facebook Twitter Google+ はてなブログ feedly

「教育・学習」の記事一覧

メールを甘く見てはいけない!メールでは力を温存しないで出し切ろう

メールを作成する女性

実際に会って話す場合と、メールで送信された文章を読むのとでは、同じ内容でも、受け取り方が異なってくる場合があります。メールの書き方によって、実務的な用件以外の部分が、良くも悪くも取られることがあります。メールを上手に駆使すれば、相手との良好な関係を築く便利ツールになること間違いなしです。

[続きを読む]

習い事で自信をつけさせよう!子供の実になる習い事の選び方ガイド

剣道の習い事

勉強して知識を詰め込み、有名大学を出たからといって、将来の社会的な成功は必ずしも保証されない、そんな時代が到来しています。求められる人材像は変わり、今や親たちは我が子に「人間力」を付けさせるべく、経験値をあげられる習い事を探し求めています。

最新データと共に、習い事を選ぶ際に気をつけるべき選び方のポイントを整理して行きます。我が子の習い事計画立案にあたって、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

[続きを読む]

地方・地域ごとに勢力図の異なる高校受験塾業界

地域毎の塾と塾業界のイメージ

東京近郊などでは多数の名門の中高一貫校の存在から中学受験は珍しい事ではなく、中学受験塾も一般的ですが、日本全体で見るとほとんどの地方において、高校受験塾の方が多数見受けられます。

そうした高校受験塾は、地域によって地元に根付いた塾や、人気のある塾が違います。日本のそれぞれの地方にどのような塾があり、いくつかの都道府県に展開している塾の中でも地域によって人気のある塾はどこなのかを見ていきましょう。

[続きを読む]

本の読み方を変えれば、頭が良くなる!

読書をする女性

本を読む時間がないから本は読まない、難しい本を読んでも頭に入らない…など、本の読み方に関する悩みを持っている方は意外と多いかもしれません。読書をした方がいいことは分かっているのに、なかなか行動に移せないのは、読書へのハードルの高さが原因の一つです。今回は、気軽に読書が出来るようになる本の読み方について見ていきましょう。

[続きを読む]

弁証法を活用して、思考力と精神力をセットで強くする

弁証法を活用する女性

自分の意見が否定されても、矛盾を感じるようなことがあっても、折れない心や思考力が身についたら、どんなシーンにおいても、それが活かされて次なるステップにつながる自信にもなります。今回は、メンタルと思考力の関係性について見ていきましょう。

[続きを読む]

高校受験が無い中高一貫校には、数多くのメリットがある

中高一貫校

中高一貫校は、6年間という長い時間をかけて、一貫した中等教育が行えるという特徴があります。これは、中高一貫校に高校受験が無いからこそ出来る事です。受験勉強に時間を取られない事、受験に影響する内申点に気を取られない事で生まれる様々なメリットは、思春期の成長にも、これからの大学受験にも役立ちます。

今回はこのような、高校受験の無い中高一貫校だから行える教育とそのメリットについて、詳しく見ていきたいと思います。

[続きを読む]

子供の隠れた人間力を掘り起こせ!習い事の最新事情

プログラミングを習う子供

かつての学歴万能社会は形を変え、学校の勉強を頑張ったからといって、社会では必ずしも評価されない時代が到来しています。我が子の将来を見据え、習い事で経験値を上げ、人間力を高めたいと願う親のニーズが高まり、習い事市場は拡大し、その分野も細分化しています。

親の時代には存在しなかった今注目の習い事や、昔からある習い事の新たな取り組みなど、子供の習い事選びのヒントになる最新事情を見ていきましょう。

[続きを読む]

受験生、就活生必見!読書感想文、小論文、自己PR文を上手に書く方法

文章を書いている男性

読書感想文、小論文(大学入試など)、自己PR文(就職活動など)は、人生で避けては通れない代表的な文章かと思います。文章を書くのが嫌いな人、苦手な人でも、この3つの全てを書かずに大人になったという人は少ないでしょう。今回は、読書感想文、小論文、自己PR文を上手く書くテクニックについて見ていきましょう。

[続きを読む]

大学附属系、公立、通信制の個性派女子校の実態

女子校の学生

日本には私立学校だけでなく、大学附属系の教育一貫校、公立校、または通信制の学校まで様々な女子校が存在します。どの学校も独自の設立背景を受けて個性を伸ばし、日本の女子教育の振興を目指しています。

また学校の個性も多様ならば、そこに通う生徒たちの個性もまた多様です。しかし、多様な生徒にも一つ共通して「社会に貢献できる可能性」を感じます。個性派女子校の実態を探りながら、生徒たちに共通する可能性について考えていきましょう。

[続きを読む]

本の選び方が分からない人必見!自分に合う本を選ぶ10の方法

山積みの本

本を読んだほうがいいことは分かっていても、いざ実際に書店に行ってみるとどんな本を手に取ればいいのか分からず困ってしまった…という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

できれば最初に手に取った一冊目から、自分の目的にぴったりと合ったものであってほしいですよね。今回は、膨大な数の本たちの中から自分に合う本を見つけるための本の選び方を10パターンご紹介します。

[続きを読む]

海外の男女別学の実態と日本の男子校

男子校の学生

海外では多くの国で共学に比べて男女別学の方が学力を高めるのに有効であるといった内容の研究結果が報告されています。その例をいくつか見てみると共に、日本の学校の在り方について考えてみましょう。

[続きを読む]

一貫して行われるべき中等教育と、それを担う中高一貫校がたどってきた歴史的経緯

中高一貫校

新しいイメージの強い中高一貫校ですが、実は戦前にも、旧制中学という名称で存在していた事をご存知でしょうか?一貫した中等教育を行うという意味では、どちらも同じ役割を果たします。

