facebook Twitter Google+ はてなブログ feedly

サイト内を検索できます

子どもの頭脳を伸ばすには

頭の良い子ども

およそ子どもを持つ親であれば、自分の子どもが頭のいい子に育って欲しいと願っているものかと思います。ここでは、どのようにすれば子どもの頭をよくし伸ばすことができるのかについて掘り下げてみたいと思います。

[続きを読む]

これで納得!勉強は私たちにとって必要なものなのです

勉強に納得

子どもはおそらく誰でも、勉強しなければならない理由を知りたいと思ったことがあるでしょう。そしてその疑問を大人にぶつけてくることもあります。その時、あなたはすぐに答えられますか?多くの大人が答えに窮してしまうはず。でも、勉強しなければならない理由は確かにあります。しかも、たくさんの理由があるのです。きっとその理由を知れば、子どもは納得して勉強に取り組むことができますし、親なら子どもに自信を持ってその理由を教えてあげることができるでしょう

[続きを読む]

卵子提供や代理出産をどう捉えるか?

代理出産

最近では医学の進歩とともに不妊治療にも新しい技術が導入され、さまざまな形での妊娠や出産が可能になってきています。なかでも第三者から卵子を提供してもらった上での妊娠・出産や、自分たちの受精卵を他人に代理で出産してもらうといった事例も出てきています。ここではそうした事例について少し詳しく見ていきましょう。

[続きを読む]

男の子に大事な豊富な体験はキャンプが良い?!

キャンプ

男の子は直接的な体験からものごとを学ぶという特徴を持っていますので、少々危険なことをしていてもある程度大目に見て、いろいろなことを幅広く体験させてあげることが必要です。では、いったいどんな経験をさせてあげれば効果的なのでしょうか。

[続きを読む]

男の子はものごとを自分の体で学ぶ

遊ぶ男の子

女の子とは違い、男の子は直接的な体験からものごとを学ぶという特徴を持っています。このため、少々危険なことをしていてもある程度大目に見て、少し離れたところから見守るという姿勢が大事になってきます。そのあたりについて簡単に見ていきましょう。

[続きを読む]

真の幼児教育は、女の子の感受性を伸ばす

真の幼児教育

人間の感性の基礎となる部分を鍛えるには、0~2歳ぐらいが一番大事な時期に当たるとされ、その時期の子どもに教育を施す幼児教室が盛んです。しかし、こういった教室に行かなくても親自身が子どもの能力を伸ばすための教育をすることができます。ここではそういった教育のやり方に付いてみていきましょう。

[続きを読む]

片づけ上手の子どもになる方法!

片づけ

「毎日毎日『片付けなさい!』と小言ばかり言って、もう嫌になってしまう」「結局片づけるのは親の役目に…。どうしたら自分から片付けてくれるのだろう」と考えているお父さん、お母さんは多いことでしょう。実は、とても簡単な工夫をするだけで、子どもは見事、片付け上手に変身してくれるかもしれませんよ。

[続きを読む]

自信を持てば子どもは伸びる

自信

およそ子どもを持つ親であれば、子どもに自信をつけてほしいと思っているものかと思います。自分の子どもに自信を持たせるにはどうすればいいか、少し探っていきましょう。

[続きを読む]

夏にかけて注意しておきたい病気

夏

保育園・幼稚園に子どもを通わせるようになると心配になってくるのが「うつる病気」です。夏にかけて発生数が多くなる「うつる病気」についていくつか見ていきたいと思います。

[続きを読む]

キレるのはなぜか

キレる

キレる子ども――ある子どもが衝動を抑えきれず、むやみに攻撃的になったような場合にそんな言い方をすることがあります。この「キレる」という現象の原因について探っていきましょう。

[続きを読む]

子どもの学力向上に家庭教師が良い場合もある?!

家庭教師

子どもの学力が向上するようにといろいろ悩んでいる保護者は多いと思います。私立の進学校の受験を考えたり、進学塾に行かせたりと対策にもさまざま考えられるかと思いますが、家庭教師をつけることで他の選択肢よりもメリットを得ることができる場合があります。どんなメリットが得られるのかについて見てみましょう。

[続きを読む]

紫外線は身体が盛んに成長する子どもには特に危険!

紫外線

少し前の話になりますが、女子高校生の間でいわゆる「ガングロ」ブームが起こりました。タンニングマシンなどを使って顔面を不自然に日焼けさせた高校生の姿を見た記憶がある方も多いのではないでしょうか。「ガングロ」をはじめとする「日焼け」が子どもたちにどんな影響を持っているのかについて見てみましょう。

[続きを読む]

母方の祖母との同居で子どもは伸びる?

祖母

子どもの学力が向上しやすい家庭環境がある、といわれたらどのように感じるでしょうか。たいていの親は、できることなら自分の子どもにもそういった環境を用意してあげたいと思うのではないでしょうか。実は、子どもが祖母と一緒に暮らすと学力が伸びやすいという専門家の意見があります。どういうことなのか少し探っていきましょう。

[続きを読む]

発達障害を極める!

