facebook Twitter Google+ はてなブログ feedly

サイト内を検索できます

知らぬ間にネット依存になる子供たち

ネット依存

インターネットの登場で、人間社会は短期間に大きな変貌を遂げました。特に、通信速度の高速化とモバイル機器の進化の速さは、インターネットの普及に大きく貢献し、現代に生きる我々はその恩恵を最大限に受けています。しかし、急速な変化は往々にしてひずみを生みだすものです。「ネット依存」はそのひずみの1つと言えます。

「ネット依存」という言葉は、もはや我々の日常において珍しいものではなくなりつつあります。特に子供のネット依存は社会問題となって久しいです。一度陥ってしまうと、容易に抜け出せないこの「ひずみ」は、本人すら気付かぬうちに、子供たちを深い闇に取り込んでしまいます。いつ、どうやって、子供たちはネットの世界にはまり込んでいくのでしょう。

[続きを読む]

風邪を引かない事は一番の健康法

風邪を引いた女性

風邪はよく引く方ですか?風邪というと何だか「たいしたことはない」と思われがちですが、風邪をなめてはいけません。赤ちゃんや幼児であれば「風邪」でも病院へ行ったりしっかりとケアをしたりしますが、大人になると病院にも行かず市販薬でなんとなく良くなって、わざわざ病院に行く人は少ないのではないでしょうか。

会社でも風邪を理由に休む人はあまりいないでしょう。休まなければいけない場合、だいたいは風邪をこじらせ症状が悪化してしまった場合でしょう。大事な場面で風邪をひいていては本来の力を発揮できません。風邪を引かない事が一番の健康法なのです。

[続きを読む]

中学受験のために、塾に通うのはかわいそうなのか?

塾で勉強する小学生

中学受験というと、「子供がかわいそう」「親が勝手に決めているのだろう」といったイメージが世間には根強くあります。小学生では将来について見通して考えるには幼すぎる、勉強なんて楽しいものではないといった大人の固定観念がこれらのイメージの裏にはあるのかもしれません。

世間のイメージからは、中学受験の実態は見えてきません。中学受験をする子供達の実態について、様々な調査を用いながら見ていきましょう。

[続きを読む]

東大合格者数上位10校中8校は男子校!男子校を再考しよう!

男子校の生徒

近年、共学校がメジャーになり、男子校は圧倒的に少なくなっています。しかしながら、「草食系男子」や「スイーツ男子」と言われるような男子が増殖する今日、男子校には共学校にはない、男子が男子らしく育つ環境があります。また、学力面でも、東大合格者数上位10校中8校が男子校です。改めて男子校について考えてみたいと思います。

[続きを読む]

対人関係に悩む子供たち

対人関係に悩む子供

自分の体が臭っているのではないかといったように、実際にはそんなことはないのに本人だけが強固な思い込みを抱いてしまう疾患があります。自己臭妄想症と呼ばれ、思春期の子供がなることのある妄想症の一種です。こうした症状は、対人関係の悩みが症状となって現れてしまったものですが、その実態について見てみましょう。

[続きを読む]

質の良い二度寝を手に入れる為に必要なこと

寝起き

二度寝はとても気持ちの良いものです。しかし、正しい知識を持っていなければ快適な二度寝を送る事ができません。また、5分10分の二度寝の背景には、しっかりとした主睡眠や目覚め方も関わってきます。二度寝を通して、自分の睡眠と向き合ってはみませんか?

[続きを読む]

読書感想文を、基本からほんの少しレベルアップさせたい時の書き方

読書

普段は意識することもあまりないものですが、日本語というのはとても豊かで繊細な言語です。言葉や文法にほんの少しの間違いがあれば、意味が通じなくなることもありますし、ほんの少しの工夫があれば、逆に驚くほど豊かな表現ができてしまいます。読書感想文を書く時には、やはりそれなりの文章力や表現力を身につけておきたいものです。

[続きを読む]

摂食障害になる子供が増えている

拒食症の子供

昭和50年代ごろから、思春期の子供たち、特に女子の間で摂食障害を患う子供が増えてきました。摂食障害はいわゆる先進国と呼ばれる国々で多く見られる疾患で、バックグラウンドには痩せ志向や美食にふける風潮、そしてコンビニエンスストアの出現といったものがあるとされています。

[続きを読む]

一人っ子長男の恋愛・結婚を考えよう!

一人っ子長男の結婚

一人っ子長男とは、長男でなおかつ一人っ子である人のことをいいます。昨今、世の男性の大半が長男です。そして、一人っ子である割合も非常に高くなっています。一人っ子長男の恋愛において、どのような女性が合うのか、また、一人っ子長男を育てる上で、どのように関わればいいのかを見ていきましょう。

[続きを読む]

効果が確実な子供の貧困対策を探せ!