旧制中学から現在の中高一貫校へと姿を変えるまで、どのような経緯があったのでしょうか。今回はその歴史について、一貫した中等教育の重要性と併せて見ていきたいと思います。

[続きを読む]

弁証法を思考に取り入れると、思考も精神力も鍛えることができる

弁証法で思考中

討論には、さまざまの手法があります。その中でも弁証法の活用は、思考力と精神力の二つを鍛え上げられる方法としておすすめです。弁証法を取り入れることが、思考力や精神力の向上にどのようにつながっていくのかについて見ていきましょう。

[続きを読む]

学歴に代わる力を身に付けろ!習い事に投資する親たち

習い事として空手をする子供たち

時代の移り変わりとともに、社会で求められる人材のスペックにも変化が生じています。これまでの「学歴」に代わり、忍耐力やコミュニケーション能力、自己肯定感といった「非認知能力」が重視される傾向が強まるにつれ、学校や塾でできない学びを求めた親達は、我が子に様々な習い事を与えるようになりました。

東大生がやっていた習い事など、情報に振り回されつつも貪欲に情報を求める姿だけでなく、昨今の習い事の注目トレンドについても見ていきます。

[続きを読む]

本を読むと良いことがある!読書がもたらす7つのメリット

読書をする女性

「本はたくさん読んだほうがいい」「若いうちは読書をすべき」と大人の人に言われた経験はないでしょうか?本は読んだ方がいいのだろうけど、なかなか手が出せないなんていう人もいるかもしれません。ここではそんなあなたに、読書をするとどんないいことが待ち構えているのか、7つの理由を挙げてご説明します。

[続きを読む]

女子校の実態!有名女子校の特徴、指導方針等

女子高生

日本には、女子校が幾つも存在します。そして歴代に名を残した女性たちの中には、女子校出身者が多くいます。そこで有名女子進学校に注目し、その素性を詳しくみていきましょう。

各校独自のカリキュラムや環境を有する一方で、女子校に共通するカリキュラムや環境もあります。優秀な女性を教育する秘密が、そこにはきっと隠されているはずです。

[続きを読む]

読者を惹きつける文章を書く秘訣!タイトルで心をつかんで、個性あふれる展開でゴールまで書こう

文章を書く

文章を書く時には、まず、タイトルで読み手を惹きつけて、そこからグイグイと面白いと思ってもらえる内容の文章を書き進めて、ゴールに到達したいものです。独自の視点で書かれている文章ほど、面白味が増します。個性的で構わないので、自分の世界観を前面に打ち出して書いていきましょう。

[続きを読む]

弁証法を活用して、思考をワザ化しよう!

考える子供

お互いの意見が2つに分かれてしまったら、どんなときでもどちらかに決めなくてはいけないと思ってはいませんか?今回は、そうではなく、2つの意見をさらに違う次元から見て統合する思考法について見ていきたいと思います。

[続きを読む]

男子校の中身をのぞいてみよう!有名男子校の特徴、指導方針等

男子校

厳しいイメージがある男子校ですが、女子の目を気にせずにのびのびできる環境でもあります。しかし一口に男子校と言ってもいろいろな学校がありますので、どんな特徴があるか有名男子校をいくつか見ていきましょう。

[続きを読む]

いい大学へ行く事だけにとらわれないで!中高一貫校を選択する上で大切な事

中高一貫校

中高一貫校は、いい大学に入る為の学校であると思われがちですが、それだけではありません。思春期の大切な6年間を過ごし、今後の人生に大きな影響を与えてくれる場所です。その事をしっかり頭に入れた上で、学校選択をしていく必要が何より重要なのです。

今回はその点について、中高一貫校の教育が子供に与えるものは何かという事を踏まえながら、詳しく見ていきたいと思います。

[続きを読む]

女子校出身者の特徴

女子高生

ヒラリー・クリントン、レディー・ガガ、オノ・ヨーコ、緒方貞子…世界で活躍する女性たちには、一つの共通点があります。それは、彼女たちが「女子校の出身者」であることです。

共学校出身者と女子校出身者の違いとは一体何でしょうか?女子校のどのような点が、彼女たちの成功につながっているのでしょうか?女子校出身者の特徴を説明しながら、考えていきましょう。

[続きを読む]

もっと勉強したいと子供からやる気を出すようになる!小学生の家庭学習を継続させる方法

勉強する小学生

小学生のうちに家庭での勉強に慣れてきたら、子供のもっとやりたい欲求を親がコントロールしながら、勉強時間を延ばしたり、課題の難易度を上げたり、子供に常に興味を持たせて、楽しく勉強しましょう。中学生になって、勉強につまずいた時は、小学生の基礎に戻って勉強し直せば、問題ありません。

[続きを読む]

大手塾の参入も相次ぐ低学年向け塾の現状

低学年向け塾

塾や予備校は基本的には全て、進学を目標に勉強を教え、受験の指導をするものです。しかし、小学校3年生以下の低学年や、幼稚園くらいの年齢の子供たちが通う塾は、少し違った側面を持っています。

塾が用意している低学年コースでは、勉強への意欲を引き出す事に重きを置き、他にも、子供を預かる学童保育の機能を兼ね備えた塾も登場しています。あらゆるニーズに応える塾が、近年参入する低学年教育の現状は、どのようなものなのでしょうか。

[続きを読む]

今いる立ち位置を変える事で、思考の幅が広がる

考える人

見えている景色や思っている事は、あなたが今いる立ち位置から得られる物です。この立ち位置を身体的にも思考的にも変えてみると、思考幅がさらに広がっていくことに気付くはずです。今回は、その立ち位置を変えて思考力アップを図ることについて見ていきましょう。

[続きを読む]

