を取るようであればそれは問題になってきます。小学校に上がるぐらいになってもまだ指をしゃぶっているような場合は、よく言われるように何か強い不安を感じていたりストレスを感じているのかもしれませんから、よく注意して観察してあげることが必要です。

Pocket
LINEで送る

先輩ママさん5万人調査!育児期(4ヶ月以上ベビー)に買ったものランキング

このページの先頭へ