facebook Twitter Google+ はてなブログ feedly

「教育・学習」の記事一覧(3 / 11ページ)

日本で女子校が減る理由、海外で女子校が増える理由

女子高生

「男女平等」という言葉が当たり前になって久しいですが、それと同じくらい「女性の活躍できる社会」という言葉も耳にするようになりました。社会の重責に女性を途用するなどの取り組みは見られますが、まだまだ「女性の活躍する社会」になるまでには時間がかかりそうです。

では、女性はどのような環境ならば活躍できるのでしょうか?女性の特性を伸ばすには、どのような学習環境が適しているのでしょうか?ここでは男女平等の陰でその数を減らしている女子校に着目して、その答えを考えていきます。

[続きを読む]

合否だけが重要ではない!中学受験を成長の機会と考える

中学受験合格を目指す親子

中学受験において、親はどう子供に関わればいいのでしょうか。中学受験のために勉強をしていると、子供は必ず困難な場面に出くわします。親は子供にどう声をかけ、サポートすべきか、中学受験で親が教えるべきことや心構えをについて見ていきましょう。

[続きを読む]

21世紀の大人の教養の身に付け方

大人の教養のための読書

教養の位置づけや意味合いは、長い歴史の中で形を変え続け、どんどんと軽く、浅くなってきました。21世紀を迎え、インターネットの爆発的な普及の結果、教養はいつでもどこでもアクセスできるものになるのと同時に、教養の大切さが再認識され始めています。

大人の教養として、改めて教養に触れる醍醐味、また、スマートフォンでインターネットを持ち歩くスマホ時代でどう教養を取り扱うべきかなど、これからの新しい教養文化を考えてみましょう。

[続きを読む]

子供に考える力を身につけさせるための親の心構え

考える子供

我が子に、自分の考えを持った子供になってほしいと思う親は多いのではないでしょうか。考える力は社会に出てからも不可欠なものであり、子供のうちから身につけさせたい力です。社会でどのような考える力が求められるのか、親ができることは何か、見ていきましょう。

[続きを読む]

思い込みの枠を取り外し、発想を広げる思考力

発想力豊かな子供

人間は、物事を分節化して決めつけて見る傾向があります。しかし、これは悪い事ではなく、日常生活ではそれを術として無意識で行っています。今回は、この決めつけという枠を外す意識をすれば見えてくる、思考力アップの方法について考えていきたいと思います。

[続きを読む]

忘れにくい記憶は誰でも作れる!記憶力アップの方法とは?

記憶脳

一生懸命覚えているつもりでも、すぐ忘れてしまう…。もっと記憶力があれば、成績が上がるのに…。そう感じた事はありませんか?

記憶力を高めたいなら、「記憶」を知る事がその第一歩です。記憶の為の脳の使い方をマスターすれば、誰でも強い記憶を作り出す事が出来ます。今回は記憶とその脳の仕組みを理解しながら、より忘れにくい記憶を作る方法を探っていきましょう。

[続きを読む]

思いやりの心や相手の立場が分かるにはイメージ力が必要!イメージ力のある子に育てる親の心構え

イメージする子供たち

我が子が思いやりのある子に育ってほしい、相手の立場を分かる子になってほしいと願いは、どの親も持つものではないでしょうか。思いやりや相手の立場というのは、イメージの力と大きく関わっています。

イメージ力のある子供は精神的に成長しているだけでなく、勉強においても伸びる力を持っています。イメージ力とは何か、勉強とどのように結びつくのか、そして、社会に出たときにどのように役立つのかを見ていきましょう。

[続きを読む]

難関大学への近道「名門塾」とは?鉄緑会、平岡塾、SEG、グノーブル、成増塾、研伸館を解説

名門塾に通う生徒たち

希望する大学の受験に合格するためには、良い高校を選ぶ事も大切ですが、実のところ受験勉強においては学校よりも塾が重要といえます。自分の学習スタイルや、目指す大学の受験に強い塾を選んで学ぶ事が大切なのです。

数多い塾の中でも、東大をはじめとした難関大学を目指す生徒がこぞって通う、いわゆる「名門塾」では、どのような学校に通う生徒が集まり、どのような指導を受けているのでしょうか。

[続きを読む]

子供の頃から合理的に考えるクセをつけさせよう!

考える子供

私たちは生活する上で、絶えず何をするべきか?を考えながら行動しています。日々変化する生活の中で、何を優先するべきか?を間違えずに段取り良く行動出来れば、大抵のことはトラブル回避できます。

また、勉強ができるようになる為には「優先順位」と「段取り力」を身につける必要があります。それには、物事を広い視野で考えること、物事には繋がりがあることを見抜く力が必要です。

[続きを読む]

教養とは、身体に刻み付けて身につけるもの

教養を身につけようとする子供

心が折れやすい日本人が、最近増えてきたように思います。それは戦前と戦後で日本の教育が大きく変わったことと無関係ではないようです。昔の寺子屋では、型を身につけるまで論語などを反復する素読が行われていました。また、禅の思想や書道など、教えを身体に刻み込ませることは日本人が得意としてきました。