やり抜く力は勉強にも社会に出てからも必要!子供のやり抜く力を育てる親の心構え

ルービックキューブでやり抜く力を鍛える親子

人が物事を成し遂げるには、やり抜く力が必要です。チャレンジ精神があっても、途中で投げ出してしまっては、何かを成し遂げることはできません。やり抜く力とはどんなものなのか、見ていきましょう。

[続きを読む]

女子校での教育が日本を変える

女子校生

「28歳女性」というフレーズを聞いて、あなたはどのように思うでしょうか。女性にとって28歳とは、大きな人生のターニングポイントとなる年齢だと一般的に言われています。このように言われる所以は、結婚、妊娠、出産、と人生の大きな選択を迫られるタイミングだからです。

この年齢となった時の自分を、どれだけ早い段階でイメージすることができるかが、今後女性が社会に進出して自由に働ける鍵となります。そして行く行くは日本社会の変革にも大きく影響を及ぼすことになるかもしれません。

[続きを読む]

中学受験塾は子供の「生きる力」を磨く

中学受験塾で勉強する小学生

難関大学への受験を目指すには、進学に強い名門中高一貫校へ入る事も大切です。実際に、東大をはじめとした難関大学の合格者は、たいていが名門中高一貫校の生徒だからです。

そして、名門中高一貫校へ入るためには、激しい中学受験を乗り越えなくてはなりません。中学受験に必須といわれる中学受験塾では、何を教えそしてそれぞれの塾にはどのような理念や特色があるのでしょうか。

[続きを読む]

文章を書くことを習慣化すると、生活が劇的に変わる!

文章を書く女性

文章を書くという行為は、慣れない人にとっては、何から始めて良いか戸惑ってしまうかもしれません。まずは、日常生活の中で、何か書くことはないかと、探求心を持ってみましょう。書く材料を求めながら生活するだけで、あなたの暮らし方は、きっと変化するでしょう。

[続きを読む]

女子校は女性へのメリットで溢れている

通学する女子校生

女性同士の集まりを見ると、一見仲が良さそうに見えても裏では…などといった勘繰りをする人も少なくないでしょう。大人の女性同士でもそのようなことが起きる中で、女子生徒だけを集めた女子校ではもっと激しい感情のぶつかり合いがありそうです。

しかし、思春期の女子生徒を集めた教育環境には、そのようなデメリットなど気にもならなくなるような素敵なメリットがたくさんあります。

[続きを読む]

日常生活の中で勉強になることを小学生に経験させよう!

カブトムシを飼育する子供

普段の何気ない生活の中にも、小学生の子供達にとっては、勉強になることが、たくさん散りばめられています。漢字も、計算も、社会も、理科もいろいろあります。子供が生活していく中で、机上の勉強だけでは得られない知識を、親がサポートして教えてあげて下さい。子供が楽しく自然と知識を身につけることが出来たらベストです。

[続きを読む]

男子校のメリット、デメリット

男子校の入学式

共学校が主流となっている今日、男子校を選ぶメリットとは何なのでしょうか、そしてデメリットもやはりあるのでしょうか。実際に、男子校の生徒はどのような生活をしているのか、ベールに隠された男子校の内情を見ていきましょう。

[続きを読む]

女子校に根付く教育カリキュラム

共立女子中学高等学校の礼法授業

少子化に伴い、水面下では学校同士の生徒獲得抗争が続いています。そのような中で、ある一定の保護者からは「校則の厳しい女子校」が未だに強い人気を誇っています。個性や自由を尊重する傾向にある現代において、なぜルールの厳しい女子校が人気なのでしょうか。その秘密を見ていきましょう。

[続きを読む]

子供の成長を促すチャレンジ精神を育む方法

積み木の積み上げにチャレンジする親子

人生はチャレンジの連続です。我が子には、臆することなくどんどんチャレンジしてほしいと、親は思うでしょう。チャレンジ精神を育むには、親がきちんとした心構えを持つことが必要です。具体的に見ていきましょう。

[続きを読む]

具体例あり!小学生の家庭でのお勧め勉強法

勉強する小学生

家庭での勉強を継続させるためには、「楽しいこと」が最重要ポイントです。ゲームやクイズをする感覚で、勉強と親しみましょう。家庭でお勧めの勉強方法を、算数、国語ともに具体例を出して紹介していきます。学校の宿題を楽しく行うやり方も説明します。楽しさアップ、集中力もアップ、そうすれば、成績もアップします。

[続きを読む]

時代に合わせて変化する予備校と塾

予備校

少子化などの社会背景から、浪人生の数は年々減少傾向にあります。大学に入る事ができない若者が減った事は喜ばしい事ですが、浪人生をサポートしてきた予備校は厳しい状況にあります。

大手の予備校は、中高一貫校生向け塾を開設したり、新しい授業方式を取る事で、時代に形を添わせるようにしてこの状況を切り抜けています。他にも、時代や社会の動きに沿った新しい塾も現れています。塾業界は常に、日本の教育と社会を反映しているのです。

[続きを読む]

子供が目標を目指すとき、親子の意思疎通が力になる!

目標を目指す親子

子供にとって受験は、将来を考える機会であり、大きな不安要素の一つでもあります。子供の不安を取り除くには、親が子供の気持ちに気付き、ケアをする必要があります。それには、親子間のコミュニケーションが大切となってきます。

普段から意思疎通が十分であれば、子供の変化に気付くことが出来ます。子供が困っていれば、解決方法を示すことも容易です。大人は子供と違い、大きな視野で物事を捉える事が出来ます。視野が狭い子供に、「大丈夫だよ。大したことではない」とアドバイスすることができるでしょう。親は子供の後ろ盾となり、支えになることが大切です。

[続きを読む]

いろいろな角度から物事を観て、思考力をアップさせ、コミュニケーションに活用しよう!