発達障害

発達障害は比較的年齢が低いころに現れ始め、行動、コミュニケーション、社会適応に対して問題を持つ障害を指します。発達障害の中には広汎性発達障害、注意欠陥・多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)、知的障害といったさまざまな障害が含まれます。こうした障害はそれぞれにさまざまな特徴を持っており、表面に現れる症状や障害の内容、あるいは能力面なども個人ごとに大きく差がでてきます。発達障害について詳しく見ていきたいと思います。

[続きを読む]

学歴偏重の価値観はすでに時代遅れ

ガリ勉

高い学歴を持っている親は自分の子どもにも高い学歴を望み、学歴のない親が自分のように苦労させたくないとやはり子どもに高い学歴を望む……社会全体では学歴偏重の価値観に変化が出始めているのに、子どもの親だけが未だにこういった考え方で子どもの教育をしている姿がよく見受けられます。子どもがよりよい人生を送るために、果たして親が望むほどの学歴は必要なものなのでしょうか。

[続きを読む]

男の子を叱るときには筋道立てて

ロジカルに叱る

女性は感覚的にものごとを受け容れますが、男性は理屈で割りたがる傾向があります。これは子どもであっても変わりません。女の子は感情的に叱りつけても理解してくれますが、男の子には感情論は通用しないことが多いです。男の子を叱るときにはどんな工夫をすればいいのかについてチェックしてみましょう。

[続きを読む]

子どもがひきこもりになってしまったら

ひきこもり

厚労省の平成18年の調査によれば、ひきこもりの子どもがいる家庭は日本全国で26万世帯にもなるとされています。ひきこもりとはどういった状態で、なぜ起きてしまうのでしょうか。

[続きを読む]

なぜ勉強しなきゃいけないの?、もう勉強は嫌と思っているあなたへ

勉強嫌い

「どうして勉強なんかしなくちゃいけないの?」「勉強するのはもう嫌!」と思っている人は多いことと思います。そんな方のために、また、そう思っている子どもをお持ちの親御さんのために、勉強しなければならない理由と、勉強が嫌にならなくなる方法をお話していきたいと思います。

[続きを読む]

女の子こそ厳しくしつけよう

叱る

よく考えてみたら、毎日子どもに怒ったりせかしたりしてばかりいる……。そんなふうに悩んでいる母親が多いと言われています。できることなら子どもたちにもっと穏やかに接したいと考えている方も多いかもしれませんが、子どもをしつけるときにはどんな態度で臨むのが理想的なのでしょうか。

[続きを読む]

思春期に多い原因不明の不調

原因不明

不定愁訴というのは、検査をしても特に原因が見当たらないにも関わらず、精神的ないし肉体的に明らかな不調や症状が発生しているような状態のことです。思春期の子どもたちはこの不定愁訴を訴えることが多いといいます。その原因について探ってみましょう。

[続きを読む]

疑問点を調べさせると子どもの頭が良くなる

疑問点

子どもが少し大きくなってくると、「なぜ?」「どうして?」を連発しては親や周りを困らせ始めます。しかしこの質問は子どもの知的好奇心の現れ。うまく伸ばしてやることで将来的な学力向上に繋げることができます、どんなふうに対処するべきかについて見ていきましょう。

[続きを読む]

おしゃべりの技術は国語の力の基礎になる

おしゃべり

あらゆる勉強をする時に一番基礎になるのは国語を理解する力、すなわち言語理解の能力です。一部例外はあるとはいえ、日本の教育に使われている教科書や参考書、あるいはテストの問題は基本的には日本語を用いて記載してあるためです。子どもの国語の力を伸ばして行くにはどうすればいいのかについてチェックしてみましょう。

[続きを読む]

アルコールにむしばまれる子どもたち

飲酒

平成22年、中学生や高校生の飲酒の割合について調査が行われました。それによると、率は下がってきているものの、未だに高校生では30~40%が、中学生では20%ほどが飲酒の経験があるといいます。未成年の飲酒について見ていきたいと思います。

[続きを読む]

子どもに効果的に学ばせるには何を拠り所にすればよいか?

ママ友会話

ママ友どうしで話をしているとき、子どもの学びに関する情報交換をしているような親は多いと思います。そこで「ここの教室はすごくいい」という情報を耳にすれば、自分の子どももそこで習わせようかと心が動くもの。しかし、ちょっと立ち止まって考えてみた方がよいかもしれません。

[続きを読む]

医者の子どもはなぜ頭が良いのか?