身に付けた教養は「技」となり、使いこなせるようになるばかりか自分の自信にもつながり、心が強くなるのです。日本人が取り戻すべき、精神を鍛え、心を安定させる「型」の教育について考えます。

[続きを読む]

勉強嫌いな小学生が毎日勉強するようになる家庭学習の進め方

勉強嫌いな小学生

勉強嫌いの子供に、家庭で自発的に勉強させることは難しいでしょう。スタートは、たった1分の勉強からで良いのです。それも、とても簡単な内容で良いのです。勉強は楽しいもの、簡単に出来るんだと、自信を持たせてあげることが重要です。それと、親御さんが一緒に勉強してあげることが、小学生のうちはとても大切です。

[続きを読む]

中学受験で気になる塾・学校選び、お金

中学受験の合格を目指す小学生

中学受験をするには、塾はどこに行かせたらいいのか、学校はどうやって選べばいいのか、お金はいくらかかるのか、疑問は尽きないでしょう。ここでは、気になる塾・学校選びのポイントやお金について、詳しく見ていきましょう。

[続きを読む]

不況や少子化の中で、塾が生き残るための戦略

塾での勉強

日本における塾は、公教育を支える民間教育という、教育界における立ち位置だけでなく、経済界においても目を引く存在です。しかし日本は今、少子化や不況などの問題を抱え、塾はその煽りを大きく受けています。

塾を運営する会社は、そうした難しい環境をあらゆる工夫で切り抜けようとし、同時に日本の教育をより良いものにしようと模索を続けています。塾の経済界における動きを中心に、塾が行う様々な工夫について考えてみましょう。

[続きを読む]

中学受験校を選ぶ際のデータの見方

中学受験のデータ

中学受験をする際、数多く存在する私立中学から、受験校を選ばなければなりません。各校の提示する情報や、塾や教育団体のデータを吟味して、我が子にとって「いい学校」を探すことが親の役割です。

私立中学のほとんどが中高一貫教育を行っているため、「大学合格実績」も参考にするべきでしょう。また、中学受験の際に必ず見なければならないのが、各中学の偏差値をまとめた「偏差値表」です。これらのデータをどのように見るべきか、また活用すべきか、その際の注意点などをまとめました。

[続きを読む]

やる気と集中力は、自分で作り出せる!

集中して勉強

勉強には、やる気と集中力が不可欠です。とは言え、苦手科目の時やその日の気分次第で、なかなか集中出来なかったり、やる気が続かなかったりという事もあるでしょう。そんな時でも強いやる気と集中力を生み出し、維持する方法について、脳の仕組みの観点から見ていきましょう。

[続きを読む]

小学生に「勉強しなさい」は禁句!勉強が楽しくなるよう導くのが親の役目

親子で勉強

小学生で「勉強が楽しい」とか「勉強大好き」と言う子供はほとんどいないでしょう。ところが、やり方を工夫すれば、勉強が楽しくなり、勉強が好きになってくれるはずです。そして、親が「勉強しなさい」と声をかけなくても、自分から勉強するように変わることが出来るのです。

[続きを読む]

言葉の力を育むために親ができること

子供の言葉の力を育もうとする親

言葉は、私たちの生活になくてはならないものです。学問においても基礎となるのが言葉であり、社会に出てからは、言葉をうまく使えるか否かが成功の鍵を握っています。子供が社会に出たとき、自立して生活していくためには、言葉の力を身につけていなければなりません。

言葉の力とは具体的にどんなものでしょう?言葉の力を身につけるために、子供のうちから身につけておくべきことは何でしょう?家庭でできる言葉の力をつける方法や親の心構えについて見ていきましょう。

[続きを読む]

賢く社会を生きるために必要な「意識」について考えよう!

意識の高いビジネスマン

頭の良さとは何だと思いますか?知識が多い事でしょうか。それとも、テストの点数が高い事でしょうか。近年では、頭の良さの意味は少し違っています。「社会の中でどう振る舞う事が出来るか」ということが、重要視されています。そのために必要となるのが「意識」です。

[続きを読む]

学校と塾の役割の理解が、将来と受験を助ける

塾で勉強する高校生

子供が成長し進学する事に関して、学校と塾は密接に関係してきます。しかし学校と塾のそれぞれの役割を説明する事は、意外と難しい事ではないでしょうか。学校と塾は、お互いに役割を分担する事で、日本の教育を支え、豊かにしてきました。

子供や保護者は、学校と塾がそれぞれどのような役割をもって日本の教育を支えてきたのかを把握すれば、学校も塾も、もっとうまく活用出来るようになるはずです。

[続きを読む]

教養に必要なのは、基礎知識と感動できる心

本を読んで教養を身につける

教養は自分の内面を豊かにするために進んで身につけるものであり、試験突破のために詰め込んだ受験勉強の知識とは根本的に違うものです。

様々な分野の教養は、日本で手に入る世界中の本の中であなたを待っていますが、より効果的に教養を身につけるにはちょっとしたコツがあります。道しるべとなる人や本からのアドバイスと、新しい知識に「すごい!」と素直に驚ける感性、この2つを携えて、教養の森へ足を踏み出してみませんか?

[続きを読む]

このページの先頭へ