考える女性

今、私達がそれぞれの目で見ている以外の世界を、意識して考えたことがあるでしょうか。他人の感覚、ペットの世界など、ちょっと今の感覚をずらして違う目線で物事を見る事が、思考力を確かな物にして、それがやがてワザ化されていきます。自分の感覚以外の思考をいかに受け入れて、テクニックとして活用するかについて見ていきましょう。

[続きを読む]

日本で女子校が減る理由、海外で女子校が増える理由

女子高生

「男女平等」という言葉が当たり前になって久しいですが、それと同じくらい「女性の活躍できる社会」という言葉も耳にするようになりました。社会の重責に女性を途用するなどの取り組みは見られますが、まだまだ「女性の活躍する社会」になるまでには時間がかかりそうです。

では、女性はどのような環境ならば活躍できるのでしょうか?女性の特性を伸ばすには、どのような学習環境が適しているのでしょうか?ここでは男女平等の陰でその数を減らしている女子校に着目して、その答えを考えていきます。

[続きを読む]

合否だけが重要ではない!中学受験を成長の機会と考える

中学受験合格を目指す親子

中学受験において、親はどう子供に関わればいいのでしょうか。中学受験のために勉強をしていると、子供は必ず困難な場面に出くわします。親は子供にどう声をかけ、サポートすべきか、中学受験で親が教えるべきことや心構えをについて見ていきましょう。

[続きを読む]

21世紀の大人の教養の身に付け方

大人の教養のための読書

教養の位置づけや意味合いは、長い歴史の中で形を変え続け、どんどんと軽く、浅くなってきました。21世紀を迎え、インターネットの爆発的な普及の結果、教養はいつでもどこでもアクセスできるものになるのと同時に、教養の大切さが再認識され始めています。

大人の教養として、改めて教養に触れる醍醐味、また、スマートフォンでインターネットを持ち歩くスマホ時代でどう教養を取り扱うべきかなど、これからの新しい教養文化を考えてみましょう。

[続きを読む]

子供に考える力を身につけさせるための親の心構え

考える子供

我が子に、自分の考えを持った子供になってほしいと思う親は多いのではないでしょうか。考える力は社会に出てからも不可欠なものであり、子供のうちから身につけさせたい力です。社会でどのような考える力が求められるのか、親ができることは何か、見ていきましょう。

[続きを読む]

思い込みの枠を取り外し、発想を広げる思考力

発想力豊かな子供

人間は、物事を分節化して決めつけて見る傾向があります。しかし、これは悪い事ではなく、日常生活ではそれを術として無意識で行っています。今回は、この決めつけという枠を外す意識をすれば見えてくる、思考力アップの方法について考えていきたいと思います。

[続きを読む]

忘れにくい記憶は誰でも作れる!記憶力アップの方法とは?

記憶脳

一生懸命覚えているつもりでも、すぐ忘れてしまう…。もっと記憶力があれば、成績が上がるのに…。そう感じた事はありませんか?

記憶力を高めたいなら、「記憶」を知る事がその第一歩です。記憶の為の脳の使い方をマスターすれば、誰でも強い記憶を作り出す事が出来ます。今回は記憶とその脳の仕組みを理解しながら、より忘れにくい記憶を作る方法を探っていきましょう。

[続きを読む]

思いやりの心や相手の立場が分かるにはイメージ力が必要!イメージ力のある子に育てる親の心構え

イメージする子供たち

我が子が思いやりのある子に育ってほしい、相手の立場を分かる子になってほしいと願いは、どの親も持つものではないでしょうか。思いやりや相手の立場というのは、イメージの力と大きく関わっています。

イメージ力のある子供は精神的に成長しているだけでなく、勉強においても伸びる力を持っています。イメージ力とは何か、勉強とどのように結びつくのか、そして、社会に出たときにどのように役立つのかを見ていきましょう。

[続きを読む]

難関大学への近道「名門塾」とは?鉄緑会、平岡塾、SEG、グノーブル、成増塾、研伸館を解説

名門塾に通う生徒たち

希望する大学の受験に合格するためには、良い高校を選ぶ事も大切ですが、実のところ受験勉強においては学校よりも塾が重要といえます。自分の学習スタイルや、目指す大学の受験に強い塾を選んで学ぶ事が大切なのです。

数多い塾の中でも、東大をはじめとした難関大学を目指す生徒がこぞって通う、いわゆる「名門塾」では、どのような学校に通う生徒が集まり、どのような指導を受けているのでしょうか。

[続きを読む]

子供の頃から合理的に考えるクセをつけさせよう!

考える子供

私たちは生活する上で、絶えず何をするべきか?を考えながら行動しています。日々変化する生活の中で、何を優先するべきか?を間違えずに段取り良く行動出来れば、大抵のことはトラブル回避できます。

また、勉強ができるようになる為には「優先順位」と「段取り力」を身につける必要があります。それには、物事を広い視野で考えること、物事には繋がりがあることを見抜く力が必要です。

[続きを読む]

教養とは、身体に刻み付けて身につけるもの

教養を身につけようとする子供

心が折れやすい日本人が、最近増えてきたように思います。それは戦前と戦後で日本の教育が大きく変わったことと無関係ではないようです。昔の寺子屋では、型を身につけるまで論語などを反復する素読が行われていました。また、禅の思想や書道など、教えを身体に刻み込ませることは日本人が得意としてきました。

身に付けた教養は「技」となり、使いこなせるようになるばかりか自分の自信にもつながり、心が強くなるのです。日本人が取り戻すべき、精神を鍛え、心を安定させる「型」の教育について考えます。

[続きを読む]

勉強嫌いな小学生が毎日勉強するようになる家庭学習の進め方

勉強嫌いな小学生

勉強嫌いの子供に、家庭で自発的に勉強させることは難しいでしょう。スタートは、たった1分の勉強からで良いのです。それも、とても簡単な内容で良いのです。勉強は楽しいもの、簡単に出来るんだと、自信を持たせてあげることが重要です。それと、親御さんが一緒に勉強してあげることが、小学生のうちはとても大切です。