医者

医者の子どもは頭がいい、などと言うと、そんなの当然だろう、という意見が聞こえてきそうです。では、いったいそれはどうしてなのでしょうか。親が医者でなくとも子どもの頭を良くすることができないのかについて見ていきましょう。

[続きを読む]

数学力を再評価する

数学

「数学」というと公式を暗記し、そこに数字を当てはめて答えをだすものというイメージがあるかと思いますが、そのようないわば受験勉強的なものではない数学の力について脳科学の分野との関連を調べる研究調査がなされています。どんなものか紹介してみましょう。

[続きを読む]

人間特有の行動、「まね」

まね

赤ちゃんはよくお母さんやお父さんの行為や態度、口癖といったものをまねます。こうした「まね」という行為は人間に特有なもので、他者との関係を築くための最も基礎的な要素となっています。

[続きを読む]

子どもを任せられる学校は存在するか?

学校

親たちの間で、公立の学校に子どもを行かせるのはよくない、といったようなことが言われはじめてけっこう経ちます。セクハラをしたり暴力的な先生といったようなとんでもない例は例外中の例外としても、緊張感を全く感じないような先生であったり、教科書に書いてある以外のことは何も教えなかったり、教科書の内容すら満足に教えられないようなやる気のない先生といったような例はそれこそごまんと存在します。学校は子どもが必ず通うことになる場所ですが、どのように対処していけばいいのでしょうか。

[続きを読む]

女子の受験事情と詰め込み勉強の弊害

受験勉強

このご時世、女の子はいい結婚さえできればいいから勉強はできなくてもいい、などと考えている親はほとんどいないと思います。それを示すかのように教育熱心な親が増えてきていますが、勉強の仕方を誤ると子どもを駄目にしてしまいかねないとする意見もあります。

[続きを読む]

子育て情報のストック・整理・活用には、はてなブックマークが便利

情報ストック・整理・活用

読んでおきたい情報がたくさんあって読み切れずに困っていませんか?せっかく読みたい、読もうと判断したのに、これではもったいないですよね。そこで、本当に必要な情報を見逃さないために、当方も使っている便利な無料ツールを紹介したいと思います。ちょっとした空き時間・待ち時間に読もうと思っていた情報をチェックできたり、以前読んだ記事を確認したい時にすぐに取り出せたりと、とても便利ですし、時間の有効活用にも貢献するツールです。

[続きを読む]

国語力を身につけるには音読も効果がある

音読

毎日頑張って勉強しているのに、今ひとつ成績が伸び悩んでいる。あるいは、ちゃんと真面目に勉強はしているのに、学力があまり身についたように見えない。そんな子どもは結構多いものです。そういった子どもにはある共通点が見られるといいます。どうしてそういうことが起きてくるのかチェックしてみましょう。

[続きを読む]

頭の良さは国語力で決まる!

作文

男の子は国語をはじめとする文系科目が苦手で、理数系の方が得意なものだと考えている保護者はけっこういます。そういった保護者は男の子は理数系の科目を伸ばしておけばいい、と言ったりしますが、本当にそれでいいのでしょうか。

[続きを読む]

歴史の勉強には女子の持つ「細々としたことをする力」が大切

歴史

歴史の勉強する際には広い視野でものを見ることが必要になってきますが、そのためにはまず足下の細々とした環境が整っていることが大事になります。いったいそれはどういうことなのか、ちょっとチェックしていきましょう。

[続きを読む]

小さな子どもの脳は高い柔軟性を持っている

脳

脳に障害がある子どもが、周囲や医師などの見立てに反してときどき驚くべき発達を示すことがあります。こうしたことが起きるのはなぜなのでしょうか。

[続きを読む]

得意科目への取り組みが子どもの学力を伸ばす

得意科目

自分の子どもに得意な教科と苦手な教科があったとします。親としては得意な教科はそのままに、苦手教科を頑張って点数を上げて欲しいと思うところですが、そうするためにはどんなふうに勉強させたらいいのでしょうか。

[続きを読む]

不規則な睡眠が子どもに悪影響を与える

夜更かし

遅くまで大人と一緒にTVを見たりして夜更かししている子どもは増えてきていますが、こういった子どもはきれいな三角形を描くことができないなどいろいろな問題を持つ度合いが多いというショッキングな調査があります。子どもと睡眠の関係について見ていきましょう。

[続きを読む]

女子の学力を伸ばしたければ、「なるべく早く」「地道な努力」を!

女子は勉強

親であれば誰しも、子どもの学力を伸ばしたいと思っていると思いますが、実は子どもが男の子か女の子かによってやり方を変えた方が効果があるとされています。ここでは特に女の子に絞って、どんなふうにしたら学力を伸ばしやすくなるのかについて見ていきましょう。

[続きを読む]

知ったかぶりする子は敬遠されがち?

