Pocket
LINEで送る

赤ちゃんが「言葉」を学ぶプロセス

言葉を学ぶ赤ちゃん

赤ちゃんの喉や口の構造は成長によっては生後3ヶ月目ほどで変わり、笑い声を立てることができるようになります。そしてそこから生後9ヶ月目ぐらいまでの間、毎日笑い声などを立てることで話すための練習をすることになります。

一方、赤ちゃんはこういったトレーニングを積みながら言葉を話すためにもう一つ重要な作業を行っています。それが言葉の認知と蓄積です。赤ちゃんがどんな風にして言葉を学んでいくのかを見ていきましょう。

[続きを読む]

子どもの頭がよくなる食生活とは?

家族で食事

食生活は、子どもの健康を守るためにとても重要なことですが、子どもの脳の発達にも大きな意味を持つものです。どのように気をつけていくべきなのか、具体的に見ていきましょう。

[続きを読む]

原則を知れば、もう離乳食で悩まない!

離乳食を食べる赤ちゃん

生まれたばかりの赤ちゃんは母乳から栄養をもらい、成長するにしたがって離乳食を食べるようになり、徐々に食べ物から栄養を摂るようになっていきます。

親御さんたちの多くが「いつから離乳食を始めたらいいの?」「おっぱいはいつごろやめたらいいの?」「離乳食って何を食べさせたらいいの?」などと、いろいろ思い悩むことでしょう。しかし、離乳食の原則を知れば、もう迷うことはありません。その原則を、これからご紹介していきます。

[続きを読む]

子供が作る休日プランで計画性を養う!

家族旅行

親にとって、我が子は可愛いものです。また、子どもにとって、親というのは一番に甘えられる存在だと思います。しかし、何から何まで親に頼りっきりというのも困りものですし、何より子どもの自主性や自立心が育たないと心配になります。今回は、そういったお悩みのある親御さんにおすすめの解決方法をご紹介いたします。

[続きを読む]

子どもに与えるべき水分は何か?

水

子どもに水分を与えるとき、何を用意しますか?水、お茶、それともジュースやスポーツドリンク?子どもに与える水分は、どんなものでもいいわけではありません。どんな水分が子どもにとって最適なのかを見ていきましょう。

[続きを読む]

叱るのを減らし、たくさん褒めよう

子供を褒める

腕の良い料理人とは、食材の良さを十二分に引き出せる人のことだという話があります。食材のそれぞれに感謝の気持ちを持つことができ、その良さを伸ばしておいしく料理することができなければならないというのです。

子育てについても似たようなことが言えます。自分の子どもが持っている長所やよいところを上手に引き出すことができ、それを伸ばすことによって子どもはよりよく成長できるのです。ここでは、そんなふうに子どものよさややる気を引き出して伸ばすにはどうすればいいかについてみていきましょう。

[続きを読む]

自分の子どもをありのままに見て子育てしよう

仲良し親子

「自分の子どもについては、親が一番よく分かっている」と口にする親はたくさんいます。子どもが幸せな人生を送ることができるように、小さいうちからいろいろ手間を惜しまず接してきたのだから、それぐらい当然、という気持ちは分かるのですが、果たして本当にそうだと言えるでしょうか。

[続きを読む]

口内炎の原因と治し方、知っておきたい市販薬、簡単にできる予防法

口内炎

ほとんどの人が、口内炎で痛い経験をしたことがあるのではないでしょうか?

2012年に10代~50代の男女1万人に実施した調査によれば、過去1年間に口内炎が発症した割合は53%、年間の平均発症回数は6.5回となっています。人口にすると、1年間に口内炎ができる人は約4000万人となります。性別では女性、年代では若い世代に多く発症しています。

今回は、多くの人が経験している口内炎の原因、予防法、治し方、市販薬などについて詳しく解説していきます。これを機に口内炎とサヨナラできることを願っています。

[続きを読む]

妊娠中でも傷病手当金制度を利用できる?

妊娠中に怪我

妊娠して産休に入る前や後に病気をしたり怪我をしてしまい、連続して4日以上休職することになってしまった場合、その間の給与が出ない場合があります。傷病手当金はそういうケースにおいて元の給与の一部にあたる金額を支給してもらえる制度です。どんなふうに利用できるのか見ていきましょう。

[続きを読む]

担任の先生がネガティブな人だった場合の対処法

ネガティブな教師

今は、ほめて育てるということが、子どもへのかかわり方として主流になっているようです。でも、現実的には、全ての大人がそういう姿勢でいるわけではありません。ポジティブな人もいればネガティブな人もいて、自分自身に対してだけでなく、他人に対してもネガティブな目で見てしまう人もいるのです。そんなネガティブな人が、我が子の担任の先生だった場合、どのようなことが起こるでしょうか。そして、あなたはどうするでしょうか。

[続きを読む]

このページの先頭へ