[続きを読む]

中学受験で気になる塾・学校選び、お金

中学受験の合格を目指す小学生

中学受験をするには、塾はどこに行かせたらいいのか、学校はどうやって選べばいいのか、お金はいくらかかるのか、疑問は尽きないでしょう。ここでは、気になる塾・学校選びのポイントやお金について、詳しく見ていきましょう。

[続きを読む]

不況や少子化の中で、塾が生き残るための戦略

塾での勉強

日本における塾は、公教育を支える民間教育という、教育界における立ち位置だけでなく、経済界においても目を引く存在です。しかし日本は今、少子化や不況などの問題を抱え、塾はその煽りを大きく受けています。

塾を運営する会社は、そうした難しい環境をあらゆる工夫で切り抜けようとし、同時に日本の教育をより良いものにしようと模索を続けています。塾の経済界における動きを中心に、塾が行う様々な工夫について考えてみましょう。

[続きを読む]

中学受験校を選ぶ際のデータの見方

中学受験のデータ

中学受験をする際、数多く存在する私立中学から、受験校を選ばなければなりません。各校の提示する情報や、塾や教育団体のデータを吟味して、我が子にとって「いい学校」を探すことが親の役割です。

私立中学のほとんどが中高一貫教育を行っているため、「大学合格実績」も参考にするべきでしょう。また、中学受験の際に必ず見なければならないのが、各中学の偏差値をまとめた「偏差値表」です。これらのデータをどのように見るべきか、また活用すべきか、その際の注意点などをまとめました。

[続きを読む]

やる気と集中力は、自分で作り出せる!

集中して勉強

勉強には、やる気と集中力が不可欠です。とは言え、苦手科目の時やその日の気分次第で、なかなか集中出来なかったり、やる気が続かなかったりという事もあるでしょう。そんな時でも強いやる気と集中力を生み出し、維持する方法について、脳の仕組みの観点から見ていきましょう。

[続きを読む]

小学生に「勉強しなさい」は禁句!勉強が楽しくなるよう導くのが親の役目

親子で勉強

小学生で「勉強が楽しい」とか「勉強大好き」と言う子供はほとんどいないでしょう。ところが、やり方を工夫すれば、勉強が楽しくなり、勉強が好きになってくれるはずです。そして、親が「勉強しなさい」と声をかけなくても、自分から勉強するように変わることが出来るのです。

[続きを読む]

言葉の力を育むために親ができること

子供の言葉の力を育もうとする親

言葉は、私たちの生活になくてはならないものです。学問においても基礎となるのが言葉であり、社会に出てからは、言葉をうまく使えるか否かが成功の鍵を握っています。子供が社会に出たとき、自立して生活していくためには、言葉の力を身につけていなければなりません。

言葉の力とは具体的にどんなものでしょう?言葉の力を身につけるために、子供のうちから身につけておくべきことは何でしょう?家庭でできる言葉の力をつける方法や親の心構えについて見ていきましょう。

[続きを読む]

賢く社会を生きるために必要な「意識」について考えよう!

意識の高いビジネスマン

頭の良さとは何だと思いますか?知識が多い事でしょうか。それとも、テストの点数が高い事でしょうか。近年では、頭の良さの意味は少し違っています。「社会の中でどう振る舞う事が出来るか」ということが、重要視されています。そのために必要となるのが「意識」です。

[続きを読む]

学校と塾の役割の理解が、将来と受験を助ける

塾で勉強する高校生

子供が成長し進学する事に関して、学校と塾は密接に関係してきます。しかし学校と塾のそれぞれの役割を説明する事は、意外と難しい事ではないでしょうか。学校と塾は、お互いに役割を分担する事で、日本の教育を支え、豊かにしてきました。

子供や保護者は、学校と塾がそれぞれどのような役割をもって日本の教育を支えてきたのかを把握すれば、学校も塾も、もっとうまく活用出来るようになるはずです。

[続きを読む]

教養に必要なのは、基礎知識と感動できる心

本を読んで教養を身につける

教養は自分の内面を豊かにするために進んで身につけるものであり、試験突破のために詰め込んだ受験勉強の知識とは根本的に違うものです。

様々な分野の教養は、日本で手に入る世界中の本の中であなたを待っていますが、より効果的に教養を身につけるにはちょっとしたコツがあります。道しるべとなる人や本からのアドバイスと、新しい知識に「すごい!」と素直に驚ける感性、この2つを携えて、教養の森へ足を踏み出してみませんか?

[続きを読む]

子供を褒めて、勉強するサイクルを作る

勉強する子供

子供のやる気を引き出す為には、どうすれば良いのでしょうか。いくつか方法がありますが、親が子供を褒めることもその1つです。しかし、やみくもに褒めれば良いというものではありません。子供の個性や才能に着目して褒めましょう。褒めることで、子供が自尊感情を養うことが出来れば「自分は、やればできる!」とプラスの気持ちで努力することが出来ます。

何かに興味を持った時、努力することが出来れば、才能を開花させる場合があります。勉強も深い探求心をもって、没頭していく事が出来るでしょう。子供が持つ興味に気づき、サポートしてあげられることが大切です。

[続きを読む]

頭が良くなる思考のヒント

頭の良い人

人間は、物の見方や感じ方が一人一人違っていることは当たり前のことです。しかし、その違いがさらなる一人一人の人生を変えていきます。今までの自分とは違った思考になれば、昨日まで予想していた明日の自分とは違う人生が始まるかもしれません。今回は、思考法について見ていきたいと思います。

[続きを読む]