知ったかぶり

知識がある人と教養がある人というのは同じようでいて大きな差があります。そして知識「だけ」しか持っていない人は時に周囲から煙たがられ、馬鹿にされることすらあります。子どもがそんな「知ったかぶり」になってしまわないために、2つの違いについて見てきましょう。

[続きを読む]

子どもを受験産業の犠牲者にしないために

受験

最近の子どもたちは中学校でも私立校を受験するなど、小さいころからかなり忙しく勉強をしています。そうやってハードなスケジュールをこなす中で、「壊れて」しまう子どもたちも見られるようになってきています。自分の子どもが「壊れる」ことなく、しかし学力を上げるためにはどうすればいいのでしょうか。

[続きを読む]

ストレスをためる子どもたち

ストレス

近ごろ、ストレスが引き金となって病気を発症したり、あるいはストレスで病気を悪化させてしまう子どもたちが増えています。こうした症状はまとめて心身症といわれますが、中には1年間でのべ1500人もの心身症の子どもが受診する病院もあるというから驚きです。そうした子どもはどんなことがストレスとなって心身症を起こしてしまっているのか少し見ていきましょう。

[続きを読む]

周りから大事にされる女の子を育てるにはマナーが大事!

マナー

子どもを、特に女の子の才能を伸ばしたければありのままの自分に自信を持たせ、肯定感を抱かせることです。そのためには周囲の人がきちんと愛情を示し大事にすることが必要になってきます。親が我が子を大事にするのはいいとして、周囲の人に大事にされる子どもに育てるにはどうしたらいいのかを見ていきましょう。

[続きを読む]

勉強中・外出中いつもイヤホンで音楽は考えもの?!

イヤホン

勉強をする時に集中できるようにということでイヤホンをして音楽を聴きながら勉強するというスタイルの子どもが増えてきています。しかし、そのようにしているとなかなか学力が伸びないという専門家の意見があります。そのあたりについて少し見ていきましょう。

[続きを読む]

男の子はよく遊んだ子の方が優秀になる?

遊ぶ男の子

最近では幼児教育の必要性が声高に叫ばれ、子どもが小さいころから幼児教室に通わせたり習いごとをさせたりする家庭が増えてきています。子どもが小さいころからこうした教育をするのははたして効果があるものなのでしょうか。

[続きを読む]

帰国子女はなぜ「できる」?

帰国子女

「できる」子どもというと例えば帰国子女などが思い浮かびます。今から自分の子どもを帰国子女にすることはできないとしても、帰国子女のいいところを真似たり見習ったりすることで自分の子どもを「できる」子どもにできるかもしれません。ここでは、帰国子女についてどんな点が優れているのかをチェックしてみたいと思います。

[続きを読む]

女子を伸ばしたいなら親の愛情を具体的に示しましょう

愛情

子どもを持つ親であれば、自分の子どもがまっすぐに育って欲しいと誰しも思うものです。そのためにはさまざまなことが大事になってきますが、中でも子どもが女の子の場合、親から自分がきちんと愛されていると感じることがとても大事になります。どうしてそう言えるのかを見ていきましょう。

[続きを読む]

赤ちゃんや子どもを環境ホルモンから守ろう!

環境

人間は毎日の生活の中でさまざまな化学物質と接しながら生活をしています。こうした物質は5万種類から10万種類にも及ぶとされていますが、その中に人間の体内にあって重要な働きをしているホルモンと似たような作用を及ぼすものがあり、そうした物質が与える影響が懸念されています。

[続きを読む]

勉強する意味を人類の歴史から考えてみる

勉強する意味を考える

どんな人でも一度は「なんで勉強なんかしなくちゃいけないんだろう」と感じたことがあるでしょう。そして多くの人はその明確な理由を見つけられないのではないでしょうか。しかし、人間の遠い過去を振り返ってみると、なぜ勉強をしなければならなかったのか、そして今、どうやって勉強する理由を見出していけばよいのかのヒントを得ることができます。

[続きを読む]

記憶力!経験により発達する脳のネットワーク

記憶

がんばって時間をかけて覚えたつもりなのにどうしても出てこないとか、もう忘れていると思っていたようなことをひょんなことから思い出したりした経験はないでしょうか。こうした例は誰しも経験したことがあることかと思います。ここでは、記憶力がどのように発達するかについて見ていきましょう。

[続きを読む]

買い物を上手に利用して子どもの判断力を養おう

買い物

子どもの意見を聞かず、自分の主張を押しつけてしまう親は意外にたくさんいます。そういった親の元で成長した子どもは自己主張に乏しく、ものごとを決断したり判断することが苦手に育ってしまいがちです。そんなふうにならないようにどんな点に注意すればいいか見てみましょう。

[続きを読む]

子どもに広がる慢性疲労症候群

慢性疲労

近年、子どもたちの間で睡眠障害や意欲の低下あるいは異常な疲労感といった慢性疲労症候群が広がっています。元気が取り柄のはずの子どもに何故こうした病気が広がっているのでしょうか。

[続きを読む]

子どもの意欲を高める工夫!