効果的な貧困対策で救われた子供

子供の貧困対策には様々な方法がありますが、どれが最も効果的なのでしょうか?日本ではまだ、その因果関係を明らかにするための研究が進んでいません。そこで、海外で行われた3つの研究事例をご紹介します。そこには、幼児期の教育によってその後の長い人生を豊かに送る、解決のヒントが散りばめられています。

[続きを読む]

超低出生体重児と母乳のかかわり

超低出生体重児

出生時に体重が2,500g未満の新生児のことを「低出生体重児」といいますが、その中でも出生体重1,000g未満の場合を「超低出生体重児」といいます。近年、この超低出生体重児に対して、早めに授乳を与え始めることで、メリットが得られることが分かってきました。どういったメリットがあるのでしょうか。

[続きを読む]

勉強したことを確実に記憶、理解するにはどうすればよいのか?

勉強中の小学生

もし子供が「自分は物覚えが悪い」と落ち込んでいるなら、「悩む必要は無いよ」と教えてあげましょう。「人は記憶した事の約7割を24時間には忘れてしまう」といことが実験で実証されています。勉強をして、確実な記憶として定着させるにはどうすればいいのでしょうか?いくつか例を挙げて見ていきたいと思います。

[続きを読む]

子供が不登校になってしまったら・・・

不登校の子供

思春期になると、子供の体や心には大きな変化が生じてきます。この時期はこうした変化が一生の中で一番たくさん起こる時期です。こうした変化は体や心のアンバランスを招き、感情面で不安定になったり、自立心の芽生えによって大人とその社会に対して反発を覚えたりと、この時期に特徴的な精神的動きを示します。いわゆる「不登校」が急に増えるのもこの時期です。

[続きを読む]

新聞は読むだけではなく、「使う」ことで真価を発揮する

新聞を読む親子

新聞を読み、新聞を「使う」ことによって、私たちはあらゆる力を磨く事が出来ます。新聞には社会の情報の他にも、多くの事を私たちにもたらしてくれます。新聞が扱う事柄について知り、新聞に親しみ、社会を生きる糧としての新聞の使い方、新聞を活かす方法を考えてみましょう。

[続きを読む]

緊張とイライラを解消して100%の力を出す

緊張している男性

ビジネスシーンの中で大事な商談やプレゼンテーションの当日、一生懸命準備してきたにも関わらず緊張や焦りに支配されて100%の実力を発揮できずに悔しい思いをしたことはないでしょうか。そんな自分にイライラして、気分が落ち込んでいたりしませんか。あなたのその悩みは、今から説明するちょっとした工夫で解消できるのです。

[続きを読む]

赤ちゃんは、どのように身体の使い方や人との関係を学んでいくのか

赤ちゃん

赤ちゃんと一緒にいると驚かされることがたくさんあります。赤ちゃんには、生まれる前から備わっていた能力もあれば、この世に生を受けた後に次々吸収することで身に着けていく能力もあります。赤ちゃんの成長と能力の関係に注目して見ていきましょう。

[続きを読む]

教養であなたの人生は豊かになる

本で教養を高める

昭和の時代まで、人間の価値を高めてくれたのは教養でした。古典文学や伝統文化を学ぶことは自分の中に引き出しを増やし、教養を身に付けた人は豊かな人生を送る支えを手に入れました。時代は変わりネット社会となった現在、人間関係のあり方も変化する中、教養を取り巻く環境が大ピンチに陥っています。教養って何?身につけるメリットは?改めて振り返ってみましょう。

[続きを読む]

子供の貧困、脱出の鍵は非認知能力

子供の貧困からの脱出

子供の貧困は、放っておくと日本の経済基盤を危うくしかねない問題であることが、近年の調査から明らかになってきました。

連鎖構造を持つ子供の貧困問題を解決するために必要なのは学力向上だけではありません。IQに関係なく個人に備わった「非認知能力」こそ貧困脱出の鍵と考えられています。子供が自立していく過程で必要とする「力」、その要素を整理して考えてみたいと思います。

[続きを読む]

毒親から解放されるための糸口

毒親

毒親に育てられた人は「毒親に育てられたから○○することができない」と思いながら生きていくしかないのでしょうか。毒親から解放されることは無いのでしょうか。いろいろな角度から毒親から解放される糸口を探ってみましょう。

[続きを読む]

気持ちの良い二度寝をコントロールしよう

二度寝

二度寝は好きですか?ついうとうとしている時、気持ちが良くなったりしませんか?世間的には、二度寝は悪い事と決めつけている傾向にあります。しかしこの気持ちの良い二度寝が、コントロール出来たらどうでしょうか。毎日二度寝が出来るかもしれません。

[続きを読む]

このページの先頭へ