中学受験における親の役割

中学受験を控えた親子

中学受験において、親は子に大きな影響を与えます。しかし、その影響は、関わり方によっては良くも悪くもなりえます。中学受験において、親はどのような役割を担うべきなのでしょうか。親の考え方や心構えについて見ていきましょう。

[続きを読む]

中学受験で選ぶ中高一貫校のメリット

中高一貫校

私立の学校の多くは、中学部と同時に高等部を開設しており、中高一貫教育が行われています。近年では、公立の中高一貫校も増えています。中高一貫校にはどのようなメリットがあるのか、私立と公立にはどのような違いがあるのかについて詳しく見てみましょう。

[続きを読む]

今までとはひと味違う読書感想文の書き方

読書感想文を書く

小学校から高校まで、1年のうちで1回も読書感想文を書かないという年は、おそらくないでしょう。多少面倒とはいえ、とにかく読んで書いてしまえば終わるものですから、えいや、とやっつけてしまうことに慣れてしまう人も多いかも知れません。ですが、どんなに力技を使ったとしても、本を読み、書く手間暇はかかるものです。

どうせ同じ苦労をするならば、一度くらいは、今までとはひと味違う読書感想文を書いてみるのはどうでしょうか。ただの面倒な課題と思わずに、ほんの少し考え方を変え、書き方にほんの少しの工夫を加えてみるだけで、読書感想文を驚くほどレベルアップさせることができるのです。

[続きを読む]

新聞は知識だけではなく様々な力を養う知恵の宝庫である

新聞を読む子供

あなたは新聞を読む習慣がありますか?新聞を読めば、知識が増えるだけでなく、書く力や読む力や考える力、さらにありとあらゆる感覚が磨かれます。ここでは新聞を読む事で磨かれる力の具体例を挙げて、身になる新聞の読み方を考えていきます。

[続きを読む]

勉強に夢中になる方法は、脳の個性によって変わる

勉強に集中する子供

子供一人一人に個性があるように、脳にも個性がある事をご存知ですか?男女の差、個人差、遺伝、環境等、多くの要素によって脳の個性は決められています。そして、脳の個性が異なれば、勉強に夢中になる方法も異なります。我が子の脳の個性を知る事で、自分から「勉強したくなる」方法を見つけるともに、学力アップの方法を探っていきましょう。

[続きを読む]

教養ある人が手に入れる宝物

教養ある女性

偉大な先人の書物や芸術、そして自分の国に連綿と受け継がれてきた文化を取り入れることで自分を成長させることを、「教養を身につける」と言います。

近頃はなおざりにされがちな「教養」ですが、生きて行く上での支えとなり、人生を彩り豊かにしてくれますし、時には恋愛のきっかけになるかもしれません。教養を高めるためのトレーニング法とあわせ、教養の様々な効用について見てみましょう。

[続きを読む]

塾に付いて回る悪のイメージはどこから来たのか

塾で勉強する子供たち

日本において「塾」という民間の教育機関は、江戸時代の寺子屋の頃から、各時代の親や子供のニーズに応え、柔軟に変化してきました。しかし、現代においても塾に対してネガティブなイメージを抱く人がいます。塾はなぜ悪のイメージを抱かれるのでしょうか。教育の歴史と塾の歴史を関連付けながら、塾が本当に悪であるのかを今一度考えていきましょう。

[続きを読む]

中学受験のために、塾に通うのはかわいそうなのか?

塾で勉強する小学生

中学受験というと、「子供がかわいそう」「親が勝手に決めているのだろう」といったイメージが世間には根強くあります。小学生では将来について見通して考えるには幼すぎる、勉強なんて楽しいものではないといった大人の固定観念がこれらのイメージの裏にはあるのかもしれません。

世間のイメージからは、中学受験の実態は見えてきません。中学受験をする子供達の実態について、様々な調査を用いながら見ていきましょう。

[続きを読む]

東大合格者数上位10校中8校は男子校!男子校を再考しよう!

男子校の生徒

近年、共学校がメジャーになり、男子校は圧倒的に少なくなっています。しかしながら、「草食系男子」や「スイーツ男子」と言われるような男子が増殖する今日、男子校には共学校にはない、男子が男子らしく育つ環境があります。また、学力面でも、東大合格者数上位10校中8校が男子校です。改めて男子校について考えてみたいと思います。

[続きを読む]

読書感想文を、基本からほんの少しレベルアップさせたい時の書き方

読書

普段は意識することもあまりないものですが、日本語というのはとても豊かで繊細な言語です。言葉や文法にほんの少しの間違いがあれば、意味が通じなくなることもありますし、ほんの少しの工夫があれば、逆に驚くほど豊かな表現ができてしまいます。読書感想文を書く時には、やはりそれなりの文章力や表現力を身につけておきたいものです。

[続きを読む]

勉強したことを確実に記憶、理解するにはどうすればよいのか?

勉強中の小学生

もし子供が「自分は物覚えが悪い」と落ち込んでいるなら、「悩む必要は無いよ」と教えてあげましょう。「人は記憶した事の約7割を24時間には忘れてしまう」といことが実験で実証されています。勉強をして、確実な記憶として定着させるにはどうすればいいのでしょうか?いくつか例を挙げて見ていきたいと思います。

[続きを読む]

新聞は読むだけではなく、「使う」ことで真価を発揮する

新聞を読む親子

新聞を読み、新聞を「使う」ことによって、私たちはあらゆる力を磨く事が出来ます。新聞には社会の情報の他にも、多くの事を私たちにもたらしてくれます。新聞が扱う事柄について知り、新聞に親しみ、社会を生きる糧としての新聞の使い方、新聞を活かす方法を考えてみましょう。

[続きを読む]

教養であなたの人生は豊かになる

本で教養を高める

昭和の時代まで、人間の価値を高めてくれたのは教養でした。古典文学や伝統文化を学ぶことは自分の中に引き出しを増やし、教養を身に付けた人は豊かな人生を送る支えを手に入れました。時代は変わりネット社会となった現在、人間関係のあり方も変化する中、教養を取り巻く環境が大ピンチに陥っています。教養って何?身につけるメリットは?改めて振り返ってみましょう。

[続きを読む]

子供が勉強に夢中になる脳の仕組み

勉強脳

自分の子供は、どうすれば勉強するようになってくれるの?子供が夢中で勉強する方法があるならぜひ知りたい!多くの親がそう思うはずです。ズバリ、それには脳が深く関係しています。脳が夢中になる仕組みを詳しく知ることで、子供を勉強に夢中にさせる方法を探っていきましょう。

[続きを読む]

ちょっとした工夫で子供が自発的に勉強に取り組む!