意欲

子どもの成績を伸ばすには、子ども自身が勉強に対して意欲を持たなければなりません。でも、それがなかなか難しい…と感じていらっしゃる親御さんは多いことでしょう。子どもの意欲を高める工夫について、ご紹介したいと思います。

[続きを読む]

虐待を受けた子どものケアは9歳ぐらいまでにする必要がある!

虐待

最近全国の児童相談所に虐待された子どもについての相談が寄せられる件数が増えてきています。平成5年度には1,611件だった件数は10年後の平成15年度には26,569件、さらに10年後の平成25年度には73,765件となっています。こうした虐待は子どもの心や脳にどんな影響を与えるのでしょうか。

[続きを読む]

高齢での妊娠や出産の危険性

高齢の妊婦さん

女性が妊娠適齢期を過ぎ、高齢で妊娠・出産をするのはさまざまな面から困難を伴います。妊娠が成立しにくかったり、流産率が高かったり、胎児の染色体異常の比率の増加があったりするためです。それ以外にも、高齢での妊娠・出産にはそれそのものでの危険が存在します。ここではそういった危険性について少し見ていきましょう。

[続きを読む]

運動によって脳が活性化する

野球

最近運動不足の子どもが増え、子どもの肥満や生活習慣病の危険が言われるようになってきています。子ども時代の運動不足はこうした体の問題だけでなく集中力といった精神的な面にも影響していることが最近分かってきました。

[続きを読む]

言語の処理はどんなふうに行われるのか

言語

人間に特有の脳の機能といえば「言語」を連想する方も多いと思います。この言語はどのように発達していくのかについて見てみましょう。

[続きを読む]

子どもの好き嫌いとそのメカニズム

好き嫌い

近頃の子どもたちは好き嫌いが激しいであるとか、偏食が著しいといった話を耳にすることがあります。本当のところはどうなのか、少し探ってみたいと思います。

[続きを読む]

子どもの学力を向上させるために必要なことはこれだ!

学力向上

受験を控えている子どもでも、そうではない子どもでも、親なら「どうしたらうちの子の成績はもっと良くなるのかしら」と考えるものでしょう。「親が親だからねえ…」と諦めてしまわないでください。どんな子でも学力が向上する方法があるのです!

[続きを読む]

性格はどんなふうにできあがるのか

様々な性格

世の中にはさまざまな性格の持ち主がいます。こうした性格はどんなふうにできあがっていくのでしょうか。経験や生育環境、遺伝と言った切り口から眺めてみたいと思います。

[続きを読む]

TVは赤ちゃんに悪影響かもしれない?

TV

最近、小児医療の現場や乳幼児検診などの場で、言葉の発達が遅れているような子どもが見られるという声が聞こえるようになってきています。こうした傾向は40年ほど前から見られるようになり、生活の中のTVの比重が増え始めるのと時期が一致しています。TVと子育ての関係について少し見ていきましょう。

[続きを読む]

双子の研究を通して見えてくるもの

双子

病気を予防するための予防医学という考え方があります。そうした考え方の立場から見ると、遺伝の影響や環境との関わりを認識し、その人の置かれた環境を整えていくことによって病気を予防できるようになります。個人に対して遺伝と環境がどんなふうに作用しているのかを調べるため、最近では双子というものを通した研究が行われ始めています。

[続きを読む]

他人と関わるために必要な「感情」の力

喜怒哀楽

どちらかというと、知識や知性といった側面よりも一段下に見られる傾向がある感情ですが、脳科学の発展に伴ってそんな考え方が改められつつあります。ここでは感情とその重要性についてチェックしていきましょう。

[続きを読む]

勉強は、よりよい人生と自分自身を作るために最も良い方法

勉強

勉強が大好き!という人は、子どもにも大人にもあまりいないのではないでしょうか。なるべくなら避けたい、と思ってしまうものです。ですが、勉強とは何かをよく考えてみると、幸せに、そしてよりよく生きていくためには最も適した方法だと言えるのです。

[続きを読む]

ストレスは子どもの成長にどのくらい影響を与えるか?

ストレス

身長や体重といった子どもの成長の記録をつけることで、その子どもが精神的なストレスを抱えていないかが分かるという研究があります。どういった内容なのかを少し掘り下げてみたいと思います。

[続きを読む]

数は減ったけど、「はしか」は今でもやっぱり怖い病気!

はしか

昔は「はしか」というと子どもがかかる重病の代表的なもので、しかも子どもがよくかかるやっかいな病気でもあったわけですが、最近では予防接種が行われるようになったためにかかる子どもがほとんどいなくなりました。とはいえやはりはしかは怖い病気ですので、確実に予防しておきたい病気の1つでもあります。

[続きを読む]

勉強習慣のポイントとなる小学校低学年に親がすべきこと!

