「教育・学習」の記事一覧(2 / 10ページ)

数学的センスは日常生活の中で身に付ける

数学的センス

物の数、重さ、大きさなど、数学的なセンスは算数の時間に習えばよい、あるいは就学前にドリル的なものをやっておけばよいと思っていませんか?学校に入る前の子供でも、ドリルなどやらずに数学的センスを身に付けることが可能です。幼い子供の日常生活にも、数学的センスを身に付けやすい場面がたくさんあるのです。

[続きを読む]

トランプゲームの王道「ババ抜き」で脳の働きを活発に!

ババ抜き

トランプではあまり遊ばないという人でも「ババ抜き」ならやったことがあるのではないでしょうか。同じ数字を合わせて捨てていくだけなので、子供でも簡単にできます。そんな初心者向けのトランプゲームですが、侮るなかれ、これが脳を活発に働かせてくれる素晴らしいゲームなのです。ババ抜きのどこがそんなに素晴らしいのか見ていきましょう。

[続きを読む]

目的をきちんと持たない子供は将来不幸になりかねない

将来の夢、大学に入る目的

勉強をするときには「何のために」学ぶのかという目的を持っていることが大事になってきます。しかし、この「目的」をはき違えると問題が起きてくることになります。どんな問題が発生するのか、そして、そうならないようにするためにどのようなことを目的に据えればいいのかについて見ていきましょう。

[続きを読む]

おはじき遊びで、数に関する感覚を身につけよう!

おはじき

昔ながらのおもちゃである「おはじき」は、場所も取らず手軽に遊べる楽しい玩具ですね。そんなおはじきでたくさん遊ぶと数に関する感覚が自然と身についていきます。むろん、そこにはやはり親の工夫が必要です。どうすればおはじきで数に関する感覚が身につくのか見ていきましょう。

[続きを読む]

レゴ遊びでもっと子供の力を伸ばそう!

レゴ

おもちゃ屋さんに行けば必ず手に入るレゴは、とてもポピュラーなおもちゃです。しかし、このレゴの無限の可能性に気付いている親御さんは少ないかもしれません。レゴ遊びは、子供の力を伸ばすことができる優れたおもちゃなのです。

[続きを読む]

トランプの「神経衰弱」ゲームは記憶力を高める

神経衰弱

トランプの「神経衰弱」というゲームをご存知ですか?カードを伏せて場に並べ、2枚めくって同じ数なら自分のものにできますが、違っていたら裏返しに戻し、次の人に交代します。これを繰り返して、たくさんのカードを集められた人の勝ちというゲームです。このゲームを通じて得られる力は、記憶力です。子供と神経衰弱ゲームをする上で、知っておきたいことを見ていきましょう。

[続きを読む]

体を動かすことで集中力をつけさせる!

走る子供

勉強に集中して取り組めない、と我が子を嘆く親御さんは少なくありません。何とか集中させようと、日々子供を机に向かわせようと努力されていることでしょう。中には「外で遊んでばかりいないで勉強しなさい!」という方もいるかもしれません。しかし、少し視点を変えて、体を動かすという方法で集中力をつけさせることも可能なのです。

[続きを読む]

親の言葉かけ次第で、積み木遊びは子供をグングン伸ばす

親子で積み木

子供のおもちゃはいろいろありますが、中でも積み木遊びはその王道と言えるでしょう。しかし、同じ積み木遊びをしても、それでぐんぐん伸びる子とそうでもない子とがいます。その差は何なのか?それは、親の言葉かけの違いです。詳しく見ていきましょう。

[続きを読む]

散歩にはたくさんの学びのチャンスがある!

散歩する親子

親になったばかりなら、子供とどうやって遊んでよいかわからない、どんな遊びが子供に良いのかわからないと感じる方も多いでしょう。そんな方には、子供との散歩をおすすめします。散歩には学びのチャンスがたくさん隠されているのです。散歩がどんなに素晴らしいものなのか見ていきましょう。

[続きを読む]

子供に何かを習慣づける時のコツとは

勉強を習慣にした子供

子供には、良い習慣をつけさせたいものですね。学校から帰ってきたら宿題をする習慣、読書をする習慣、運動をする習慣、などなど…。しかし、親がそう思っていてもなかなかうまくいかないのはよくあること。しかし、子供に何かを習慣づけるには、いくつかコツがあるのです。

[続きを読む]
2 / 1012345...10...最後 »

このページの先頭へ