勉強している子供

子供を持つ親なら、「遊んでばかりいないで、進んで勉強をしてくれればいいなぁ」と思われる方は多いでしょう。勉強は「やらなければ落ち着かない」と言うように、習慣化してしまえば自発的に取り組めます。また、子供のモチベーションを維持する為に、小さな進歩に着目して子供を褒める事が大切です。

それでは、どうすれば自発的に勉強に取り組めるようになるのか、見ていきたいと思います。

[続きを読む]

なぜ中学受験をするのか?

家庭教師と勉強する小学生

「中学受験」と聞くと、どのようなイメージを持たれるでしょうか。友達と遊ぶ暇を惜しんで毎日塾に通う小学生や、受験校をめぐって火花を散らす教育ママの姿を思い浮かべる人も多いでしょう。「小学生のうちから塾に通わせるのはかわいそうだ」、「親が子供に押し付けているのだろう」という声も聞こえてきそうです。

世間のイメージのように、「中学受験」は親に押し付けられた子供たちが嫌々しているものなのでしょうか。なぜ彼らは「中学受験」を選択するのかについて、様々なデータや歴史的な背景を交えながら紹介していきます。

[続きを読む]

優先順位を考える力を楽しみながら身に付けさせる方法

優先順位付け

大人に近づけば近づくほど、こなさなければならないことが増えてきます。そうなると、優先順位の高いものから取り掛かっていかないと、うまくいろんなことをこなすことができません。この力は、子供のころから少しずつ養っていくことができます。しかも楽しみながら身につけさせる方法もあります。

[続きを読む]

読書感想文を書くための読み方と書き方

読書感想文を書く子供

作文が苦手、文章を書くのが苦手、本を読むのがとにかく嫌!などなど、読書感想文を書くのがつらくなる理由は色々あるでしょう。中でも困るのは、本を読むには読んだけれど、何を書いたらいいのか分からない、という悩みです。

せっかく読んだのに、そこから先に進めない、などというもったいないことにならないように、まずは読む前、読む時にちょっとだけ、いつもと違うことをしてみませんか?

[続きを読む]

読み方から書き方まで、自分だけの読書感想文を書くために大切なこと

読書感想文を書く子供

読書感想文を書けと言われて、すぐに書けたという人はそう多くはいないでしょう。小さな頃は書けていたのに、だんだんと面倒になったり、書けなくなったりすることもあります。けれど、ほんの少し考え方を変えてみるだけで、うんざりどころか、すいすい書けるようになるのです。

[続きを読む]

新聞には今の社会を生きるためのあらゆるノウハウが詰まっている

新聞

あなたの家では新聞を取っているでしょうか。新聞は、とにかく便利なメディアです。あらゆる情報の源であると同時に、他のメディアにはないメリットがあり、また新聞を読むことで養われる力がたくさんあります。

それだけに、昔に比べて新聞を購読する人が圧倒的に減った現況は、実にもったいないと言わざるをえません。新聞というメディアのメリットや、新聞を読むことで養われる力について考え、今一度新聞について見直してみましょう。

[続きを読む]

中学受験における親の関わり方

中学受験の勉強

中学受験をする子供が増えてきています。中学受験をさせる上で、親が心がけることは何でしょうか。それは、親も子供と同じくらい受験にしっかりと関わることです。どうして受験する本人と同じくらい、親が関わらなければならないのでしょうか?

[続きを読む]

失敗経験から成長していける子に育てる

テストで0点

人間は誰でも失敗をするものですし、失敗すれば誰でもくやしいものです。ですから、我が子が失敗しないようにと願ってしまうのも自然なことでしょう。しかし、失敗は子供が成長するチャンスです。失敗の経験から子供が成長していけるようにするために、親はどのように関わっていけばよいのか見ていきましょう。

[続きを読む]

おいしいジュースで楽しく「量」の概念を身に付けよう

オレンジジュース

算数というととかく「数」に目が向きがちですが、算数には「量」という分野もあります。幼児には数だけでなく量の概念も身に付けさせたいものです。これは教え込むより日常生活の中で楽しく自然と身に付けさせるのが良い方法です。具体的に見ていきましょう。

[続きを読む]

きれいな字が書けるようになるための就学前の正しい準備

字の練習をする子供

まだ小学校に入っていないうちから、ひらがなを書くことができる子供が増えてきています。最初から形を整えてきれいな字を書くことは、当然ながら無理なことですが、小学校に上がるまでにきれいな字を書けるようになっておくべきなのでしょうか?また、きれいな字を書くために、就学前からやっておけることはあるのでしょうか?