小学校低学年

子どもが自分から勉強してくれたらどんなにいいか…。そう思う親御さんは少なくないでしょう。毎日「勉強しなさい!」と言ってばかりいるのは大変ですからね。自ら勉強する子どもにするには、低学年のうちに親がどう勉強に関わっていくかがポイントになります。低学年のうちからそれを知っておかないと、子どもが成長した後に取り戻せなくなって、後悔することにもなりかねません。

[続きを読む]

低下する子どもの体力を食い止める!

子どもの体力アップ

最近小学校などで児童の体力の低下が目立ってきています。小学校ぐらいの時期は体の基礎を作るために非常な大事な時期なのですが、その時期にこうしたことでは問題だということで体力向上に取り組み始めた学校もあります。

[続きを読む]

叱るだけがしつけじゃない!叱らなくてもできるしつけのヒント

子どもを叱る?

「しつけ」と聞くと、厳しく叱咤したり時にはたたいたりというイメージを持ちがちです。でも、しつけのたびに叱っていては、子どももこちらも疲れてしまいます。だからと言ってしつけをやめてしまうのは問題ですね。叱るだけがしつけではありません。そこで、叱らない方法でしつけをするためのヒントをお伝えしましょう。

[続きを読む]

予防が難しい溶連菌感染症!対策は?

溶連菌感染症

溶血性連鎖球菌(溶連菌)という病原菌がのどに感染しておきる病気に「溶連菌感染症」というものがあります。ウイルスのせいでのどに炎症が起きて痛くなる病気です。その他発疹が出ることもあり、少し前までは「猩紅熱」という名前で知られていました。溶連菌感染症はこどもに多い疾患で、合併症を起こすこともあります。どんなふうに対処したらいいのかについてチェックしてみましょう。

[続きを読む]

人とのかかわり方を学ばせるとコミュニケーション能力が伸びる!

人間関係

子どもがコミュニケーションの力をつけるには、話す・聞く力が育つとともに、人とのかかわり方についても学ばなければなりません。これにはいろいろなものがあります。初対面の人とのかかわり、目上の人とのかかわり、自分の要求をかなえてもらうためのかかわり…。ここでは、人同士のかかわりを意識させることについて考えてみたいと思います。

[続きを読む]

子どもの利き手はどうやって決まる?

利き手

利き手がどうやって決まるのかについてはさまざまな要因がありますが、主だったところは遺伝と子どもの周りの環境によります。では、大人は子どもの利き手に対してどういった態度を取るようにすればいいのでしょうか。

[続きを読む]

安定期に入ったら気になる!日常生活での注意点、転院、里帰り出産

転院

安定期の日常生活で気をつけること、転院、里帰り出産についてご説明します。安定期に入って余裕ができてくると、今の産院でいいのかなど考え出すこともあるかと思います。また、里帰り出産を予定している場合も転院先を探すなどしないといけません。

[続きを読む]

うつってもわかりにくい病気、おたふくかぜ

おたふくかぜ

保育園・幼稚園や小学校に入って集団の中で生活するようになると「もらってくる」さまざまな病気。「おたふくかぜ」もそんな病気の一つです。この病気はかかっていることがわかりにくいことがある一方で、時に難聴を引き起こすこともあるので油断できない病気です。どんな特徴があるのかを見ていきましょう。

[続きを読む]

子どもがパパを大好きになるコミュニケーションのポイント

パパ大好き

世の中のパパたちは、子どもとの接し方にいろいろと迷いがちです。うまく子どもとコミュニケーションが取れずに悩んでいる方も多いようです。でも、ちょっとした工夫と考え方で、子どもとの距離がぐっと縮まるのです。せっかく親になれたのですから、ぜひ子どもとのコミュニケーションを、そしてパパであることを楽しんでください。

[続きを読む]

ほめる+αで子どもの自信がより強いものとなる!

自信

自分に対して自信を持てない子どもが増えてきています。子どもが自信を持つためにはまず、親がその子の良いところを見つけ、それをほめ、のばしてやることが大切です。さらにプラスアルファの工夫をすることで、子どもに芽生えた自信が、より強いものとなるのです。そのプラスアルファの部分をいくつか説明していきたいと思います。

[続きを読む]

すごい感染力のある病気、水ぼうそう

水ぼうそう

子どもがうつされる病気の代表格の1つ、水ぼうそう。水ぼうそうには任意で受けることのできる予防接種がありますが、それがただ一つの予防方法となっています。どんな病気なのか、どういうところに気をつけるべきかについてみていきましょう。

[続きを読む]

出生前診断、着床前診断の最前線!新しい診断法で何が分かるのか?

遺伝子検査

最近、新聞やニュースなどで出生前診断や着床前診断という言葉を耳にすることが増えてきました。字面を見ると赤ちゃんが生まれてくる前に何らかの検査や診断をするのかな、という印象を受けますが、妊娠されている方であっても詳しいことがよく分からないという方は多いのではないでしょうか。ここでは、出生前診断や着床前診断とはどういうものなのかについて説明していきたいと思います。

[続きを読む]

子どもがかかる下痢や嘔吐を繰り返す病気にはこんな対策を!