[続きを読む]

日常生活の中で分数の感覚をつかむ体験をさせよう

ケーキを切り分ける

あなたは小学生の頃、算数が好きでしたか?苦手だったという方もいらっしゃることでしょう。お子さんが算数で苦労しないようにするには、生活の中で算数を使う場面を大事にすることです。小学生がつまずきやすい分数を例にとって、具体的に見ていきましょう。

[続きを読む]

頑張り続けることだけが良いわけではない

頑張る女の子

子供には頑張る力を持たせたいものですね。やる気がない子供を見ると「どうしてもっと頑張れないのかしら」などと思ってしまうものです。しかし、頑張り続けさせることだけを子供に求めてはいけません。そうしていると、子供は逆に頑張る力を失ってしまうかもしれません。

[続きを読む]

勉強ができる子にするために就学前からできること

親子で読書

今は、就学前の子供でも勉強に取り組んでいることが多いです。あなたのお子さんも、一生懸命やっているかもしれませんね。しかし、子供が何度も同じ問題で間違えたり、いくらやっても理解できなかったりすることはありませんか?「この子は勉強ができない子なのかしら」と不安になるかもしれません。我が子を勉強ができる子に育てるために、就学前からやれること、気をつけるべきことを見ていきましょう。

[続きを読む]

バイリンガルに潜む罠 ~早すぎる外国語学習が子供を混乱させる~

英会話教室に通う子供たち

最近、小学校で英語が必修となったせいか、英語を学ぶなら早いほうがいいということで乳幼児の時期に英語の勉強を始めさせるケースが多く見られます。このように、幼い子どもに英語を学ばせることで何か問題が起きることはないのでしょうか。

[続きを読む]

子供が勉強をやる気になる方法!

勉強をする子供

子供に関する悩みはいろいろありますが、その中のトップに挙がってくるのが「なかなか勉強してくれない」というものではないでしょうか。子供が勉強に対してやる気になる方法を、いくつか見ていきましょう。

[続きを読む]

本好きな子供に育てよう!

本好きな子供

あなたのお子さんは本を読むのが好きですか?本好きな子供もそうでない子供もいて当然、嫌いなら仕方ない、と諦めるのはもったいない!本を読むことで得られるメリットはとても大きなことですし、親の働きかけ次第で、子供は本の世界に興味をもつようになるのです。

[続きを読む]

負けてかんしゃくを起こしてもOK!競争心は大事

将棋で競争心を育む

幼い子供の中には、ゲームなどで自分が負けると大泣きして暴れる子もいます。親としては心配になりますね。しかし、負けたことでかんしゃくを起こすことは、あまり心配ありません。それどころか、子供が成長するためのエネルギーのもとになってくれます。

[続きを読む]

少し無理をさせることで、子供は頑張る力を得ることができる

お手伝いと勉強に頑張る子供

「子供に大変な思いはさせたくない」と思うのが親心です。しかし、子供に少しの無理をさせると、子供に一生使える大切な力をつけさせることができます。詳しく見ていきましょう。

[続きを読む]

子供の習い事、大事なのは結果を期待しないこと

水泳教室

習い事をたくさんすることについては賛否両論ありますが、習い事の数に関わらず、子供に習い事をさせる時には親のスタンスが大事になってきます。それが明確でないと、本当は親がやらせたいと思っているのに、子供がやりたいのだと勘違いしてしまい、結果を出すことを望み過ぎて子供を追い詰めてしまいます。

[続きを読む]

頑張ってもなかなか成果が出ない子供にかける言葉

鉄棒の練習を頑張る子供

「頑張れば何でもできる」と子供には教えたいですが、どんなに頑張ってもなかなか成果が出ないことも確かにあります。そんな時、子供にどんな言葉をかけるのがいいのでしょうか。

[続きを読む]

子供の注意力を育てる方法

注意力を養う子供

子供が小さい時は、注意力がなくて当たり前と思っていませんか?実は、注意力は工夫次第で育てることができます。具体的な方法を1つご紹介しましょう。

[続きを読む]

親が子供の可能性を信じれば、難関大にも合格できる!

東京大学安田講堂

子供が、難しいと言われている学校に入りたいといった時、あるいはその子には合っていないと思われる学校を希望した時、あなたはどうしますか?その時の親の考え方次第で、子供の能力が開花するかどうかが決まります。こんな時私たち親は、どのように考えていけばよいのでしょうか。

[続きを読む]

子供の学力を伸ばすには親の熱心さとおおらかさが必要

娘の勉強を見るお母さん

進学校に通ういわゆる頭の良い子たちは、どのように育てられているのでしょうか。子育てにおいて子供の学力を伸ばすヒントが、そこに隠されています。詳しく見ていきましょう。

[続きを読む]

中学受験、まずは親の目的を明確に!

中学受験の勉強をする子供

子供に中学受験をさせようとお考えの方に質問です。「なぜ中学受験を決めたのですか?」これは、中学受験をさせる上での親の役割に大きく関わる質問です。ご一緒に考えていきましょう。

[続きを読む]

学校の主役は子供たちだ!

運動会の主役となる子供

今の学校には、学級崩壊を始めとした、様々な危機的状況があります。その原因は単純なものではなく、いろいろな要因が複雑に絡み合っています。このような状況を打破するにはどのような手立てが考えられるのでしょうか。

[続きを読む]

勉強を頑張ることのできない一原因

勉強を頑張れない子供

うちの子はどうもやる気がない、頑張る気持ちがない、親御さんの中にはそう悩んでいる人も大勢います。やる気やがんばる気持ちをもてない子供は、どうしてそうなってしまったのでしょうか?

[続きを読む]

子供が自ら進んで受験勉強しなければ、受験には勝てない!

合格を目指す受験生

受験中の子供がいると、「子供がなかなか勉強しない」と悩みがちです。しかし、勉強しているように見えても心配な場合があります。それは、「やらされている」という気持ちで、子供が勉強している場合です。これでは子供は決して伸びません。「やらされている」ではどうしてダメなのか、進んで勉強するようになるにはどうしたらよいのか、見ていきましょう。

[続きを読む]
1 / 3123

このページの先頭へ