子どもが腹痛

子どもが保育園や幼稚園でよくうつされる病気として、細菌やウイルスに感染したことによる胃腸炎があります。中でもノロウイルスやロタウイルスなどによるものは症状がひどく、すぐに蔓延しますのでよく知られています。こういった病気に対する対策をどうしたらいいのか見ていきましょう。

[続きを読む]

約80%の妊婦さんが間違っていた妊娠と葉酸サプリメントの知識

葉酸サプリメント

妊娠を計画している女性は、葉酸サプリメントを妊娠前から摂取することで、神経管閉鎖障害(新生児障害)のリスクを下げることができるのが分かっており、厚生労働省などからも積極的にアナウンスされています。しかしながら、葉酸サプリメントの正しい摂取方法ができていた妊婦さんは約20%という調査結果も出ており、ほとんどの方が摂取方法を間違っています。

そこで今回は、葉酸サプリメントの正しい摂取方法、葉酸サプリメントを摂らないと赤ちゃんは病気になるのか、どんな病気なのか、葉酸サプリメントの正しい選び方などについて詳しく解説していきます。

[続きを読む]

子どもに自信を持たせるほめ方!ほめ方を具体的に考える

ほめる

「子どもはほめて伸ばす」。こんな言葉をよく聞きますね。親としてもがみがみ叱っているのは疲れるし、できればたくさんほめてあげたいもの。でも、改めて「ほめる」ということを考えてみると、意外と難しいと思いませんか?ほめたつもりなのに本人にはあまり響いていなかったり、ほめるところがどうしても思い浮かばなかったり…。ここからは、子どもをほめるコツを、いくつかご紹介していきましょう。きっと今日からすぐに実践できますよ!

[続きを読む]

子どもの身長がどこまで伸びるか計算で分かる!?

身長測定

近年、子どもの骨の状態と将来の身長に関する研究が進み、骨の状態を調べることである程度の予測ができるようになっています。どんな技術なのか、問題はないのかについて見ていきましょう。

[続きを読む]

インフルエンザは怖い病気?

インフルエンザ

毎年冬場になると大流行するインフルエンザですが、新型インフルエンザや鳥インフルエンザのニュースなどを耳にするとなんだか恐ろしい病気のように感じてしまいがちです。実際のところはどうなのか、詳しく見てみましょう。

[続きを読む]

「書く」という習慣がコミュニケーション能力をアップさせる!

書く

コミュニケーション能力は、相手の話を聞いたり、自分が話したりする力がもととなっています。その、話す力をもっと伸ばすために効果的な方法があります。それは「書く」という方法です。とはいえただ文を書けと言われても、何を書けばよいのかわかりませんし、効果も上がりません。ここでは、「書く」方法の取り入れ方を、具体的にご説明しましょう。

[続きを読む]

もう悩まない!夫婦で上手に子育てを分担していくためのポイント

イクメン

今の時代、子どもが生まれたら夫婦で協力して子育てに当たっていくという考え方が主流ですね。妻がひとりで子育てをするよりも、夫が子育てに参加したほうがずっと楽なように思えますが、どの家庭もそう感じているかと言えば、現実問題、そうではないようです。上手な分担をするうえでのポイントについて、考えてみましょう。

[続きを読む]

保育園や幼稚園では病気が心配!

子どもが病気

子どもが大きくなってきて保育園や幼稚園に通うようになると、決まっていろんな病気をうつされてしまうことになります。これはどうしても避けては通れないもので、また免疫を得るために必要なことでもあります。どんなふうに臨めばいいのか、心構えや対策についてみてみましょう。

[続きを読む]

子どもの成長は体の感覚と深い関連がある

バランス感覚

発達障害といわれる子どもたちに対し、身体感覚や皮膚感覚といったものを身につけてもらうことにより健全な成長を促す、という「感覚統合」とよばれる考え方があります。「体の感覚と成長に関連がある」という立場に立ったこの取り組みについて少し詳しく見ていきましょう。

[続きを読む]

母親学級で妊娠や出産について学ぶ

母親学級

妊娠が確認されたらママになるための準備が何かと大変です。特にはじめての妊娠の場合、何からやればよいのかなど戸惑いますよね。そんな時に母親学級を利用するのも手です。母親学級という言葉は聞いたことがあるけど、意外に何をするところなのか知らない方も多いと言います。今回は、母親学級について基本的なところを説明したいと思います。

[続きを読む]

不妊治療の実像!自分自身、親族、友人、… のために知っておこう

不妊検査

不妊治療の6つの基本検査、不妊治療の効果やリスクについて見ていきたいと思います。もし自分自身とは無関係だとしても、子どもができずに悩んでいる親族や友人が、もしいた時のために、この機会にきちんと理解しておきましょう。

[続きを読む]

大切な子どもを事故から守る!こんなところに気をつけましょう

赤ちゃん事故

子どもは思ってもみないところで思ってもみない行動を取ることがあり、そうしたことが不慮の事故につながります。1歳以上の子どもの死因で最も多いのはこうした事故によるもので、病気による死亡を超えています。どんなところに注意したらいいのかについて少し見ていきましょう。

[続きを読む]

子どもが夢中になれる「好きなこと」こそが知的好奇心には重要!

好きなことに夢中

知的好奇心のある子どもは、知識を吸収しどんどん伸びていきます。我が子には知的好奇心を持ってもらいたいですね。そのためには、子どもが持つ小さな疑問を大切にしていく必要があります。また、せっかく芽生えた知的好奇心をさらに伸ばしていくには、子どもが心からうち込める「好きなこと」を大切にするとよいのです。具体的にお話ししていきましょう。

[続きを読む]

大丈夫?子どものひきつけ

ひきつけ

子どもが突然意識を失ってひきつけを起こした、というような話をよく耳にしますが、実際に我が子にそんなことが起きたら慌てふためいてしまいそうです。ここでは子どもが起こすひきつけについて、どういったことに注意すべきなのかを見ていきたいと思います。

[続きを読む]

最近の子どもたちは背筋が弱い?

背筋力

昔に比べて子どもたちの背筋の力が弱くなり、姿勢が悪く猫背傾向があったり、足の指に力を入れることができないようなケースが増加してきていると言われます。子どもたちの背筋力の低下についてチェックしてみましょう。

[続きを読む]

子どもにいい影響を与える夫婦喧嘩の仕方

夫婦喧嘩

夫婦喧嘩をしていては、子どもに悪い影響を与えてしまう。そう思っていませんか?実は、夫婦喧嘩の正しいやり方さえ守っていれば、夫婦間の絆が深まるだけでなく、それを見ている子どもにも、いい影響を与えるのです。具体的にお話していきましょう。

[続きを読む]

赤ちゃんの視覚トレーニングに最適な赤ランプ

赤ランプ

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ目があまりよく見えておらず、明るいか暗いかが分かる程度です。しかし次第にものを見れるようになってきますので、そうなったら目の訓練をさせてあげましょう。

[続きを読む]

体の軸を感じて運動能力を維持しよう

運動する子ども

最近、子どもたちの間で運動を苦手とする人の数が増えています。そういった子どもは走り方を見るとすぐに分かるといいます。走ってもほどなく転んでしまったり、ひどい場合にはまるで水中でおぼれているような走り方をするからです。このように運動能力を下げないようにするにはどうすればいいのでしょうか。

[続きを読む]

子どもが急病!市販薬についての注意点

市販薬

子どもが急に熱を出したりして病気になったけれど、すぐに病院に連れて行けないので市販薬を使いたい、ということはよくあるかと思います。市販薬には子ども用や幼児用と明記してあるものもありますが、実際のところはどんなふうに使えばいいのでしょうか。

[続きを読む]

妊娠中の浮腫(むくみ)、腰痛に詳しくなろう!

浮腫と腰痛

妊婦さんの多くが浮腫(むくみ)、腰痛に悩んでいます。ここでは、妊娠中の浮腫、腰痛について原因や解消法をご説明したいと思います。

[続きを読む]

折り紙があれば識別能力の訓練が簡単かつ最も効果的にできる!

折り紙

赤ちゃんは生まれたてのころはまだ目がよく見えませんが、1~2ヶ月もすると追視(興味のあるものを見つめ、その動きにつられて目を動かす行動)ができるようになってきます。そうなってきたら、いよいよ本格的な視覚の訓練に入っていきましょう。

[続きを読む]

子どもたちの咀嚼力が弱まっている

食事をする子ども

現代の食事は柔らかく、昔に比べてよく噛まなくなってきたと言われています。これは大人だけではなく子どもたちについても言えることですが、どれぐらい噛まなくなっているのでしょうか。

[続きを読む]

聞く力、話す力をつけることでコミュニケーション能力を養う

親子で会話

最近は、コミュニケーション能力が低い人が増えてきていると言われています。コミュニケーション能力の低下は、様々な困難を引き起こします。子どものうちからコミュニケーション能力の基礎となるものを身につけたいのですが、それは一体何なのでしょう。それは、人の話を聞いたり話したりする力です。その力をつけるための工夫をお話ししましょう。

[続きを読む]

赤ちゃんの鼻づまりには十分注意が必要!

赤ちゃんの鼻

赤ちゃんは脳がまだ未成熟な状態で生まれてきます。そして大きくなりながら脳の機能や神経細胞などを発達させていきます。この時に脳に送られる酸素が足りなくなるとこうした発達が妨げられてしまうことがあります。そんなふうに赤ちゃんが酸素不足にならないための注意点についてみていきましょう。

[続きを読む]

このページの先頭へ